ふんわり!ピスタチオ入り米粉の焼きドーナツ。岩塩がポイント!

米粉の焼きドーナツが大好きな我が家の子供たち。

おやつにいろいろなアレンジで作っているのですが、

今回ご紹介するのは、「ピスタチオ入り米粉の焼きドーナツ」です。

これは、子供たちが大絶賛してくれて、ほんのり塩味がお気に入りのようです。

小麦粉、卵、バター不使用なので、
アレルギーをお持ちのお子さんにもおいしく食べてもらえたら嬉しいです。

生地作りはとっても簡単!

あとはシリコン型の焼きドーナツ型に入れてオーブンで焼くだけなので、サッと作れますよ。

ぜひお子さんのおやつに、作ってみてください。

目次

岩塩がポイント!ピスタチオ入り米粉の焼きドーナツ

 

細かく砕いたピスタチオがたっぷり入った米粉の焼きドーナツです。

食べると「あれ!?」ちょっぴり甘じょっぱい味わいなんです。

これが我が家の子供たちに大好評で、何度もリクエストされます。

きび砂糖をいつもの焼きドーナツより控えめにして、少量の岩塩を加えるので、

ピスタチオの存在が引き立つ美味しさです。

ぜひ作ってみてくださいね。

米粉ドーナツではシリコンの型がおすすめです。
少ない米油でもきれいに型から外すことができますよ!
私が愛用しているのは、貝印の12個作れるミニドーナツ型と6個作れるポンデ型です。

材料

ミニドーナツ型12個分
米粉・・・75g
ベーキングパウダー・・5g
きび砂糖・・・20~25g(この範囲内でお好みで調節可能です)
岩塩・・・1g(1.0gまで量れるスケールで正確に量ってください)
豆乳・・・90g
米油・・・20g
ピスタチオ(みじん切り)・・20g (刻んであるタイプを使用しています)

岩塩は入れすぎると塩気が強くなってしまうため、1.0g正確に計量してくださいね。
私はいつもこちらのスケールを使用しています。
0.1gまで計量できるので、粉ゼラチンや寒天、ベーキングパウダーなどを計量するのにも便利ですよ。

作り方

準備:オーブンは180度に予熱する。
1、ボウルに米粉、ベーキングパウダー、きび砂糖、岩塩を入れて混ぜ合わせる。
2、豆乳を加えてよく混ぜ合わせる。
3、米油を加えてしっかり混ぜる。
4、刻んだピスタチオを加えたら生地の出来上がり。
5、シリコンのミニドーナツ型に生地を入れる。
6、180度に予熱したオーブンで15~20分焼く。
 

甘じょっぱさがおいしさの秘訣!

 

ナッツと塩味の組み合わせは相性抜群です。

きび砂糖を最小限にして、ほんのり塩味をつけて作ってみました。

食べると甘くてちょっぴりしょっぱい塩気。

ピスタチオのプチプチした食感と、この塩気が存在感しっかり出ています。

シンプルな米粉の焼きドーナツに飽きてきたら、ぜひ作ってみてください。

岩塩がポイント!

 

 

このピスタチオ入り米粉ドーナツは、岩塩がポイントです!

ぜひおいしい岩塩で作ってくださいね。

ちなみに、私はピンクソルトで作っていますよ~。

まとめ

米粉ドーナツのアレンジとして、簡単で美味しい!ピスタチオ入り米粉の焼きドーナツを紹介しました。
卵、小麦粉、バター不使用です。
ピスタチオの食感と岩塩のしょっぱさが引き立って、ついつい食べすぎてしまう美味しさです。
生地は全部混ぜ合わせるだけなので、刻んだピスタチオがあれば5分もかからず作れます。
あとはオーブンで焼くだけです。
よかったらぜひお試しくださいね。
アレルギーのお子さんにもおいしく食べてもらえたら嬉しいです。
よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる