焼いたトマトが甘くておいしい!トマトのベーコンチーズ焼きレシピ

トマトは生で食べても美味しいですが、焼くと甘みが増して違った美味しさが味わえます。

とくにチーズとの相性は抜群ですね!!

ワインのおつまみにもピッタリですが、子供たちも焼いたトマトとチーズの組み合わせは喜んで食べてくれます。

今回は、トマトのベーコンチーズ焼きを紹介します。

これはベーコンの旨味を加えるので、さらに美味しくなりますよ。

サッと作れるので、あと一品ほしいな~という時や
おつまみに何か作りたいな。という時にぜひ参考にしてみてください。

目次

トースターで簡単!トマトのベーコンチーズ焼き

今回は、トースターで簡単に作れるトマトのおかずを紹介します。

トマトは焼くと甘みが増して美味しくなります。

トマトの酸味とチーズのコク、ベーコンの旨味が合わさってとっても美味しい一品に仕上がりますよ!

おつまみにもおすすめですし、意外にもご飯とも合うおかずなんです。

ぜひお試しください。

材料

2人分

トマト・・・1個
ベーコン・・・1枚
スライスチーズ(とろけるタイプ)・・・2枚
岩塩・・・少々
コショウ・・・少々

スライスチーズがなければ、ピザ用チーズでもOKです。
岩塩はハーブソルトなどにしても美味しいですよ。

作り方

1,トマトをスライスしてグラタン皿に並べ、軽く岩塩(ハーブソルト)をかけておく。

ベーコンはみじん切りにしておく。

トマトの上にみじん切りにしたベーコンの半量をのせる。

2,スライスチーズをちぎってトマトの上に全体に広げてのせる。

チーズの上に残りのベーコンをのせてコショウを散らす。

今回はピンクペパーを挽いてちらしました。

3,トースターでチーズが溶けるまで焼く。

焼き方のポイント!

トースターで焼く時のポイントがあります。

チーズが溶け始めたと思ったら火を止めて取り出してください。

もう少し焼きたいところですが、これ以上焼くと、トマトの水分がたっぷり出てきてしまいます。

ちょうどチーズが溶け始めたころに取り出すと、トマトの甘味や酸味が引き出され美味しい状態で
トマトの水分もほどほどなので、美味しく食べれます。

今回はアラジンのトースターで焼いてみました。

焼き時間は200度の設定で5分くらいでした。

トマトのスライスの厚さやチーズの種類によっても違ってくるので、様子をみながら加熱するのが一番です!

応用編

グラタン皿にご飯を広げてから、トマトをのせ、ベーコン、チーズ、と順にのせて

先ほどの手順でトースターで焼いてみてください。

簡単なトマトドリアになります。

ちょっとしたランチにもピッタリですよ~。

同じように、茹でたマカロニをグラタン皿にのせてからトマト、ベーコン、チーズと順にのせていけば
マカロニグラタン風に仕上がります。

よかったら応用編も試してみてくださいねっ。

まとめ

トースターで簡単に作れる「トマトのベーコンチーズ焼き」を紹介しました。

サッと焼くことで、トマトの甘味が増して美味しくなります。

チーズやベーコンとの相性もよいので、生のトマトはちょっと苦手、という人でも美味しく食べてくれるかも!

ワインなどのおつまみにもおすすめの一品ですが、

ご飯にも合うので、和食や洋食と関係なくどんなメニューにも合います。

ご飯やパスタでアレンジした応用編もおすすめなので、簡単ランチにぜひ活用してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる