炊飯器で作る鶏むね肉と舞茸の醤油麹漬け煮。下味冷凍で簡単便利!

鶏むね肉を使った簡単作り置きおかず。

今回は少し味をつけた鶏ハムといったイメージの醤油麹煮を紹介します。

醤油麹に漬け込んで冷凍しておくだけなのですが、ここに舞茸も一緒に入れておきます!

お肉が柔らかくなり、舞茸の栄養も冷凍することでアップするので効果的。

作り方は凍ったままを炊飯器に入れるだけ!

とっても簡単です。

下味をつけて冷凍できるので作りたい日に作れますよ。

作った煮鶏は3日ほど日持ちするので、作り置きとしても便利なおかずです。

目次

醤油麹に漬け込むだけ。炊飯器で簡単鶏ハム

鶏むね肉を買ってきたら、醤油麹とみりんと舞茸をお肉と一緒に漬け込んで冷凍しておくだけ。

作りたい時に冷凍庫から出して、凍ったままを炊飯器に入れてスイッチをおせば出来上がり。

とっても簡単ですが、醤油麹の旨味と舞茸の旨味で美味しく仕上がります。

お肉も柔らかくなるので食べやすいですよ。

材料

2人分(鶏むね肉1枚分)

鶏むね肉・・・1枚

〇舞茸・・・1パック(100g程度)
〇醤油麹・・・大さじ1
〇みりん・・・大さじ1

作り方

1,鶏むね肉の皮と余分な脂を取り除いたらフォークで穴をたくさんあけて味をしみこみやすくしておく。

2、ここに醤油麹とみりんを加えたら、手で裂いた舞茸を一緒に入れてもみこんでおく。

この状態でビニール袋ごと冷凍保存用の袋に入れて冷凍しておく。

3,作りたいときに冷凍庫から出して、凍ったままを炊飯器に入れる。

早炊きコース(約30分程度)で炊く。

ほったらかしでも大丈夫ですが、もし時間に余裕があれば、途中で一度お肉を裏返してください。

舞茸効果

舞茸も一緒に冷凍保存しておくことで、舞茸の栄養価がアップし、旨味成分が増えます。

加熱するときは、一緒に炊飯器に入れてそのままスイッチを押すだけでOK。

舞茸からたっぷりの水分が出てきます。

この汁に旨味や栄養がたっぷり含まれているので、この旨味スープで鶏むね肉を煮ることで

美味しく仕上がります。

食べる時は、ぜひこの汁をお肉にかけて食べてみてください。

美味しさと旨味が増しますよ。

醤油麹の効果

醤油麹には旨味成分がたっぷり含まれています。

また、お肉の旨味を引き出したり、柔らかくしてくれるといった効果もあります。

少量でも美味しく感じるので、減塩にもつながりますよ。

鶏むね肉1枚で大さじ1の醤油麹だけで十分に美味しく仕上がります。

市販のものでもよいですが、簡単なのでぜひ手作りしてみてください。とっても美味しいですよ。

醤油麹の作り方はこちらで紹介しています。参考にしてみてください。

まとめ

鶏むね肉を使った簡単おかずで作り置きにも、冷凍下味にも便利な一品を紹介しました。

ポイントは醤油麹に漬けておくことと舞茸を一緒に入れて冷凍保存しておくこと。

加熱方法は炊飯器に凍ったままを入れてスイッチを押すだけでOKです。

料理が苦手な人でも作れてしまう簡単な一品です。

炊飯器はこちらを使っています。

お使いのもので大丈夫ですが、早炊きコースで作るのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる