お肉がしっとり旨い!豚ヒレ肉の米油煮チーズ風味。冷めても美味!

豚ヒレ肉は豚肉の中でもヘルシーな部位で私はよく使う食材です。

ヒレカツのイメージが強いかもしれませんが、蒸し煮にしてしっとり仕上げる豚ヒレもなかなか旨いですよ。

今回は冷めても美味しい!いや、冷めたほうが美味しい!?(笑)

そんなお弁当にピッタリな豚ヒレのおかずを紹介します。

米油を使って蒸し煮にし、粉チーズで風味を加えたしっとりおかず。

出来立ても美味しいのですが、冷めても美味しくてさらにチーズの風味が引き立って美味しくなります。

お弁当のおかずに困っていたらぜひ作ってみてください。

目次

お肉がしっとり仕上がる!豚ヒレ肉の米油煮チーズ風味

豚ヒレ肉を米油で蒸し煮にして仕上げる、しっとり柔らかいおかずです。

冷めても美味しくてお弁当におすすめ。

米油のイベントでも、このレシピを試食として使っていただいたレシピです。

冷めても美味しく仕上がる米油をぜひ使って作ってみてくださいね~。

材料

4人分

豚ヒレ肉(かたまり)・・・400g
塩、コショウ・・・少々

大豆粉(米粉や小麦粉でも代用できます)・・・大さじ1~2
米油・・・・小さじ2
粉チーズ・・・大さじ1

今回、豚肉には大豆粉をまぶしています。米油で焼くと大豆粉の香ばしい風味が引き立ってきて美味しく仕上がります。もしなければ、米粉や小麦粉でも同じように作れます。

作り方

1,豚ヒレ肉は厚みを1.5㎝ほどにしてカットし、叩いてお肉の繊維をこわしてから、

再びもとの形にもどしておきます。ここで塩、コショウをして下味をつけ、粉をまぶす。

2,フライパンに米油と豚ヒレ肉を入れ、お肉に油を絡めたら弱めの中火にして蓋をして蒸し焼きにする。

弱めの火加減でじっくり加熱するのがポイントです。

しばらく焼くと水分が出てきます。

お肉を裏返して裏面も焼く。

3,お肉に火が通ったら、蓋を取り粉チーズを加えて火を強めて仕上げ焼きする。

水分がなくなったら完成です。

米油がポイント

米油煮、とは言うものの、米油は小さじ2しか使いません。

少量の米油を豚ヒレに絡めて蒸し焼きにすることで、油のコクと旨味、豚肉の旨味が引き出され美味しく焼けます。

仕上げに粉チーズを加えるのですが、米油はクセがないので、冷めたときに粉チーズの風味が活きてきます。

米油は使ってみると分かりますが、油臭さがないので、冷めたときに油っぽく感じないのがいいところ。

豚ヒレは調理法を間違えるとパサついてしまうのですが、

しっとり焼き上げると、冷めても本当にお肉がしっとり柔らかくなります。

米油で肉の旨味を逃さないようコーティングして、蒸し焼きにすれば、お肉がしっとり美味しくできますよ。

私は、ボーソーの米油を愛用しています。

まだ使ったことがない人は、ぜひ米油で試してみてくださいね。

まとめ

豚ヒレ肉がしっとり美味しく仕上がる、お弁当におすすめの米油煮チーズ風味を紹介しました。

少量の米油をお肉に絡めて蒸し焼きにすると、お肉がしっとり仕上がります。

仕上げに粉チーズで風味をつけると、出来立てよりも冷めてからの方がチーズ感はしっかり出てきます。

冷めてもしっとり感、美味しさがそのまま、いや、冷めたほうが美味しいのかも!?

というくらい美味しいおかず。

お弁当のおかずにぜひお試しくださいね~。

香ばしさを出したい時は、お肉に大豆粉をまぶすのがポイントです!

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる