活性酸素とは何か?原因と対策とおススメの食生活について

ライフスタイル

あなたは次のような症状がありますか?

・疲れがとれない
・最近、風邪をひきやすい
・お肌が荒れてきた気がする
・手足が冷えやすい
・なんだか太りやすくなった
・目が疲れやすい
・肩こり・頭痛がなかなか治らない

この中にあてはまるものがあったら、あなたの体の中に活性酸素が過剰発生しているかも!

「活性酸素」とは一体なんでしょうか?

今の社会では「活性酸素」の原因となるものが山ほどあふれています。

このような現代社会の中で健康に生きていくには、活性酸素と上手につきあっていく必要があります。

今回は、活性酸素とは何か?
そして、活性酸素の原因と対策、見直したい食生活についてお伝えしていきたいと思います。

生活習慣や食生活を見直して、快適でストレスの少ない生活を送りましょう!

活性酸素って何?

活性酸素とは、いわゆるサビです。

実は、息をしたりパソコンをしたり、なんともない普段の生活でも活性酸素が体内に発生しています。

つまり、人間は誕生して生きていく中で、常にサビていっているということです。

サビるというと、金属を思い浮かべてみてください。
何も手入れをしないで、空気中にほかっておいた金属は、日に日にサビて汚くなっていきます。

でも、毎日磨いたりして手入れをしている金属は、いつまでもピカピカで綺麗ですよね。

人間の体も同じだと考えてよいでしょう。

何もしない(生活習慣や食生活に何も気をつけない)生活をしていれば、
日に日にサビてボロボロの体になりますが
毎日の生活や食事に気を使って過ごすことで、心も体も元気で健康でいられる。ということです。

活性酸素は、ストレス・紫外線・喫煙・油脂の摂りすぎ・スマホの電磁波などによっても
過剰発生してしまうんです。

やはり、今の現代社会において「活性酸素」とは切ってもきれない関係です。

しかし、人間にはもともと活性酸素を除去する抗酸化システムがあります。

普通に生活していく中で発生する「活性酸素」の量なら、
自分の体が持っている抗酸化システムで対処できるでしょう。

でも、活性酸素が増えすぎたり、抗酸化システムの働きが悪くなってしまうと
体の中に大量に蓄積されてしまいます。

これが、老化や病気の原因となっていくのです。

活性酸素を作り出す原因は何?

活性酸素は、毎日の生活の中でやっている当たり前のことで発生します。

・呼吸すること。
・食事をすること。
・紫外線を浴びること。
・ストレスや疲労。
・汚れた空気。
・パソコンやスマホ、テレビなどの電磁波。
・食品添加物。
・油脂の摂りすぎ。
・細菌やウイルス。
・お酒やタバコ。

生きていくために呼吸や食事は毎日欠かせない。
仕事や学校に行く時は外に出るので紫外線を浴びる。
今の時代、パソコンやスマホなしでは生活できない。

では、どうしたら活性酸素を少なくできるのか・・・ここからがポイントですね!

活性酸素を除去する対策とは?

ストレスの少ない生活習慣と、規則正しい食生活

ズバリこれです。

生活習慣では、身近なことから気を付けてみてください。

・早寝早起きを心がけ、十分な睡眠をとること。
睡眠をしっかりとることは、食事をしっかりとるのと同じくらい重要です。
そして、夜22時から午前2時までのゴールデンタイムに、しっかり睡眠をとっておくことが
体の機能を正常に保つためには大切です。

・身の回りを常に片付けてきれいに整理整頓しておくこと。
きれいに整理整頓した中で生活することは、自分の気持ちも整理整頓しやすくなります。
靴やスリッパを揃えたり、机の上にある書類をそろえて置いておくだけでも全然違います。

・物事をポジティブに考える(プラス思考を心がける)
何事にも良い方向で物事をとらえるように心がけてみてください。
失敗したら落ち込まず「今度はこれに気をつけたら成功するんだ!」という気持ちで。

食生活では、からだにやさしい食事を心がけてみましょう。

・コンビニや総菜に頼らずなるべく自分で手作りした食事をとる。
コンビニ弁当やスーパーの惣菜などは日持ちさせるためや美味しく見せるために添加物がたくさん入っています。
できるだけ自分で手作りした食事をとること。

・清涼飲料水や缶コーヒーなど糖分の多い飲み物を控える。
清涼飲料水などは、想像以上に多くの糖分が含まれています。
このような糖分は体を悪くする毒素のようなもの。極力控えてください。
水分補給はミネラルウォーターやお茶、ハーブティーなどがおススメです。

・1日3食(朝・昼・晩)適量をしっかり食べること。
食事を抜いたり、不規則に食事をとると、どうしても間食が多くなります。
毎日3食、バランスのよい食事をとることを心がけてみてください。

活性酸素を除去してくれる栄養素とは。

バランスの良い食事をとると良いと言いましたが、

活性酸素を除去してくれる食材をたくさん取り入れると良いですよね。

そこで、活性酸素を除去してくれる栄養素についてお話していきます。

それはズバリ!野菜や果物が持っているファイトケミカルスという栄養素

 

「ファイトケミカルス」とは
植物が厳しい環境に適応したり、天敵から身を守ろうとして作り出した成分のこと。

この成分を摂ることで、自分の体にも同じように
紫外線や環境汚染などから身を守る=体の酸化を防ぐ

ということになります。

野菜を5色のカラー(赤・黄色・緑・白・紫)に分けて彩りよくバランスよく食べることで
いろんな栄養素を摂取でき、体の中から健康になることができます。

赤といえば、トマトやパプリカ、スイカなどのフルーツも赤に含めてOKです。

黄色(オレンジ)は、人参やかぼちゃなど。βカロテンが豊富な野菜が多いですね。

緑色はブロッコリーやほうれん草、緑茶も緑のファイトケミカルスの仲間ですよ。

白色は大根や玉ねぎ、長芋など土の中に埋まっている野菜が多いです。

紫色は茄子や紫キャベツ、赤玉ねぎ、ブドウの皮も含みます。ポリフェノールが豊富な野菜類です。

これらの野菜の色をバランスよく組み合わせてサラダに使ったり、スープにしたり、炒め物に入れたりして
毎日の食事に野菜をプラスしてみましょう。

これらの栄養素を簡単に摂取できるサプリメントも出ています。
サプリメントを取る場合でも、これだけで十分とはいえません。

野菜や果物をしっかり食べたうえで補助的にサプリメントを摂取していってください。

また、野菜が持っているファイトケミカルスの力は野菜の皮や種に近い部分に多く含まれています。

皮ごと食べれる野菜は、なるべく皮まで食べるとより効果的に栄養素を取り入れることができますよ!

活性酸素の原因と対策、食生活についてのまとめ

活性酸素 とは、生活していくために必ず発生するもの。いわゆる体のサビ

人間の体が本来持っている抗酸化作用によって活性酸素を除去しているのですが
過剰に発生したり、抗酸化作用の機能が低下すると活性酸素が蓄積されて
老化が早く進行したり、がんなどの病気の原因につながります。

この活性酸素を除去するためには、生活習慣と食生活を見直すことが大切。

身近にできる生活習慣の見直しとしては
早寝早起きを心がけて、十分な睡眠をとること。
身の回りの整理整頓をすることで、自分の気持ちも整理整頓されやすくなること。
プラス思考で物事をポジティブに考えて生活すること。

食事の見直しとしては、
コンビニやスーパーの惣菜に頼らず自分で手作りした食事をとること。
清涼飲料水など糖分の多い飲み物をやめてミネラルウォーターやお茶、ハーブティーなどに変える。
1日3食適量をバランスよく取り、野菜をしっかり食べてファイトケミカルスを体に取り入れること。

まずは自分ができる簡単なことから始めてみましょう。

大切なのは続けること。
毎日続けることで、活性酸素に対抗できる健康的なカラダ作りができてきます。

疲れが取れない、太りやすくなった、肌が荒れている・・・などの不調を感じたら
これは自分の体がSOSを出しているサインです。

活性酸素が除去できていない状態です。

生活習慣と食生活を変えるだけでも、全然違ってきます。
ぜひ今日から!気を付けてみてください。

 

この記事を書いた人
Miwa

フードスタイルアドバイザーのMIWAです。

料理を作るのも食べるのも大好きな私。
体のために、健康で美味しいレシピを日々考えています。
毎日の生活が健康で楽しく過ごせるように、
美味しく食べて健康になる様々な情報をお届けしていこうと思います。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
ライフスタイル
シェアする
Miwaをフォローする
FoodStyleLab―体がよろこぶ美味しい生活―

コメント