セイロンシナモンとカシアシナモンの違いと使い分け。

美容

「シナモン」
と聞くと、最近はシミやしわに効くといわれ積極的に摂っている人もいると思いますが

実はシナモンには2種類あるということを知っていましたか?

色も風味も味わいも価格も、そして効果も全然違うこの2種類のシナモンについて、

今回は違いと上手な使い分けをご紹介していきます。

2種類のシナモンを上手に使いこなして、美肌を手に入れてくださいね♡

 

セイロンシナモンとカシアシナモンの違い

シナモンには セイロンシナモン と カシアシナモン があります。

大きな違いは産地。

セイロンシナモンはスリランカ産。
カシアシナモンはインド、中国、ベトナム、インドネシア、マレーシア産など(スリランカ以外ですね)

味や風味は?

まず、使うときにすぐに気が付くことは

セイロンシナモンは薄い茶色から肌色に近い明るい色合い。

それに比べて、カシアシナモンは濃い茶色をしています。

 

そして、次に感じる違いは香り

セイロンシナモンは優しい香りでほのかな甘みのある風味です。

カシアシナモンは香りが強く甘みとほろ苦い風味も少し感じる風味
ワイルドな香りと言ってもいいですね^^

 

味わい

セイロンシナモンは優しい香りと甘みなので、少量使いではシナモン感はそれほど強くなく、
シナモンの香りが上品に香る程度。甘みが増します。

カシアシナモンは、強い香りでシナモン感がたっぷり味わえます。
甘味も引き立ちますが、エキゾチックな風味も出てスパイス好きには好きな味わいかも。

栄養・効果の違いは?

見た目も味わいも香りも違うということは、栄養面でも期待できる効果も変わってきますよね。

両方のシナモンに共通する効果としては

・毛細血管を保護して修復してくれるため、シミやシワに効果的といえる。

・血管を広げて血液の循環をよくしてくれるため、冷え性に効果的と言われる。

また、シナモンを食べると体を温めてくれるとも言われていますよね。

・シナモンの香りはクマリンという成分が素になっていますが、この成分が癒しの香りとされ
シナモンでストレス解消したり、リフレッシュしたりできます。

・クマリンという成分はむくみを解消してくれることでも知られており、
むくみ予防にも効果的といえます。

 

大きな違いは・・・というと、

クマリンの含有量

カシアシナモンに多く含まれていて、セイロンシナモンにはほとんど含まれていない

 

クマリンは肝機能に悪影響を与えると言われていますが、
大量に摂取しなければ問題ないので、香り付け程度にシナモンを使っていれば大丈夫です。

先ほどもご紹介しましたが、
クマリンの成分によって、むくみを予防したり、抗酸化作用の効果もありますから、
サプリメントなどで多く摂取するのであれば注意が必要ですが、普段のスパイス使いなら問題ないと考えていいです。

 

2種類のシナモンを上手に使い分けよう!

シナモンには、セイロンシナモンとカシアシナモンの2種類あることが分かりました。

色、香り、味に違いがあり、価格にも違いが・・・

そうなんです。セイロンシナモンとカシアシナモンでは価格が全然違います。

私がよく使っているシナモンパウダー2種類で例を挙げてみますね。

セイロンシナモンは22gで450円程度。

カシアシナモンは20gで200円前後で購入できます。

 

セイロンシナモンの方が倍以上の価格になります!

 

 


ORGANIC SPICE 有機シナモン(パウダー)22g【セイロンシナモン/オーガニック/香辛料/調味料/オーガニック/肉桂/ にっけい/ニッケイ/エスビー/楽天/通販】【05P09Jul16】

 


スパイスファクトリー シナモンパウダー 20g

 

この差は大きいですよね。。。。。

 

高価だから体に良いというわけではなく、作るのに手間や時間がかかったり、原料が手に入りにくい等。

いろいろな要因で価格に影響しているだけのことです。

 

なので、この2種類のシナモンを上手に使い分けて使ってください。

 

焼き菓子やお料理に使う場合は、香りや風味が強いカシアシナモンを使って作ると
シナモンの風味を楽しむことができます。

それに、たっぷり使ってもカシアシナモンなら比較的お手頃価格で手に入るので
使いやすいですしね^^

ヨーグルトやアイスなどのトッピングやドリンクの仕上げにふりかけるなど
加熱しずそのまま食べる場合は、優しい香りと味わいのセイロンシナモンを使うと良いでしょう。

こちらは、少量をトッピングとして使うので、少し値段が高いセイロンシナモンを使っても
使う量が少ないのでなんとなく手が出せますよね。

 

あとはお好みで使い分けましょう。

これにはこのシナモン!という決まりはないです。

香りや味にはそれぞれに好みがあります。

私がおススメしている使い方でも、好みに合わない人もいるハズです。
また、逆に私がおススメしない使い方でも、この方が好き!という人だっていますよね。

自分のお気に入りの使い方を見つけるのも楽しみの一つだと思います。

ぜひ、お気に入りの使い方を見つけてシナモンの香りを楽しんでみてください。

 

まとめ

「シナモン」には、スリランカ産のセイロンシナモンと、そのほかの産地のカシアシナモンがある。

セイロンシナモンは値段が高めで、香りも優しく味わいもほのかな甘みと上品な風味。

クマリンの含有量はほとんどありません。

カシアシナモンは、セイロンシナモンに比べてお手頃で、香りが強くエキゾチックなワイルドな風味。

味わいも甘みにほろ苦味も加わりシナモンの強い香りで存在感が出ます。

クマリンの含有量が多いので、通常にスパイスとして少量使いで使用するなら問題ないですが
サプリメントなどで大量に摂取する場合には、肝機能を悪くする恐れがあるので注意が必要です。

 

使い分けは、風味や値段も考えながら、大量に使ったり、香りを楽しみたい焼き菓子やお料理には
カシアシナモンを使うのがおススメ。

また、トッピングに少量をふりかけて使う場合は優しい上品な香りのセイロンシナモンを使うと
少量でも美味しく楽しむことができるでしょう!

使い方に決まりはないので、自分のお好みの香りや仕上がりを見つけてみるといいですよね。

 

 

この記事を書いた人
Miwa

フードスタイルアドバイザーのMIWAです。
健康に目覚めて食を変えたことで
体質改善に成功したことを
皆様にもお伝えしたくて
さらに勉強し食に関する資格を取得しました。
食べて美しく健康になる秘訣をたぷり教えます!

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
美容
Miwaをフォローする
FoodStyleLab―フードスタイルラボ―

コメント