「鮭とジャガイモの甘酢ソース」さっぱり甘酢が食欲そそる美味しさ!

鮭とジャガイモは相性がよく、一緒に組み合わせることが多い食材です。

今回は鮭とジャガイモを甘酢ソースでからめて仕上げてみました。

さっぱり味で、ほんのり甘味のある味付けは子供ウケもよいので、
魚もしっかり食べてくれると思います。

鮭とジャガイモをカリッと香ばしく焼くのがポイント!

簡単に作れるのでよかったらお試しくださいね。

目次

鮭とジャガイモの甘酢ソース

鮭は皮つきのまま使い、皮を香ばしく焼いてみました。

うちの子供たち、香ばしく焼けた皮が好きなので、すっごく喜んでました。

皮が苦手な人は皮をとって焼いてもOKです。

ただ、その場合は、皮がない分崩れやすいので注意して焼いてみてくださいね。

じゃがいもは最初にレンジ加熱で中を柔らかくして、表面をフライパンでカリッと焼いて仕上げています。

レンジ加熱はやりすぎると逆に固くなったりするので、加熱し過ぎないように気を付けてください。

材料

4人分

鮭(切り身)・・・4切れ
塩、コショウ・・少々
粉(米粉でも小麦粉でも可)・・・大さじ1
油・・・大さじ1弱
じゃがいも・・・250g

●酢・・・大さじ3
●水・・・大さじ2
●みりん・・大さじ2
●砂糖・・大さじ1
●醤油・・小さじ1
●生姜(すりおろし)・・小さじ1
●片栗粉・・・小さじ1

作り方

1,ジャガイモは皮をむいて乱切りにして耐熱容器に入れ、レンジ600Wで3~4分加熱する。

乱切りの大きさによって加熱時間が違ってきますが、短めで様子をみて加熱するのがおすすめです。

竹串がスッと入ればOK。

2,タレの材料●を耐熱容器に入れてよく混ぜる。

 レンジ600Wで1分加熱して、一度とりだし混ぜる。再びレンジで1分加熱したらしっかりと混ぜ合わせる。

3,鮭は骨を取り除き一口大にカットする。皮はつけておくと崩れにくいです。

塩、コショウをしたら粉をまんべんなくまぶしておく。

4,フライパンに油を入れ、鮭を皮目を下にして焼く。

皮の部分がカリっと香ばしく焼けてきたら裏返して裏面も焼く。

5,鮭が焼けたら作っておいたタレに加える。

鮭を取り出したらフライパンにまだ油が残っているので、レンジ加熱したジャガイモをカリッと焼く。

じゃがいもがカリっと焼けたら、鮭と一緒にタレに加えてからめる。

鮭の皮を取り除いている場合や、タレの容器が小さい場合などは崩れたりタレが絡まらないため
広めの容器などに焼けた鮭とジャガイモを並べてタレをかけると綺麗に仕上がります。

鮭の栄養効果

鮭のあの赤身がかったオレンジ系の色素は「アスタキサンチン」という成分で

抗酸化力がとっても強く抗酸化作用に優れています。

活性酸素を抑える働きがあり、免疫力をアップして老化を防ぎ

動脈硬化などを防ぐ効果もあります。

魚のタンパク質は体に良いのは知られていると思いますが、
なかなか魚を食べなくなってきている子供たちも多いです。

甘酢ソースを絡めて、子供の好きなジャガイモと合わせたおかずなので、

お子さんにも美味しく食べてもらえると思いますよ。

よかったらお試しください。

まとめ

鮭とジャガイモの甘酢ソースを紹介しました。

暑い時期にはさっぱりしたおかずが食べやすいです。

抗酸化作用のある鮭を使って疲労回復にも効果のある酢をたっぷり使ったソースでからめて仕上げます。

夏バテ防止や食欲のない時にも美味しく食べてもらえたら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる