ジンジャー風味のハニーバターチキン!甘じょっぱさが絶妙に旨い!

韓国ドラマで話題になっているという「ハニーバターチキン」

実はまだ食べたことがないのですが、想像するだけで美味しそうなハチミツとバターの組み合わせ。

今回は生姜の風味をプラスしてアレンジして作ってみました。

ハニーバターの甘じょっぱさにジンジャーの風味をプラスしたソースをつけて食べるチキンは絶妙に旨い!

簡単な作り方を紹介しますので、ぜひお試しください。

目次

ジンジャー風味の簡単ハニーバターチキン

今回は鶏むね肉を使って作りました。

また、香ばしさを出すためにまわりにアーモンドスライスをまぶして焼いています。

お肉は鶏もも肉でも手羽元でも美味しくできるので、お好みで作ってみてください。

そして、今回はジンジャーハニーバターのソースをつけて食べるフォンデュ風のスタイルで食べてみました。

うちの子供たちは、つけて食べるとテンション上がるようなので(笑)

もちろん、焼きあがったチキンにソースを絡めて仕上げても美味しいです。
(こちらもお好みの方法で作ってみてくださいね)

材料

4人分(食べる量によって変わります)

鶏むね肉・・・・大きめ1枚(約350g)
※塩、胡椒・・・少々
※酒・・・大さじ1
◎米粉・・・大さじ2(小麦粉でも可)
◎鶏ガラスープの素・・・小さじ1
◎水・・・大さじ1~2(粉の種類によって水の吸収量が違うため様子をみて加える)
アーモンドスライス・・・30g(お好みで増やしてください)
米油・・・適量(大さじ1~2)

ジンジャーハニーバターソース
バター・・・20g
ハチミツ・・・60g
生姜すりおろし・・・小さじ1

作り方

1,鶏むね肉の皮を取り除き食べやすい大きさにカットする。
  (今回は子供が手づかみで食べやすいようスティック状にカットしました)

 お肉に塩、胡椒、酒をまぶしてよく揉みこんだら、
米粉(小麦粉でも可)、鶏ガラスープの素を加えてよく混ぜ合わせたら水を加える。

水は粉の種類によって吸収量が違うため、少しずつ加えて衣が肉になじむくらいに調節してください。

最後にアーモンドスライスをまぶしておく。

2,フライパンに米油を5㎜程度入れ、衣をつけた鶏肉を両面こんがり焼く。

3,ソース作り。

  バターを耐熱皿に入れレンジ(600W)で30秒ほど加熱して溶かす。

ここに、ハチミツ、すりおろした生姜を加えよく混ぜる。
ハチミツが固い場合はここで30秒程度加熱して柔らかくしておく。

つけて食べる場合はこのまま。

絡めて盛り付けるなら、焼きあがったチキンにジンジャーハニーソースをまぶして全体に絡める。

フォンデュ風に楽しむ

今回はソースをフォンデュセット鍋に入れて熱々のソースにつけて食べてみました。

ハチミツもバターも冷えると固まるので、熱々のソースは本当に液体のソースになり
どっぷりつけて食べる感じです。

少し冷ますとクリーム状っぽくなり、ディップにつけて食べる感じになります。

同じソースですが、温度によっていろいろな楽しみ方ができるので、お好きな食べ方でやってみてくださいね。

今回はミニサイズで簡単に楽しめるミニフォンデュ鍋を使っています。

まとめ

今回は、話題のハニーバターチキンを紹介しました。

ジンジャーの風味をプラスしておつまみにもピッタリな味わいに仕上がっています。

鶏肉にしっかり塩味をつけておくと、はちみつの甘味がより引き出されて甘じょっぱさが引き立ちます!

食べ方はいろいろ。

ディップ風につけたり、フォンデュ風にたっぷりつけて食べたり、

出来上がったチキンにソースを全体に絡めて仕上げるのも美味しいです。
これだとお弁当に入れても美味しく食べれますね!

よかったらお試しください。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる