炒めた大根が旨い!大根と豚肉のオイスター炒め(簡単メインおかず)

大根が大量にある時におすすめの簡単メインのおかずを紹介します。

炒めてしんなりした大根に中華風の味がしみこんでご飯がすすむ味付けです。

豚肉との相性もよくサッと炒めるだけなのでとっても簡単に作れますよ。

もしあれば五香粉というスパイスを加えると、中華風な味わいがアップします。

フライパンひとつでチャチャっと作れるので大根消費にもぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

大根と豚肉のオイスター炒め

大根はたっぷり加えても炒めるとしんなりするので、大根の消費におすすめです。

大根は薄くスライスしたほうが時短で調理でき、味もよくしみこみます。

豚肉の薄切り肉はもも肉、ロース、ばら肉、こま切れ、などお好みのもので作れますよ。

どの部位でも気にしない人は、もちろん特売のお肉でたっぷり入れて作ってみてくださいね。

材料

4人分

大根・・・300g~
豚うすぎり肉・・・300g
胡麻油・・・小さじ1
塩、コショウ・・・少々
五香粉(お好みで)・・・少々

〇酒・・・大さじ1
〇みりん・・・大さじ1
〇オイスターソース・・大さじ1

擦りゴマ・・・大さじ2

五香粉(ウーシャンフェン)は5つ以上のスパイスをブレンドした混合スパイスで、
これを加えるだけで、一気にアジア風なエスニックな仕上がりになってしまう魔法のスパイスです。
この香りが好きな人もいれば苦手な人もいるので、お好みで加えてみてください。
ちなみに、私はこの香りが大好きで、けっこう多めに加えたりしてます。

作り方

1,大根の皮はお好みで剥いてください。

私は皮にも栄養があるため皮ごと使用しています。

大根をいちょう切りにする。(薄めにスライスしたほうが火の通りが早く味もしみこみやすいです)

豚肉はひと口サイズにカットしておく。

2,フライパンに胡麻油を入れ大根を炒める。

全体に油がまわったら蓋をして約5分ほど蒸し焼きにすると、大根が半透明になり、しんなりしてきます。

3,大根がしんなりしてきたら、蓋をとりカットした豚肉を広げて入れる。

ここで、塩、コショウ、お好みで五香粉を加える。

4,酒、みりん、オイスターソースを加えて煮詰めながら炒める。

煮汁が少なくなってきたら、仕上げにすり胡麻を加えて火をとめる。

栄養をアップさせるなら大根は皮つきのままで

大根の皮にはビタミンCが多く含まれていて、さらに食物繊維が豊富です。

生で食べる場合は気になるかもしれませんが、炒め物ならしんなり柔らかく仕上がるので食べやすくなります。

また、今回のように、いちょう切りにする場合は、カットした大根の全部に皮が均一に入っているので

食べた時に違和感を感じません。

大根の皮だけで何か他に調理する予定があれば別ですが、

捨ててしまうのであれば、ぜひよく洗って皮つきのまま調理してみてください。

美味しく食べれて栄養価もアップするのでおすすめです!

大根の皮の活用については、こちらを参考にしてみてくださいね。

美味しく仕上げるコツ

フライパンで炒めるだけなので、とっても簡単なのですが、

美味しく仕上げるちょっとしたコツがあるので紹介します。

調味料を加えると大根から出た水分と調味料で汁気が出てきます。

この汁気を煮詰めるように少し強めの火加減で炒めてください。

汁気が少なくなってきたところへ、すり胡麻をたっぷり加えることで、残っていた水分をすりゴマが吸収してくれます。

汁気を吸収したすり胡麻が豚肉と大根に絡むので、味が濃厚に感じ、美味しく仕上がりますよ。

まとめ

大根をたっぷり使ったメインのおかず「大根と豚肉のオイスター炒め」を紹介しました。

中国風な風味を出したい場合はぜひ五香粉を加えてみてください。

加える量はお好みでOKです。

もちろん五香粉の風味が苦手な人は無しで作っても美味しく仕上がるので大丈夫です。

大根はぜひ皮つきのまま調理すると栄養価がアップするのでおすすめ!

15分もかからず作れる簡単なメインのおかずなので、大根消費にもぜひ参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる