バタフライピーのタピオカ入りゼリー。青いゼリーでインパクトあり!

きれいな青色のハーブティー「バタフライピー」を使った青いスイーツを紹介します。

今回はタピオカを入れて粒々の食感を加えてみました。

タピオカドリンク風にたっぷり入れたので、かなり満腹になるスイーツです。

バタフライピーはレモンを加えると青から紫色に変化します。

この色の変化を使って2層に仕上げています。

血液をサラサラにしてくれるというバタフライピーを使った見た目もインパクトのある青いゼリー。

ゼラチンで簡単に作れるので、よかったら作ってみてくださいね。

目次

バタフライピーのタピオカ入りゼリー

バタフライピーというタイで有名なハーブティーを使って

青色のインパクトのあるゼリーを作ります。

今回はタピオカも入れてボリュームアップしています。

ツルンとした食感も出るので、かなり満腹になりますよ。

バタフライピーはクエン酸などの酸性のものを加えると色が紫色に変化します。

これを利用して色を2色にしてゼリーにも変化を出してみました。

簡単に作れるので、ぜひ作ってみてください。

材料

4個分

バタフライピーティー・・・400ml
砂糖・・・20~30g
タピオカ・・・50g(乾燥の状態で)

粉ゼラチン・・・7g
水・・・大さじ2
レモン汁・・小さじ2~3

今回はsuipa様のPSピルエットを使用しました。このカップで4個分作れます。

タピオカはこちらのタピオカを使っています。

作り方

1,タピオカを水に浸しておく。

膨れてくるまでに5~6時間ほどかかりました。

膨れてきたタピオカを沸騰したお湯で3分ほど茹でて柔らかくします。

時間は目安にしてみてください。お好みの固さになるまで茹でてください。

2,バタフライピーを熱湯に入れて煮出し、青いハーブティーを作っておく。(400ml分)

ハーブティーが出たら花びらを取り出して400ml分にし、お好みの甘さになるよう砂糖を加える。

3,ふやかしておいたゼラチンをレンジ600Wで15~20秒ほど加熱して溶かし、

溶かしたゼラチン液をハーブティーに加えて混ぜ合わせる。

ここに、水気をきったタピオカも加える。

4,ステンレスのボウルに移してボウルの底を氷水にあて、とろみがつくまで混ぜながら冷やします。

とろみがついてきたら、カップに半分だけ注いで冷蔵庫で冷やし固めておく。

残りのゼリー液に、レモン汁を加えて混ぜ、全体を紫色に変化させる。

このゼリー液もボウルごと冷蔵庫に入れて冷やし固める。

5,固まったら、紫色にしたゼリー液をスプーンなどで軽くほぐしてから、

カップに入れたゼリーの上にふんわりトッピングする。

タピオカドリンク風にストローを短くカットしてピック代わりにトッピングしてみました。

バタフライピーの効果

バタフライピーの青色は、アントシアニンという色素。

このアントシアニンには、毛細血管まで血行を促進してくれる効果があるため

血液中の血栓を解消して血液サラサラにしてくれたり、

血の巡りをよくして冷え性を改善してくれたり、

ブルーベリーと同じように眼精疲労にも効果があります。

抗酸化作用があり、アンチエイジングにも良いと言われています。

バタフライピーで気を付けること

バタフライピーは体に良いハーブティーなのですが、

効果がありすぎて、気をつけないといけない点があるので、お伝えしておきます。

バタフライピーには子宮収縮作用があるため、妊娠中の人は避けたほうがよいです。

また、血液サラサラ効果がある分、生理中やケガをしている時には出血がひどくなることがあるので注意が必要です。

まとめ

バタフライピーを使った青いゼリーを紹介しました。

見た目も爽やかで綺麗なスイーツに仕上がります。

タピオカも加えると、食感も出て、ボリュームもアップしますよ。

レモン汁などを加えることで色が紫色に変化するので、色の変化も楽しんでみてくださいね。

バタフライピーには血液をサラサラにしてくれる効果があり、

冷え性なども改善してくれます。

気を付ける点もいくつかありますが、自分の体調に合わせて少しずつ飲むことで体によい効果も出てきます。

よかったらお試しくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる