米粉のスフレチーズケーキ。とろける食感でしゅわっとふわふわ!

スフレチーズケーキの口の中でしゅわ~っととろけていく食感がとても好きな私。

今回は、米粉を使って作るスフレチーズケーキを紹介します。

米粉を使うと、なぜか表面が割れてしまうのですが(台湾カステラを作ったときもそうでしたが)

この点については、まだまだ研究中です。

割れてもこの食感と美味しさは格別なので、米粉スイーツ&チーズケーキ好きな人はぜひお試しくださいね。

目次

米粉のスフレチーズケーキ

すごくふわふわ~っと仕上がり、食べると口の中でしゅわ~ととろけました。

この食感は薄力粉で作ってもできると思いますが、

米粉を使うとさらに、きめ細かい生地に仕上がって私は好きです。

米粉の優しい甘みがきいた美味しいチーズケーキです。よかったらお試しくださいね。

材料

15㎝丸型

クリームチーズ・・・・150g
プレーンヨーグルト・・・50g
卵黄・・・・3個
米粉・・・30g
レモン汁・・・10g(小さじ2)

卵白・・・3個
グラニュー糖・・・50~55g

ヨーグルトは豆乳ヨーグルトでも美味しく作れます。(お好みでどうぞ)

作り方

準備:型にクッキングシートを敷いておく。

湯せん焼きするので底が取れないタイプ、または底が取れる場合はアルミホイルでしっかり包んでおく。

今回は底が取れないタイプを使用したので、型から取り出す時に取り出しやすいよう
底の部分に十字にクッキングシートをひいて取り出しやすいようにしておくといいですよ。

湯銭焼き用のお湯を準備し、オーブンは200度に予熱しておく。

1,ボウルに柔らかくしたクリームチーズを入れしっかりと練る。

ここに、ヨーグルトを加えてなめらかに混ぜ合わせる。

2,続いて卵黄を1個ずつ加えてしっかりと混ぜ合わせる。

クリームチーズがしっかりなめらかに混ぜてあれば混ぜるのは泡出て器でもゴムベラでもOKです。

3,米粉を加えて混ぜ合わせたら、最後にレモン汁を加えてなめらかな生地にする。

なめらかになった生地を漉す。

漉すことで、クリームチーズのダマがなくなり、なめらかな生地に仕上がり、ふんわり膨らみます。

この生地を冷蔵庫に入れてメレンゲを作る間冷やしておく。

4,ボウルに卵白を入れて泡立て、グラニュー糖を数回に分けて加えメレンゲを作る。

この時、固すぎないメレンゲを作ってください。
目安は、おじぎをするくらいまで。(クリームチーズの生地と同じくらいの固さが理想です)

5,メレンゲの1/3量を冷やしておいたクリームチーズのボウルに加えて混ぜ合わせる。

メレンゲとクリームチーズの生地がほぼ同じ固さになっているので、ゴムベラでもきれいに混ざります。

混ぜにくい場合は泡立て器を使ってもOKです。

続いて、残りの1/3量をメレンゲのボウルに入れて、今度はゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。

最後の1/3量も同様に混ぜて全体になめらかな生地に仕上げる。

6,型に生地を流し入れたら、お湯を型の7分目くらいまで注ぐ。

200度に予熱しておいたオーブンを180度に下げて20分ほど焼き、120度に下げて30分焼く。

焼き時間やオーブンの温度はお使いのオーブンによって調節してみてください。

コツとポイント

クリームチーズを柔らかくして、しっかり練ることでなめらかな生地が作れます。

最初から泡立て器で混ぜてしまうと、泡立て器の中にクリームチーズが溜まってしまうので、
できれば、最初は木べらやゴムベラで混ぜていくとうまくいくと思いますよ。

クリームチーズの生地とメレンゲを同じくらいの固さに仕上げる

メレンゲを作っている間、クリームチーズの生地を冷蔵庫で冷やしておくと、

チーズがほどよく冷えて、とろみのある生地になっています。

この生地の状態とおじぎするくらいまで泡立てたメレンゲの生地の状態がほぼ同じ固さになっていると

混ぜたときに簡単に混ぜることができますよ。

まとめ

米粉でふんわりとろけるスフレチーズケーキの作り方を紹介しました。

米粉の優しい甘みとふわふわな食感がとっても美味しいケーキです。

コツはクリームチーズの生地とメレンゲを同じくらいの固さにして混ぜ合わせ、
お湯をたっぷり張ったオーブンで湯せん焼きすることです。

出来立ては本当にしゅわ~っと口に中で音を立てるようにとろけます。

しっかり冷やした1日後のケーキもふわふわとしゅわっととろける感じが味わえますよ。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる