「ラインケーキ」を買ってみた!食べた感想とアレンジいろいろ。

グルメ

先日、スーパーで「ラインケーキ」と書かれた駄菓子風のケーキ?を見つけました。

売り場には「名古屋では有名なこのケーキ!すぐに売り切れてしまう人気のケーキ。売り切れごめん」

こう書かれていては、買わないわけにはいかないでしょ(笑)

そんなわけで買ってみたものの、明らかにパサパサな予感・・・・。

今回は、この謎の食べ物「ラインケーキ」を食べた感想と
そのままでは「う・・・・ん」ということで、アレンジいろいろ試してみました(笑)

気になったら読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

「ラインケーキ」って?

 

私が見つけた「ラインケーキ」は、パッケージにエッフェル塔のようなものが書かれていました。

でも、たぶん名古屋にあるテレビ塔をイメージして書かれているのかな?と。

それは、売り場に
「名古屋では有名なケーキで、すぐに売り切れてしまうほどの大人気商品です」

と書かれていたから。

製造者も名古屋市にある「よしの屋製菓」という有限会社が作っているようでした。

 

 

 

見た目のインパクトがすごい。

それは、長いこと。

1本が全部入るお皿はないのではないか。と思われるほど長い!

はかってみたら38センチほど。
確かに、30センチ物差しより長いです。

1袋3本入りで198円ほどでした。

食べてみた感想

 

見るからに、パサパサ感がハンパないので、覚悟して食べてみました(笑)

はちみつ入りと書かれているだけあって、手で半分に割ったとき、はちみつのしっとり感がありました。
でも、食べるとかなりパサパサ。そして、スカスカ。

あと、どう表現したらいいのか分からないほどの何とも言えない駄菓子風の香料。

たぶん、外側にかかっている白い砂糖がけの部分に香料が入っていないかな?と感じました。

鈴カステラと比べると、パサパサ感は同じくらいかなとも思いますが、
ラインケーキのほうがかなりスカスカ感があります。

飲み物が欲しくなるケーキですね。

 

食べ方のアイデアいろいろ

 

未知の味には興味があるので、ついつい買ってきてしまったのですが、

「3本も入ってる!」

私も子どもたちも、そのままでは食べれない味だったので、
なんとか美味しく食べれるよう、工夫してみることにしました。

コーヒーに浸す

 

「ビスコッティのように、コーヒーに浸して食べたらどうだろか?」

ということで、さっそく美味しいコーヒーを淹れてみました。

コーヒーに浸してみると、スカスカなケーキだったので、吸収がすごい。
すぐにしっとりを通り超えベッタリした水分吸い過ぎのケーキに。

味はコーヒーの味しかしないほど、コーヒーを吸ってしまっていました。

ビスコッティのように、美味しく食べるイメージは壊されました。

コーヒーじゃなくて、ホットミルクに浸した方が美味しく食べれるかも・・・です。

ヨーグルトにつけて

 

コーヒーのように水分だと吸収し過ぎてしまうため、
とろみのあるもので、ヨーグルトにつけて食べてみることにしました。

これは、まあまあ食べれそう。

ヨーグルトにシリアルをトッピングして食べるような感じに近いかな。

今回は甘いケーキなので、プレーンタイプの甘味のないヨーグルトにつけてみました。
これでちょうどよい感じです。

香料が気になりますが、まあアレンジとしては美味しい方だと思います。

米油で焼いてみた

 

フレンチトースト風にしようかと思いましたが、ケーキに卵も入っていることだし、
そのまま米油で焼いた方が美味しいかな、と思い実行。

カットする厚みを3㎝ほど、1㎝ほど、5㎜ほどにかえて米油で両面をカリッと焼いてみました。

厚さが3㎝ほどのものは、スカスカ感が残ってしまってあまり美味しく感じなかったのですが、
1㎝と、5㎜はカリッとした食感と米油の香ばしさが合わさって美味しく食べれました。

食感はラスクのような感じかな。

焼いたあとも、シュガーなどかけずにそのままがいいです。
ケーキが甘いので、焼くだけで甘さ的にはちょうどよいおやつになります。

 

「ラインケーキ」を買って食べたまとめ

 

スーパーで見つけた謎のケーキ「ラインケーキ」

実は、名古屋市にある「よしの屋製菓」さんが作っている駄菓子風のケーキでした。

食感は鈴カステラをもっとスカスカにしたような感じで、
駄菓子独特の香料のような香りがします。

はちみつ入りと書かれているだけあり、割ったりカットしたりすると、思ったよりもふんわりしています。

ただ、食べるとやはりパサパサで、飲み物が欲しいかな、という感じ。

美味しく食べる工夫をしてみました。

・コーヒーに浸す
・ヨーグルトにつけて食べる
・米油で焼いて食べる

この中で一番おいしく食べれたのが米油で焼いて食べるという方法。

ラインケーキを1㎝ほどに、薄くスライスしたものを、
米油で両面カリッと香ばしく焼いてから食べてみました。

手作りのラスクのような感じで、普通に食べるよりは美味しかったです。

もし、この謎の「ラインケーキ」を見つけて気になった人は食べてみてください。

そのまま食べれなかった人は、今回紹介したアレンジを試してみてくださいね。

 

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
子供たちと一緒に料理するのが楽しい毎日。
レシピは子供たちに伝えたいものや、子供たちが教えて~とリクエストがあったものをブログにレシピとして残しています。

趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。
ディズニー好き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
グルメ
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました