ハマる美味しさ「ルバーブジャム」の作り方。煮るだけで超簡単!

レシピ

ルバーブジャム」は好きですか?

私がルバーブジャムを初めて食べたとき、
「なんて美味しいジャムなの!」と感動したのですが、

このあとに、ルバーブがどんなものなのか実物をみて、
「これがあの美味しいジャムになるなんて!」とビックリしたのを覚えています。

私はルバーブが大好きで、毎年必ずルバーブジャムを作っています。

というのも、長野に住む友人がルバーブを送ってくれるんです。

緑色をしたルバーブや、真っ赤なルバーブ、緑と赤がまじったものまで、いろいろあります。
使うルバーブによって、ジャムの仕上がりの色も変わってくるので、面白いですね。

今回はルバーブが手に入ったけど、使い方が分からないという人に、
とっても簡単に作れて、すごく美味しいルバーブジャムの作り方を紹介します。

鮮度が命のルバーブ。

ぜひ、新鮮なうちに美味しいジャムにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ルバーブのジャム

真っ赤なルバーブは、わりと珍しいです。

いつもは、緑色をしたルバーブなのですが、友人の祖母が真っ赤なルバーブを育てているようで
「珍しいルバーブができたよ」と送ってくれたものです。

真っ赤なルバーブで作るジャムは、仕上がりも真っ赤になり見た目も綺麗ですよね。

昨年は、緑色と赤色が混じったルバーブで作ったので、茶色っぽいジャムになりました。

ルバーブは手に入ったものなら、何を使っても大丈夫です。
ただし、仕上がりの色に違いがでるので気を付けてください。

味わいは赤い方が酸味が強い感じ。
緑色のルバーブは、酸味よりも甘味が強いかな、と思います。

涼しい地域でしか、手に入らないかと思いますが、
手に入ったらぜひ鮮度が良いうちに、美味しいジャムを作ってみてくださいね。

作り方は、すごく簡単! 初めての人でも失敗なく作れますよ。

ルバーブジャムの作り方

ルバーブは熱を加えると溶けるという性質があるため、ジャム作りに向いています。

カットしたルバーブに砂糖をかけておくと水分が出てくるので、
この水分で煮るだけでジャムが出来上がります。

材料

ルバーブ・・・300g
きび砂糖・・・100g
レモン汁・・・大さじ1~(お好みで調節)

ルバーブは赤色でも緑色でも作れます。

皮をむく必要がないので、そのまま300g全部使います。

ところどころ傷んだ箇所などがあれば、その部分だけカットしてください。

私が作る美味しいルバーブジャムの基本の割合は

ルバーブ : 砂糖 =  3 : 1

です。

この割合はお砂糖控えめですが、甘さと酸味の加減がちょうどよく
スイーツにも、サラダやお肉料理にも、いろいろ使えます。

仕上げにレモン汁を加えることで、甘さがキュッとひきしまり美味しくなりますよ。

作り方

1、ルバーブを10分ほど水に浸しておきます。(アク抜きのため)

水気をきったルバーブを1~2センチ程度にぶつ切りにして鍋に入れます。

ここに、きび砂糖を加えて全体にまぶしたら、30分ほど放置します。

2、30分くらい経過すると、ルバーブから水分が出てきているのが分かります。

水分が出てきたら、弱火にかけ木べらで混ぜながら煮詰めます。

3、しばらくすると、白っぽい泡のようなアクが出てくるので、こまめにアクを取りましょう。

焦げないようにゆっくりと混ぜながら煮詰めていくと、とろみがついてきます。

とろみがついてきたら、レモン汁をお好みの量加えて味を調えます。
はじめにレモン汁を加える前に少し味見をしてみてください。
このあと、少しレモン汁を加えてもう一度味をみてみましょう。

すると、レモンを加えた後の方が味が締まって美味しくなっているのが分かると思います。

まだレモンの酸味が足りないな、と感じる場合は、
少しずつレモン汁を足してお好みの味にしてください。
出来上がったジャムは、熱湯消毒した瓶などに入れて冷蔵庫で保存します。

保存方法

私のレシピはかなりお砂糖を控えめにしています。
そのため、普通のジャムのような日持ちはしません。
そこで、なるべく3~4日ほどで使える量の瓶に小分けしてジャムを入れます。
使う分の瓶だけ冷蔵庫で保存。
残りの瓶は瓶ごと冷凍庫で保存しています。
使いたいときに、瓶ごと冷凍庫から出し、自然解凍すれば美味しく食べれます。
急いで解凍したいときは、レンジを使って数秒ごとに様子をみて加熱して解凍すれば大丈夫です。

ルバーブの種類で仕上がりが違う

ルバーブには真っ赤な色をしたもの以外にも、緑色や、緑から赤がまじったものまで
いろいろな種類のものがあります。
写真の左側のルバーブジャムは、緑色から赤色にグラデーションしていたルバーブで作ったものです。
色が茶色っぽく仕上がっていますが、味は正真正銘のルバーブの味で美味しいです。
ルバーブの種類が違っても、同じ作り方で作れます。
ただし、仕上がりの色が真っ赤にならないということだけは知っておいてくださいね。

まとめ

ルバーブは見た目と味のギャップがすごい野菜ですよね。
茎を煮たらジャムになってしまうんですから!
皮をむく必要もなく、種を取り除く作業などもなく、ただカットして砂糖をまぶして煮る。
これだけ。
とっても簡単なので、初めてジャムを作る人でも簡単に作れますよ。
ただし、ルバーブは涼しい地方で栽培されているため、
なかなか地域によってはなかなか手に入らない野菜です。
私の住んでいる地域も売っていません。

幸運にもルバーブが手に入ったら、まずは簡単に作れるジャムを作ってみてください。

ルバーブジャムの美味しさに感動しますよ。

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
そんな子供たちの子育てをしながら、自分の人生をもっと楽しみたくて日々いろいろなことに挑戦するのが好き。

ディズニー大好きで年に数回仕事がお休みの日にパークに行けるのを楽しみに仕事をしてます。
趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
レシピ
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました