大根の美味しい食べ方!米油で炒めた大根で作る大根春巻きの作り方

野菜(白色)

大根はサラダにしたり、汁物に加えたり、大根おろしとして使ったり。

いろいろな調理法、料理がありますが、

今回はとっても美味しい大根の食べ方をご紹介します!

米油で炒めた大根を春巻きの皮で包んで揚げ焼きして作る「大根春巻き」

お肉が入っていないのに、大根の甘味と旨味と米油で炒めた香ばしい風味が口いっぱいに広がって

大根ってこんなに美味しかった!?と思える一品です☆

おつまみにもピッタリ!
子供たちにも大好評の「大根春巻き」

ぜひ一度作ってみてください(^^)

 

大根が美味しく食べれる!「大根春巻き」の作り方

材料(6本分)

・大根・・・500g

・米油・・・大さじ1

・ナンプラー・・小さじ1

・クミンパウダー・・小さじ1/2~

・春巻きの皮・・・6枚

・チーズ・・・30g

揚げ焼き用の米油・・・大さじ2程度

水溶き片栗粉・・・少々(春巻きの皮を閉じる時に使用)

 


<作り方>

①大根はよく洗って皮ごと使います。
(気になる人は皮をむいてもらって構いませんが、皮に栄養素がたくさん含まれているのでぜひ皮ごと!)

大根を細く切る。(細くと言ってもしっかり炒めるとしんなりするので、ある程度の太さがあって大丈夫です)

②フライパンに大根と米油を入れ、しっかり炒める。

炒めていくと、大根がしんなりして量も半分以下になってきます。

しんなりしてきたら、ナンプラーとクミンパウダーを加え味付けし冷ましておく。

※クミンパウダーはカレーなどに使う香辛料。
香りが強いので、お好みで量を加減して加えてみてください。

 

 

③春巻きの皮を広げて、炒めた大根と、チーズ(春巻き1本に対して5gを目安に)をのせてくるっと巻く。

巻き終わりは水溶き片栗粉でしっかり閉じておく。

④フライパンに揚げ焼き用の米油を入れ、火をつける前に春巻き全体に米油をからめておく。

このあと、火をつけて両面カリっとなるよう焼いて出来上がり。

 

 

大根を美味しく食べるには。

今回のレシピは、加熱して食べるレシピをご紹介していますが、

大根は本来、生のまま食べるのが栄養的には一番良いです。

でも、毎日生で・・・というのも飽きてしまいますよね^^;
それに、食べる楽しみも大切ですね。

そこで、少しアレンジを加えて美味しく食べる「大根春巻き」をご紹介しました。

より美味しく食べてもらうために
このレシピでのポイントをさらに詳しく教えていきます!

米油で炒める!

この大根春巻き、お肉など入れていません。
チーズの旨味をプラスするくらいなんですが、かなり美味しい!

それは、大根を米油で炒めるからなんです☆

米油はクセがないオイルでさらっとしています。
加熱すると香ばしい風味がアップし、食材の旨味や甘みを引き立ててくれるんです。

米油で大根がしんなりするまでしっかり炒めて、旨味たっぷりの大根ソテーを春巻きにしましょう!

米油については

「米油はスゴイ!美味しくてヘルシーな米油の栄養と効能と使い方」で書いています。

 

スパイス使いで美味しく変身!

シンプルな味わいの大根をより美味しく食べるために、スパイスが大活躍です!

今回はクミンパウダーというカレーに欠かせないスパイスを加えました。
このスパイス、米油との相性がすごく良いんです。

先ほど米油を加熱すると、香ばしい風味がアップすると書きましたが、
この風味にスパイスの香りをプラスすることで、美味しさが何倍にもアップするんです。

これは、このレシピに限ったことではなく、いろんなお料理を作るときに応用できます。

MIWA
MIWA

米油とスパイスの相性の良さ!ぜひ覚えておいてくださいね☆

ナンプラーでエスニックな味付けに!

ナンプラーとは魚醤のこと。
普通の醤油よりも深みのある香りと味わいで、どことなくエスニックな仕上がりになります。

このナンプラーは、エスニックな香りだけあってクミンなどのスパイスとよく合います。

大根を炒めただけのシンプルな春巻きですが、
ナンプラーの旨味で味付けすることで、あとひく美味しさに大変身しますよ^^

 

春巻きを少量の油で美味しく揚げ焼きするには。

春巻きの具が準備できて、巻き終わったら、いよいよ焼きます!

体の健康のことも考えて、たっぷりの油で揚げるのはおススメしません。

そこでフライパンに少量の油を入れて揚げ焼きにしますが・・・・
この時に、綺麗にカリッと!揚げたような仕上がりに焼き上げる方法があるんです。

まずは、

米油を使いましょう!

少量でもカリッと美味しく仕上がり、米油だと冷めてもずっと美味しいですよ。

続いて、油の量

大さじ1程度でOK!多すぎないように。

油は少量で大丈夫なんです。というか少量で焼いてください。
多すぎると焼き上がりがべたっとしてしまうため食材をコーティングする程度の量で焼きます。

さいごに、焼き方

火をつける前に食材に油を絡めておく。

ここが一番のポイントです!

少量の油なので食材全部に油をコーティングさせた状態で焼きはじめます。
今回のような春巻きでしたら、両面全体に油がうすく塗ってあるような感じ。

この時に油が足りない場合は足してくださいね。

全部の食材にうすく油が絡まった状態で両面を焼くと、
少ない油でカリッ&パリッと!美味しく焼き上げることができます。

 

まとめ

大根の美味しい食べ方として、今回は大根とチーズだけのシンプルな「大根春巻き」をご紹介しました。

大根を米油で炒めてスパイスやナンプラーで味付けすることによって
香ばしい風味と味わいがアップし、大根だけでも美味しい春巻きを作ることができます。

野菜をなかなか食べてくれない・・・そんなお子さんにもおススメですよ。

米油で作れば、冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもいいです。

大根料理はいつも同じような料理になってしまう・・・と悩んでいたら、
ぜひ、「大根春巻き」作ってみてください。
シンプルなのに深みのある一品なので、この美味しさに感動してもらえたら嬉しいです♡

 

この記事を書いた人
Miwa

フードスタイルアドバイザーのMIWAです。
健康に目覚めて食を変えたことで
体質改善に成功したことを
皆様にもお伝えしたくて
さらに勉強し食に関する資格を取得しました。
食べて美しく健康になる秘訣をたぷり教えます!

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
野菜(白色)
Miwaをフォローする
FoodStyleLab―フードスタイルラボ―

コメント