米粉・大豆粉のビスコフ風ビスケット!ザクザク食感が美味しい。

ベルギー生まれのコーヒーに合うビスケット「ビスコフ」が大好きな子供たち。

米粉を使って作れないかな~といろいろ試して、ビスコフとは違いますが
ビスコフ風のほんのりシナモン香るビスケットを作ってみました。

米粉なので、生地を作るときにまとめやすい生地だと焼き上がりが固くなります。

そこで、いろいろ水分を調整したりオイルの配合を変えたりして
ザクザクっとした軽い食感になるようなレシピを考えました。

小麦粉でも作ってみましたが、小麦粉の方がやはりビスコフに近い食感になります。

でも、今回はやっぱり米粉で!

大豆粉とシナモンを加えて香ばしさをアップさせています。

米粉スイーツが好きな人に作ってもらえたら嬉しいです!

目次

米粉のビスコフ風ビスケット

大豆粉の香ばしさと、シナモンの香り、ほんのり塩をきかせたビスコフ風のビスケットを

米粉で作ってみました。

食べたときにザクザクっと軽い食感になるよう、生地はとても柔らかいです。

生地のまとめ方を詳しく紹介していますので、簡単に作れますよ。

ぜひ、米粉スイーツが好きな人に作っていただけたら嬉しいです。

材料

24枚分

米粉・・・60g
大豆粉・・・15g
シナモンパウダー・・3g
ベーキングパウダー・・3g
きび砂糖・・・30g
塩・・・少々(ひとつまみ以下)

水・・・50ml
米油・・・25g
メープルシロップ・・・小さじ1(なくても作れます)

メープルシロップはあれば加えてください。
甘い香りと風味がアップしてよりビスコフ風になります。
メープルシロップ持ってない、という人は無しでもOK。なくても美味しく作れました!

作り方

準備:オーブンを170度に予熱する。

1,ボウルに米粉、大豆粉、シナモンパウダー、ベーキングパウダー、きび砂糖、塩を入れざっくりと混ぜる。

2,水、米油、あればメープルシロップも加えて混ぜ合わせる。

3,天板にクッキングシートを敷いて生地をのせ、ラップをして上から形を正方形に調える。

  ここで薄く生地を伸ばしておくと、カリッと感がアップし、少し厚めにするとふんわり感が出ます。

  スケッパーを使って切り込みを入れる。

切り込みを入れたら、ラップをはずして170度に予熱したオーブンで15分焼く。

4,15分後、オーブンから取り出し、切り込み部分をしっかり切り離して、
  再びオーブンに入れ5分ほど仕上げ焼きする。

使用しているオーブン用シートはこちらです。

サクサク・ザクザク感は厚みで決まる!

米粉のクッキーは、生地の状態の時と焼きあがりの状態で全然食感が違います。

食べたら歯が折れそう・・・というくらい固いクッキーができたこともあります(笑)

今回はサクサク、ザクザクっとした食感にしたいので、生地の時は少し柔らかい状態です。

そのままでは手につく生地なので、ラップを使って伸ばしますが、
この時の生地の厚みで食感も違ってきます。

5~7mmくらいの厚さにすると、ふんわり&ざっくり感のあるビスケットになり、
5㎜以下で薄くのばすと、焼きあがって冷めたときにカリッとした食感が楽しめます。

焼き上がりはふんわり・冷めるとサクサクに!

米粉のビスケットで気を付けるポイントがあります。

焼きあがったときは、かなりふんわりしていますが
冷めると固くなってきて、ちょうどよいサクサク感に仕上がります。

「まだ焼きが足りないかな」と思って追加で加熱すると、冷めたときに固すぎてしまうことがあるので
気を付けてくださいね。

味つけのポイント

シナモンの量は加減できます。

シナモンの風味が苦手な人は、ほんのり香る程度がおすすめ(3gくらい)
シナモンの香りが大好きな人は5gくらいまで増やしてもOKです。

塩を少々を忘れずに。

ビスコフ風に仕上げるために、少量の塩を加えています。
ほんの少しですが塩を加えることで甘味が引き立ち、味がしまります!

きび砂糖で風味を!

お砂糖はきび砂糖でコクと甘みと風味を加えました。

さらにメープルシロップがあれば、小さじ1~2程度加えると、よりビスコフ感が出ます。

まとめ

米粉でビスコフ風のビスケットを作ってみました。

柔らかい生地ですが、焼きあがるとザクザクっと美味しい食感のビスケットに仕上がります。

コーヒーに合うビスケット風に大豆粉を加えて香ばしく、
シナモンの香りで風味をアップさせています。

ちょっぴりスパイシーでザクザクっとした食感のビスケット。

米粉スイーツが好きな人に作っていただけたら嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる