甘酒豆乳プリンの作り方。砂糖不使用で優しい甘みが美味しい!

自然の優しい甘みを活かして作る豆乳プリンはお砂糖不使用でも甘くておいしく仕上がります。

今回は、甘酒と豆乳で作る簡単なプリンを紹介します。

甘酒は市販のものでも自家製でもOK。

甘酒の甘味に合わせて豆乳の量を変えて作ってみてくださいね!

目次

甘酒豆乳プリンの作り方

材料

(4個分)
甘酒・・・200ml
豆乳・・200ml
★粉ゼラチン・・・7g
★水・・・大さじ2

甘酒の甘味に合わせて豆乳の量を変えて作れます。
豆乳と甘酒を合わせて400mlになるよう調節してみてくださいね!

作り方

1,耐熱ボウルに水を入れ粉ゼラチンを振り入れてふやかしておく。

2,甘酒はミキサーにかけてなめらかにしておく。

(粒々を残したい場合は省いてもOKです)

3,耐熱ボウルに豆乳と甘酒を合わせ、レンジ温め機能で人肌程度まで温めておく。
(温め機能がない場合はレンジ600Wで1~2分加熱しておく)

4,ふやかしておいた粉ゼラチンをレンジ600Wで20秒ほど加熱して溶かし、温めた豆乳甘酒に加えて混ぜ合わせたら、カップに入れて冷蔵庫で冷やし固める。

お好みのトッピングで楽しむ♪

冷蔵庫でしっかり冷やすとプルプル食感のプリンが出来上がります。

そのままでも美味しく食べれますが、お好みのトッピングで楽しんでみてくださいね。

写真は、おせちの残りを使った簡単トッピングです。

サツマイモで作ったきんとんに、栗の甘露煮と黒豆煮を添えてみました。

食感よく仕上げるならミキサーでなめらかに。

今回使った甘酒は手作りしてみました。

粒々感が多くなってしまったので、ちょっと面倒ですがミキサーでなめらかにすると食感がよくなります。

市販の甘酒を使う場合でも、食感よく仕上げたい場合はミキサーで撹拌してなめらかにしてから
作ってみてください。ツルンとした食感の甘酒プリンが出来上がります。

粒々を残したい場合は、そのまま固めてしまうと重さで沈んでしまうことがあるので、
ゼラチンを加えたら、ボウルの底を冷水にあててとろみがつくまで混ぜながら冷やすと
全体に粒々がいきわたった仕上がりになります。

やってみてくださいね!

まとめ

甘酒の甘さを活かして作る砂糖不使用の甘酒豆乳プリンを紹介しました。

自然の甘さで体にも良い甘酒を使うので、健康的なスイーツが出来上がります。

甘酒の甘さによって豆乳の量を調節してお好みの甘さで作ってみてくださいね。

おせちの残りの栗きんとんや黒豆などをトッピングしても美味しく食べれますよ~。


よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる