ミニトマトの皮むきが超簡単で楽しい!ミニトマトのレモンマリネ。

レシピ

トマトの皮むきってけっこうめんどうですよね。

しかも、ミニトマトとなればトマトの数も多くなるし、手間がかかります。

それが、一瞬で簡単にツルンと剥けてとっても楽しい方法があります。

我が家では子供が喜んでやってくれます。

この方法は冷凍をするので、生のような食感とは違ってきてしまいます。

でも、トマトのマリネにすれば、とっても美味しく食べれます。
そして、皮がむいてあるので、食べやすさもバグツン!食感もいいですよ。

ぜひお子さんと一緒にツルンと簡単に剥ける皮むきを楽しくやってみてくださいね。

スポンサーリンク

ミニトマトの簡単皮むき

 

トマトの皮むきは湯剥きといって熱湯にさっとくぐらせることで皮がはじけるので

このはがれた部分を手でむいていく、というのが大きなトマトの皮むきではよくやる方法です。

または、お湯ではなく、切り込みをいれたトマトの皮の部分に直接火であぶる方法もあります。

でも、大きなトマトはいいですが、ミニトマトとなると考えただけでも面倒な感じ・・・。

そこで、ミニトマトの皮を簡単に剥く方法を紹介しますね。

ミニトマトのヘタをとって冷凍

ミニトマトはヘタをとり、よく洗っておきます。

そしたら、水気をよくきっておきましょう。

ヘタを取って洗ったミニトマトをボウルなどに入れ、冷凍庫に入れ凍らせます。

 

凍ったミニトマトを水の中へ

ミニトマトが凍ってきたら、冷凍庫から出します。

冷凍庫から出したらすぐに水の中へ入れましょう。

冷凍庫から出して常温にずっと置いておくと、自然解凍されてしまい上手に皮がむけません。

凍ったミニトマトを水の中へ入れると、パリパリっと音はしませんが次々に皮がはじけます

皮がはじけたミニトマトを手で持って、キュッとひっぱるようにつまむと皮が一瞬でむけます。

ミニトマトは一口サイズなので、手で持ってつまむ。これだけで簡単に皮がツルンとむけますよ。

 

とっても楽しいので、子供たちと一緒にやると大喜びでお手伝いしてくれます。

ポイント

このミニトマトの皮むきのポイントは2つ!

ヘタをとる

ミニトマトのヘタをとっておきましょう。

ヘタがついたままで冷凍して同じことをやってみたら、
ヘタの部分が邪魔して上手にむけませんでした。

また、ヘタをつけたままにしておくと鮮度も落ちやすいので、必ずヘタを取っておきましょう。

冷凍庫から出したらすぐに水の中へ

すぐに!がポイントです。

せっかく凍らせたのに、そのままおいておくとすぐにミニトマトは解凍されてしまいます。

自然解凍だと上手に皮がむけないので、凍ったカチカチのミニトマトをふつうの温度の水の中へ入れるだけでパキっと皮がはじけますよ。(お湯じゃなくて大丈夫です)

 

使い方

凍らせたミニトマトは、すぐに食べるとシャーベットのようにシャリシャリして美味しいです。

でも、時間がたつと解凍されてべたっとしてしまい生のミニトマトの状態には戻りません。

なので、このミニトマトの皮むきをするときは使い方に気を付けてください。

生のように食べたいときは不向き

サラダで生のミニトマトのようなみずみずしいトマトを食べたい場合は
この皮むきは向いていません。

マリネはおすすめ

逆に、繊維がこわれて味がよくしみこむので、皮をむいたミニトマトのマリネはおすすめです。

マリネの作り方は簡単!

皮をむいたトマトを容器に入れ、オリーブオイルとレモン汁を同じ量(どちらも大さじ1)入れて
マリネしておくだけで、とっても美味しいミニトマトのマリネができます。

もっと美味しくしたいなら、ここにローレル(月桂樹の葉)を入れたり、
レモングラスという乾燥のハーブを一緒にマリネしておくと風味がよく仕上がります。

凍った状態でシャーベットのように

皮をむいてすぐ、凍っている状態のミニトマトにはちみつやレモン汁をかけて

シャーベットのように食べるのも美味しいです。

これは、時間がたってしまうとシャーベットにならないのですぐに食べてくださいね。

ゼリーに入れる

ゼリーにミニトマトの粒をそのまま入れて作る場合は、皮があると食感が悪くなります。

冷凍して皮をむいたミニトマトを使えば、ゼリーの味が浸みこんで美味しくなり

粒々のあるゼリーが楽しめます。

スイーツだけでなく、前菜風にお出汁などで作ったゼリー(トマト寒天など)もおすすめですよ。

大きなトマトでも作れる?

 

ふつうの大きさのトマトでも同じように皮がむけるか、やってみました。

ヘタをとって凍らせたら、凍ったトマトを水の中へ。

 

すると、皮がむけてきた~!

 

簡単に剥ける~。これは楽しい(笑)

ということで、大きなトマトでも簡単に皮をむくことができました。

 

ただし、これもミニトマトと同じで生のように食べたい場合は向きません。

むいたすぐにカットすると、中はシャリっと凍っています。

トマトアイスやトマトシャーベットを作る時には、この方法はとっても便利です。

このトマトを細かくカットしてカボチャやポテトをマッシュしたサラダに加えたら
とっても美味しかったです。

スペインの冷たいスープ「ガスパチョ」を作るときも、この方法でトマトの皮をむくと
凍ったままのトマトをミキサーにかけて作れますよ。

 

まとめ

ミニトマトの皮が一瞬で簡単にツルンと剥ける方法を紹介しました。

・ミニトマトのヘタをとって冷凍する。
・凍ったらミニトマトを冷凍庫から出してすぐに水の中へ入れる。
・すると、皮がはじけてくる
・ミニトマトを手に持ってキュッとつまむようにすると皮が一瞬でむける。

この方法で大きなトマトもやってみたら同じように簡単にトマトの皮がむけました。

ただし、凍らせるため生のような食感はなくなります。

何を作りたいか、何に使いたいか、というのを考えてからやってみてくださいね。

おすすめは、味がよくしみこむと美味しくなるマリネ。

ゼリーなどに粒まるごと入れるのも見た目が可愛く仕上がりますね。

また、凍ったすぐに食べるならシャーベットのようなシャリっとした食感もおすすめです。

とにかく簡単で楽しいので、子供たちと一緒にやってみてください。

 

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
子供たちと一緒に料理するのが楽しい毎日。
レシピは子供たちに伝えたいものや、子供たちが教えて~とリクエストがあったものをブログにレシピとして残しています。

趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。
ディズニー好き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
レシピ
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました