鶏むね肉で作る!お肉しっとりハニーマスタードチキン。

鶏むね肉はヘルシーで低カロリーなのに、高たんぱく。

しかも安いので家計に嬉しい食材。

鶏むね肉のレパートリーを増やしたいですよね。

そこで、今回はお肉がしっとり仕上がって子供も喜んで食べてくれるハニーマスタードチキンを紹介します。

お肉を焼いてハニーマスタードソースをからめるだけの簡単レシピですが、
とっても美味しく仕上がってワインのおつまみにも、お弁当にも、ご飯も進む一品です。

鶏むね肉はよく使う!という人は、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

目次

鶏むね肉で作る!お肉しっとりハニーマスタードチキン

お肉がしっとり仕上がって、味もよく絡んで、大人も子供も大好きな味に仕上げてみました。

ぜひ鶏むね肉のレパートリーに加えて作ってみてください。

材料

4人分

鶏むね肉・・・1枚(300g)
〇酒・・・小さじ2
〇塩・・・ひとつまみ
〇コショウ・・少々
粉(小麦粉でも米粉でもOK)・・・大さじ1

米油・・・小さじ1

☆はちみつ・・・大さじ1
☆みりん・・・大さじ1
☆マスタード・・・大さじ1
☆醤油・・・大さじ1

※マスタードは粒入りでもなしでも作れます。少し辛みが強くなりますが和からしでも作れます。

はちみつを使っているので1歳未満のお子さんにいは食べさせないようにしてください。

作り方

1,鶏むね肉は1枚を半分にカットしたあと、斜めにそぎ切りにして〇の調味料をまぶしておく。

2、粉を全体にまぶす。

☆のタレを合わせておく。(ハチミツが固い場合は少しレンジ加熱して柔らかくしてから混ぜ合わせてください)

3,フライパンに米油を入れ熱し、お肉を焼く。

  裏返して裏面も焼けたらタレを加えてからめる。

ポイント!

お肉に下味をつけて水分をしっかりもみこんでおく。

鶏むね肉はパサつきやすいので、酒を加えてよく揉みこんでおきます。

この時、軽く塩、コショウで下味をつけて手でよく揉みこんでおいてください。

最初は水分が多いと感じますが、しだいに水分がなくなってきます。(お肉が吸収してくれます)

最後は、この水分を逃さないように、粉をまぶしておきましょう。
粉は私は米粉を使っていますが、小麦粉でもOKです。

タレはよく混ぜておく

蜂蜜は冬場など寒い時には固まっていることがあります。

この場合は使う量を取り出して耐熱容器に入れ、レンジで数秒加熱すると液体になります。

液体になったら他の材料とよく混ぜ合わせてください。

お肉が焼けたらタレを加えてサッと絡めます。

マスタードがアクセント!

味のポイントはマスタード。

粒マスタードで作ることが多いですが、きらしてしまったときに普通のからしを加えてみたら

少し辛みの強い大人味の仕上がりになりましたが、これも美味しかったです。

マスタードはお好みのタイプを使って作ってみてください。

粒なしのマスタードは上品な味わいに仕上がりますし、
粒入りはマスタード感がしっかり出ます。

和からしは、ツンとしたアクセントが大人味に仕上がり、これもまた美味しいですよ。

まとめ

鶏むね肉で作るハニーマスタードチキンを紹介しました。

お肉に下味をつけ、水分をしっかりもみこんだら、粉をまぶして逃さないようにします。

焼けたら、ハチミツとマスタードをきかせた旨味タレを絡めて完成です。

ほんのりハチミツの甘味でお子さんから大人まで美味しく食べてもらえる鶏むね肉レシピです。

低カロリー、高たんぱくで安い鶏むね肉のレパートリーを増やして
家計に嬉しく美味しいおかずを作ってくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる