炊飯器で作る簡単鶏チャーシュー。下味冷凍で簡単&便利!

今回は炊飯器におまかせの簡単鶏チャーシューを紹介します。

鶏むね肉に下味をつけて冷凍。

凍ったままを炊飯器に入れてスイッチを押すだけ!

とっても簡単です。

夕方は子供たちが塾でバタバタと忙しいので、とにかく簡単に作れるものがいい!

そこで、最近よく活躍しているのが炊飯器

スイッチを押すだけで一品出来上がるので、ほんとに助かりますね。

味付きの美味しい鶏チャーシューが簡単に作れるので、よかったらお試しください。

目次

炊飯器で簡単!鶏チャーシュー

お肉に下味をつけて冷凍しておけば、買い置きして作りたいときにすぐに作れます。

解凍に時間がかかるのはちょっと・・・と思う人もいますよね。

大丈夫!凍ったまま調理できます。

炊飯器におまかせなので、忙しい日にぜひ活用してみてください。

材料

2人分

鶏むね肉・・・1枚

●酒・・・大さじ1
●みりん・・・大さじ1
●砂糖・・・大さじ1
●醤油・・・大さじ1
●鶏ガラスープの素・・小さじ1

作り方

1,鶏むね肉は皮を取り除きたい場合は取り除いて余分な脂を取り、全体を所々フォークでさして穴をあけておく。

袋に鶏むね肉と●の調味料を入れてよく揉みこみ、袋の口をしっかり閉じて冷凍保存用の袋に入れて冷凍しておく。

2,凍った状態のタレと鶏むね肉を炊飯器に入れてスタートする。

途中で蓋をあけて上下を返すと全体に均一にタレがからみます。

でも、ほったらかしでもOK!

その場合は出来上がると片面だけタレがついていない白っぽい状態になっているので(写真真ん中)
出来上がってから裏返して裏面にもタレをしみこませても美味しく仕上がります。

3,漬け込んでおいたタレが美味しい煮汁になって出来上がるので、

このタレに漬けて保存しておくと、しっかり味のついた鶏チャーシューになります。

すぐに食べる場合は、タレを少しかけて食べると美味しいです。

タレの活用法

タレが残ったら、いろいろなものに使えるのでぜひ活用してください。

お出汁に適量を加えると簡単にラーメン風な味付けのスープが出来上がります。

タレに胡麻油を少量加えてよく混ぜて簡単ドレッシングに使っても美味しいです。

卵かけごはんの醤油の代わりにこのタレをかけると絶妙に旨い!

照り焼きのタレとして焼いたお肉や魚の仕上げにタレを加えて味をからめるだけで作れます。

こんなに使うほどタレはできませんが、いろいろなものに使える美味しいタレなので、

ぜひタレも活用してみてくださいね。

まとめ

炊飯器で簡単に作れる鶏チャーシューを紹介しました。

お肉にフォークで穴をあけて味がしみこみやすくして、下味をつけたら、そのまま冷凍。

作りたい時に、冷凍庫から出したらすぐに調理ができます。

凍ったままを炊飯器に入れてスタートするだけ!

終了したらお肉を返して両面にタレをなじませておくと、美味しく仕上がります。

作り置きにもなる簡単おかずなので、忙しい人におすすめです。

今回はこちらの炊飯器で早炊きコースで作りました。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる