子供が好きなポークチャップ!15分で出来る簡単レシピ。

豚ロース肉を使ったボリューム満点のおかず「ポークチャップ」

トマトケチャップを使ったソースは子供ウケが良く洋食屋さんの味を思い出します。

今回は簡単に作れて洋食屋さんで食べるような、なつかしい味わいのポークチャップを紹介します。

我が家のポークチャップはトンテキ風にカットして作ります。

味がよく絡んで子供たちにも食べやすくって大好評なんです。

タレは定番の調味料なので、簡単に作れますよ。

ぜひお試しくださいね。

目次

15分で作れる簡単ポークチャップ

豚ロース肉を使ったガッツリ食べれるメインのおかず「ポークチャップ」を紹介します。

ソースにケチャップを使うので、ほんのり甘酸っぱくて子供にも食べやすい味です。

我が家は子供が食べやすいようにトンテキ風に切り込みを入れて焼いています。

お肉がバラバラにならず、切り込みの部分にもソースが絡んで短時間で美味しく仕上がりますよ。

材料

4人分

豚ロース肉・・・4枚
塩、コショウ・・・少々
粉(米粉でも小麦粉でもOK)・・・適量
油(焼く時用)・・・少々

玉ねぎ・・・1個

〇水・・・大さじ2
〇トマトケチャップ・・・大さじ2
〇ウスターソース・・・大さじ2
〇酒または赤ワイン・・大さじ1
〇醤油・・・・小さじ1

作り方

1,豚ロース肉は脂身の部分が切れるように切り込みを入れ、全部を切り離さないようにカットする。

お肉に塩、コショウをまぶしたら、全体に粉をまぶしておく。

2,玉ねぎを薄切りにして耐熱容器に入れ、ラップをしてレンジ600Wで4分前後加熱して柔らかくする。

固さはレンジ加熱の時間によってお好みで調節できます。

3,タレの材料を混ぜ合わせておく。

4,フライパンに薄く油をひいてお肉を並べて焼く。

片面が焼けたら裏返して裏面も焼く。

5,お肉の裏面が8割程度火が通ってきたら合わせておいたタレと、加熱した玉ねぎを加える。

タレが煮詰まってきてお肉と玉ねぎにからんできたら火をとめる。

時短で作れるポイント

お肉に切り込みを入れる

薄切り肉で作る場合はいいですが、トンカツ用の豚ロース肉で作る時は厚みがあるので

しっかり火を通すのに時間がかかります。

でも、切り込みを入れて焼くと切り込み部分からも火が通りやすくなるので短時間でサッと作れます。

全部切りはなしてしまうと、逆に盛り付ける時にバラバラになって綺麗に盛り付けれないので、

一か所だけはつなげておくとお肉を裏返す時も、盛り付けるときも簡単です!

玉ねぎをレンジ加熱しておく

玉ねぎはレンジで加熱すると4分ほどで柔らかく甘味が出てきます。

以前洋食屋さんで食べた時のソースが、玉ねぎの食感が程よくあって美味しかったので、
おうちでもやってみよう!と作ってみたのがきっかけです。

お肉を4枚焼く場合はフライパンがいっぱいになってしまうので、

お肉が焼けてソースを絡めるタイミングで加熱した玉ねぎを加えれば時短でもしっかり味が絡んで
玉ねぎの食感も楽しめます。

2人分で作る時

2人分で作る時はお肉は2枚、玉ねぎは半分(1/2個)にしますが、

タレは4人分と同じ分量で作るのをおすすめします。

というのは、半量で作ったことがありますが、

少ない調味料だと蒸発するのも早くて、タレが少なくなってきてしまったんです。

少ないよりは多い方がお肉も美味しく食べれるので、それ以来2人分で作る時もタレは4人分の量で作っています。

もし、タレ多過ぎ!と思ったらタレだけ小さな瓶などに保存しておき、
スクランブルエッグなどを作ったときのソースにしても美味しいですよ。

ベースはケチャップとソースなので、ケチャップをかけたりソースをかけたりする料理や食材には合います。

まとめ

子供が好きなメインのおかず「ポークチャップ」

今回は簡単、時短で作れるポークチャップのレシピを紹介しました。

ボリュームのあるおかずがサッと作れるので、忙しい日の夕食作りにも助かります。

お肉は切り込みを入れて焼くと時短で簡単に作れます。

でも、全部切りはなさない方が焼く時や盛り付ける時に簡単です。

焼いている間に玉ねぎをレンジで加熱しておくと
甘味が出た柔らかい玉ねぎもソースに加えて美味しく仕上がりますよ。

よかったら参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる