菊芋パウダーで簡単に美味しくダイエット!おすすめの食べ方とは

Food

菊芋には糖質の吸収を抑えてくれる役割を持っているというのはご存知でしたか?

糖質の吸収を抑えることができれば、
血糖値の上昇も抑えられ、ダイエットや糖尿病の予防にも役立ちます。

生の菊芋はなかなか手に入らなかったり、
欲しい時にすぐに食べることができませんが、
パウダー状になっていれば、いろいろなものに混ぜたり、かけたりするだけ!

簡単に菊芋を摂取することができます。

せっかくの菊芋パウダーですが、食べ方を間違えると効果を十分に発揮できなかったり
美味しくない・・・なんてこともあります。

そこで、今回はこのダイエットに効果的な菊芋パウダーを美味しく簡単に上手に取り入れるための
おすすめの食べ方を紹介していきます。

1回の量は小さじ1程度で十分!

しかも、1日に2~3回も食べれば、効果はみるみる発揮してくれます。

今回紹介する美味しい食べ方は、本当に美味しいので
逆に食べ過ぎないように注意してくださいね(笑)

スポンサーリンク

菊芋とは

 

はじめに菊芋について少しだけ紹介しておきます。

菊芋と聞くと、芋をイメージする人が多いと思いますが、
実は芋ではありません。

菊芋は根菜で黄色い花が咲き、食べる部分は見た目が生姜のようなものです。

私の近くのスーパーでは、あまり生の菊芋をみかけないので、
菊芋が食べたくても、なかなか食べることができないです。

菊芋は別名「天然のインスリン」と呼ばれていて
イヌリンが豊富に含まれています。

イヌリンは血糖値の上昇を抑える働きがあるため
菊芋パウダーを食事と一緒にとることで、糖質の吸収をゆるやかにしてくれます。

糖質の吸収を抑えることでダイエットできます。
食事で痩せる方法については、こちらで詳しく書いています。

 

この菊芋を上手に食事に取り入れることができれば、
簡単に!しかも美味しくダイエットすることができますよ!!

天然のインシュリンと呼ばれ、日本や欧米で人気のダイエットサポート菊芋パウダーについて

菊芋パウダーのおすすめな食べ方

菊芋パウダーは、私の食べた感想としては れんこんチップのような
根菜が持っているような独特の風味を感じる味です。

パウダーになっているので、ふりかけのようにかけたり
水分に混ぜて一緒に飲むという食べ方もありますが、
私のおすすめは、すりゴマのような感覚で食べる方が美味しいです。

そこで、菊芋パウダーを使って美味しく簡単に食べれる方法をご紹介していきます。

 

おにぎりに混ぜて

 

ふりかけのように使う方法です。

おにぎりを作るときに、塩や和風だしの素と菊芋パウダーをご飯に混ぜてから握ります。

 

菊芋は炭水化物や糖質と一緒に食べることで、糖質の吸収を抑えてくれるので、
おにぎりを普通に食べるよりは糖質を抑制できますよ。

しかも、塩や和風だしの素などと一緒に合わせると、すごく美味しい。

ほんの少しの塩気でまさにれんこんチップのような味に感じます。

美味しくて食べやすいので、食べ過ぎには注意してくださいね(笑)

 

和え物の衣作りに

 

 

野菜の和え物に少し加えると、風味が増して美味しく食べれます。

とくにおすすめは白和え。

水切りした豆腐を崩して白和えの衣を作ったら仕上げに菊芋パウダーを混ぜ込みます。

 

 

 

これでほうれん草やお好みの野菜をあえて白和えを作って食べてみてください。

香ばしい風味がアップして、より美味しくヘルシーな一品に変身しますよ。

 

 

サラダのドレッシングに。

 

イメージは胡麻ドレッシングですね。

米油やオリーブオイルと酢を混ぜたら菊芋パウダーを合わせてしっかり混ぜます。
ここに、お好みで塩、醤油や味噌、オイスターソースなどで軽く味付けしたら
簡単ヘルシードレッシングの出来上がり。

たっぷりの野菜にかけて食べてください。

ヘルシーというだけでなく、とても美味しいので、野菜がたっぷり食べれますよ。

 

ダイエットに効果的な食べ方

 

菊芋パウダーは糖質の吸収を抑えてくれるという嬉しい効果があるので、
ダイエットに上手に活用すれば、美味しく食べて痩せることができます。

ここで、食べ方にポイントがあります!

食事の最初や、糖質、炭水化物と一緒にとること。

なるべく糖質の多いものや炭水化物をとる前に菊芋パウダーを食べておくことで
より、糖質の吸収を抑えてくれるという効果を発揮しやすくなります。

ただ、食事の最初に菊芋パウダーだけを食べるというのは、なかなか難しいと思うので
先ほど紹介したように、野菜サラダのドレッシングにつかったり、和え物の衣に混ぜたりして
野菜から食べるように心がけるとダイエット効果が倍増します!

また、どうしてもダイエット中に炭水化物が食べたくなったら、
おにぎりに混ぜたり、サンドイッチの具に和えたりして一緒に菊芋パウダーを食べるとよいです。

 

1日に食べる量は?

菊芋パウダーは1回でティースプーン1杯が目安。

1日で2~3回ほど食べれば十分効果がでます。

つまり、
朝、昼、晩の3回の食事の最初に野菜と混ぜたりして菊芋パウダーを取ればOK!

すごく簡単でしょ。

一度にたくさん食べるのではなく、
少しずつを毎日続けることで、よりダイエット効果がアップします。

ぜひ試してみてください。

ぽっちゃりも糖質も菊芋におまかせ



まとめ

糖質を抑えてくれる役割がある「菊芋パウダー」のおすすめな食べ方について紹介してきました。

菊芋パウダーを取ることで、糖質の吸収をゆるやかにしてくれるため
おすすめの食べ方は、食事の最初や糖分、炭水化物と一緒に摂ると良いということ!

簡単で美味しい食べ方は、ドレッシングに混ぜて野菜にかけて食べる方法。

これなら、野菜をたっぷり食べれますし、食事の最初に野菜を食べることもダイエットには良いので
一石二鳥以上です!

また、和食にも合う和え物に使う方法。

これも野菜をたっぷり使って、胡麻和えのようにあえても良いですし、
おすすめは白和え。

菊芋パウダーがよく絡んで、野菜ともよくなじむので美味しく食べることができます。

また、ダイエット中には食べないようにしている炭水化物も、
どうしても食べたい!なんていう時には、
おにぎりに混ぜて食べる方法もおすすめです。

一緒に摂れば、普通に食べているよりは糖分の吸収を抑えてくれますからね!

ぽっちゃりの原因や糖質を絡めて排出!欧米で話題沸騰中のダイエットサポート食品「菊芋」の詳しい情報

ただし、気を付けてくださいね!!

美味しいので食べ過ぎに注意です。

とくにおにぎりにした場合は、食べ過ぎればやはり糖分の摂り過ぎになってしまいます。

菊芋の特性をよく理解したうえで上手に毎日の食事に取り入れて、
簡単に美味しくダイエットをしてみてください。

この方法が一番長続きしますよ!

 

 

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
そんな子供たちの子育てをしながら、自分の人生をもっと楽しみたくて日々いろいろなことに挑戦するのが好き。

ディズニー大好きで年に数回仕事がお休みの日にパークに行けるのを楽しみに仕事をしてます。
趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
Food
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました