黒豆の煮豆以外の使い方は?浸水なしで作れる絶品!黒シチュー

豆類

黒豆というと、お正月のお節料理の黒豆煮しか作ったことがない・・・

そんな人がほとんどではないでしょうか?

黒豆は色からも分かるように、ポリフェノールなど含まれており栄養価が高い!

1年を通して豆料理はいろいろ作るけれど、
黒豆というとなぜかお正月だけ、なんていうのはもったいないですね。

でも、黒豆の料理って煮豆以外に何がある?

そういうと思いつかない人が多いです。

実は美味しい料理がいくつかあるんですよ!!

黒豆の色も楽しみつつ、豆の美味しさもたっぷり味わえる一品をご紹介したいと思います。

しかも、黒豆といえば一晩水に浸さなければいけません。

これって今日作って食べたい!という人には無理ですよね。

でも、これからご紹介する黒豆の料理は今日食べたい!今から作りたい!と思っても大丈夫☆

水に浸さなくても、すぐ作れる時短黒豆料理です♡

私はこの真っ黒な怪しげな色から、毎年ハロウィンに必ずといっていいほど作っています。

しかも、この何ともいえない複雑な旨味と味わいが子供たちに大好評で

年に何度か登場する我が家のお気に入り料理なんです。

さっそく作り方をご紹介しま~す。

 

「ほろっと崩れる豚ヒレと黒豆の黒シチュー」作り方

材料(2人分)

豚ヒレ肉・・・150g

黒豆・・・60g

玉ねぎ・・・1個

☆水・・・・200ml

☆砂糖・・・大さじ2

☆黒酢・・・大さじ1

☆醤油・・・大さじ1

☆オイスターソース・・大さじ1

黒練りゴマ・・・大さじ1

◎片栗粉・・・小さじ1

◎水・・・大さじ1

 


<作り方>

①黒豆を洗い、水気をきったらフライパンで弱めの中火で乾煎りする。

豆がはじけて香ばしいかおりがして、炒り大豆のようになってきたらOK.

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②豚ヒレ肉は一口サイズにカットし、沸騰しない程度のお湯にくぐらせて霜降りにする。

水気を切っておく。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

③圧力鍋に炒った黒豆・霜降りにした豚ヒレ肉・1個を8等分にくし形にカットした

玉ねぎを入れる。☆の調味料を加えて蓋をする。

高圧で25分加圧する。(加圧後は自然冷却で放置)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

④自然冷却後、蓋をとり弱火にかけ黒練りゴマを加えてよく溶かす。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑤黒練りゴマが全体になじみ、黒色になってきたら

仕上げに水溶き片栗粉を加え一度沸騰させとろみがついたら火を止めて完成。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出来上がり!

出来たてよりも、少し時間をおいておくとさらに色が真っ黒になります。

(調味料が全体なじみ、黒豆からも色素が出てより真っ黒になっていきます)

 

黒いシチューってどんな味?

これは、食べた人しか分からない味わいですが、本当に感動する美味しさ!

炒った黒豆の香ばしい風味と黒酢やオイスターソース、練りゴマの調味料の旨味が一体になり

豚ヒレ肉のほろっと崩れる美味しさと黒豆の食感がとってもよいバランスです。

 

ハロウィンのイベントで150食分を作ったときも、
食べた人みんな、口にした瞬間に思わず微笑んだり笑ったりしてくれました。

美味しいものを食べて感動する時、人間は必ず顔が微笑んだり笑ったりしますよね。

みなさんのこの表情をみて本当に嬉しかったことを覚えています。

「なにこれ~!美味しすぎる♡」「こんな美味しいの食べたことない!」

そんな嬉しいコメントをいただき作った私も感激しました(涙)

 

お料理で大切なこと

お料理を作ることで私が大切にしていることは、人を感動させること!

家族だったり、彼氏&彼女だったり、両親だったり、大切なお友達だったり、そして自分だったり。

誰かのために作るお料理。

愛情をこめて作ったお料理は美味しいさが食べる人にも伝わります。

その中で、見た目や香り、味わいに驚きや感動や幸せ感を持ってもらえたら最高の出来上がりだと思っています。

体に優しいお料理作りを教えている私ですが、

食べた時に美味しさや感動が味わえる料理でなくては、

どんなに体に良い食材や調味料を使っていても料理としては完成ではないと考えています。

 

今回のように、体に優しい食材を使って(黒い食材や調味料は体に優しいんですよ^^)

食べた人が感動してくれる料理をもっともっと広めていきたいと思っています。

見た目のインパクト、味の驚き、複雑であとひく美味しさの黒シチューはまさに私が目指す料理の一つです。

まだまだ新しいレシピを考案していきますのでお楽しみに♡

 

黒豆を煮豆以外で美味しく食べる使い方のまとめ

黒豆は煮豆しか作ったことがないし、煮豆以外にどんな料理が作れるのかも知らない。

そんな人に、ぜひこの感動を味わってもらいたい!とおススメする黒シチューの作り方をご紹介しました。

黒豆を炒って使うことで、水に浸す時間が短縮でき、香ばしい風味が加わるので独特の風味と旨味が味わえます。

また、仕上がりが真っ黒になるので、見た目のインパクトもハンパないですね(笑)

そして、食べた時の初めて味わう味に感動することでしょう。

体に優しい黒い食材、そして調味料も黒い調味料。

見た目からは分からない味わい。

謎だらけの料理がですが、食べる人を感動させて幸せな気持ちにさせてくれる不思議な一品です!

ぜひ、この感動を味わってみてください♡

この記事を書いた人
Miwa

フードスタイルアドバイザーのMIWAです。
健康に目覚めて食を変えたことで
体質改善に成功したことを
皆様にもお伝えしたくて
さらに勉強し食に関する資格を取得しました。
食べて美しく健康になる秘訣をたぷり教えます!

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
豆類
Miwaをフォローする
FoodStyleLab―フードスタイルラボ―

コメント