お肉が柔らか!鶏むね肉とキャベツのワサビクリーム炒めレシピ

鶏むね肉1枚でボリュームのあるおかずができれば家計にも嬉しいです。

今回は鶏むね肉とキャベツを使った簡単おかずを紹介します。

ワサビを加えて味にアクセントをつけて少し大人味に仕上げてみました。

ご飯にも合いますが、ワインのお供にもおすすめです。

ワサビクリームはヨーグルトを使って簡単でヘルシーに仕上げていますので、
ダイエット中の人のタンパク質補給にも美味しく食べてもらえます。

キャベツはレンジ加熱しておくことで、炒める時間を短縮できて色よく、ツヤよく仕上がります。

目次

鶏むね肉とキャベツのワサビクリーム炒め

鶏むね肉は下味をつけて水分をしっかりもみこんだあと、粉をまぶして焼くことでしっとり柔らかく仕上げます。

キャベツはあらかじめレンジ加熱しておくと、彩りとツヤをよくし、程よい食感でおいしくなります。

材料

4人分

鶏むね肉・・・1枚
※酒・・・小さじ2
※塩、コショウ・・・少々
片栗粉・・・大さじ1
米油・・・小さじ1

キャベツ・・・4枚程度(約320g)
米油・・・小さじ1

★ワサビ・・・5g(お好みで調節可)
★ヨーグルト・・・50g
★白だし・・・・小さじ1

作り方

1,鶏むね肉は皮と余分な脂を取り除き、そぎ切りにして※の調味料をよく揉みこむ。

10分ほどおいておくと、しっとりします。

片栗粉をまぶしたあと、米油をからめておく。(お肉が離れやすくなります)

2,キャベツはざく切りにして耐熱ボウルに入れ、米油を全体にまぶしてレンジ600Wで3~4分加熱する。

加熱後、出てきた水分は捨てておきます。

3,ワサビクリームの材料★を合わせてよく混ぜておく。

ワサビの量はお好みで調節してください。

4,フライパンに油をまぶした鶏むね肉を広げて並べ、両面を焼く。

5,お肉が焼けたら加熱しておいたキャベツを加えてざっと混ぜながら炒める。

6,ワサビクリームを加えてざっと混ぜ合わせる。

簡単に作るポイント

下味の最後に少量の油

お肉に下味をもみこんだあと、片栗粉をまぶします。

このままだと、カットしたお肉がひっついてなかなか離れてくれません。

そこで、少量の油(今回は米油を使用していますが、お使いの油でも大丈夫です)をまぶします。

こうすることで、お肉がひとつひとつ離れて焼きやすくなり、
また、少量の油で美味しく焼くことができます。

キャベツはレンジ加熱

キャベツを炒めると、意外と時間がかかり、葉の薄い部分はカリッと焼け過ぎてしまうことがあります。

キャベツは油をまぶしてレンジ加熱しておくと、色もよく仕上がり、ツヤも出て美味しそうに見えます。

炒めるときは、お肉が焼けたタイミングで加えてサッと炒め合わせればOKです。

食感もほどよくあり、柔らかく、甘みも出て美味しいキャベツの炒めものになりますよ。

まとめ

お肉がしっとり柔らかく仕上がる「鶏むね肉とキャベツのワサビクリーム炒め」を紹介しました。

お肉は下味をつけて粉をまぶして、さらに油を絡めてから焼くことで、しっとり美味しく焼きあがります。

キャベツはレンジ加熱しておくと、彩りもツヤもよく美味しそうに仕上がります。

ワサビのアクセントとヨーグルトの程よい酸味がなかなか良いですよ。

色を白く仕上げたいので、今回は醤油ではなく白だしを味付けに使ってみました。

味が薄いと感じる場合は、少量の酢を加えてみてください。

ヨーグルトの種類によって酸味が違うため、少量の酸味を加えることで味がしまることがあります。

それでも薄いと感じたら、塩、コショウで味を調えてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる