春菊は子供の成長に欠かせない!生で食べるのがおすすめ。

Food

春菊って子供はあまり好きじゃない野菜ですよね。

うちの子供たちも、あまり好んで食べてくれなかったんです。

でも、春菊には子供の成長に欠かせないミネラルがたっぷり含まれていて
骨の成長を助けてくれる働きなどもあるんです。

では、どうしたら子供たちが「美味しい!」と食べてくれるのか?
これが問題ですよね。

実は、生で食べるのがおすすめなんですよ。

今回は、春菊が子供の成長に欠かせない大切な野菜ということ、
そして、子供たちが食べやすい調理法は、生で食べること。

という内容を詳しくお伝えしていきます。

私と同じく育ち盛りのお子さんがいる人は、ぜひ春菊を食生活に多く取り入れてみてください。

スポンサーリンク

子供の成長に欠かせない春菊の栄養素

 

春菊というと、鍋に入れるイメージが強くて、少しクセのある味ですよね。

なので、鍋に入れても食べるのはいつも大人。

でも、春菊の栄養成分をみてみると、
子供の成長に欠かせない大切な栄養素がたっぷり入っています。

ぜひ子供にも食べてもらいたい野菜の一つです。

βカロテン

βカロテンは視力を維持したり、髪の毛の生成を助けたり皮膚や粘膜を丈夫にしてくれます。

また、抗酸化作用があるので、免疫力の向上が期待でき、
喉や肺などの呼吸器系を守る働きもしてくれます。

βカロテンときくとほうれん草も多い野菜なのですが、
春菊の方がほうれん草や小松菜よりも多く含まれているのは驚きです。

ビタミンK

春菊には止血作用や血液を凝固してくれたり、カルシウムの吸収をよくさせる働きがあるので、

丈夫な骨作りに欠かせないビタミンです。

しかも、春菊にはカルシウムも含まれているので、より効果が出ますね!

ビタミン類

ビタミンK以外にも、ビタミンA(カロテン)、C、B群、Eなど

ビタミンが豊富に含まれています。

ミネラル

カルシウムやマグネシウム、カリウム、鉄など、成長期には欠かせないミネラルが豊富です。

もちろん、春菊だけ食べていればよいというわけではありませんが、

多くのミネラルが含まれているのは嬉しいですよね。

 

葉酸

造血のビタミンと呼ばれていて、貧血の改善にもよい栄養素です。

鉄分も多く含まれているため、葉酸を合わせて貧血に効果があります。

香り成分

春菊はほのかに香りがします。

独特な香りといってもいい個性の強い香りなので、好きな人もいれば、嫌いな人もいますね。

実はこの香りの成分がリラックス効果をもたらし、また胃腸の消化も活発にしてくれます。

 

子供の成長に欠かせない理由

春菊には、骨を作るカルシウムや、その働きをアップさせてくれるビタミンKが含まれています。

これから成長する子供たちには欠かせない栄養素です。

また鉄分や葉酸も含まれているので、貧血の改善にも効果があります。

そして、ほのかに香る春菊の香り成分はリラックス効果もあります。

反抗期はもちろんありますが、親に反抗したりすぐに怒ったりして
毎日イライラした生活をしていると、子供自身にもよくありません。

リラックス効果で気持ちを落ち着かせてくれる役割は、本当に大切ですね。

子供が食べやすいおすすめの食べ方

 

春菊の独特の香りで「あまり好きじゃない」という子供たちも多いです。

でも、生で食べると意外にも苦みや辛みが少なくなります。

サラダ

うちの子供たちは、サラダにしたら美味しいと食べてくれるようになりましたよ。

春菊のサラダを美味しく作るには、香りのあるオイルを使うのがポイントです。

オリーブオイルやごま油など。

オリーブオイルにも辛みや苦みを感じますが、春菊と合わせることで両方がなじんで
とても食べやすくなります。

また、ごま油の香りをつけることでも春菊のほのかな苦みを消してくれて
美味しいサラダになります。

オイルが決まれば、オイルの香りに合わせて岩塩や粉チーズ、醤油、オイスターソースなど

少し味を加えてサラダを作ってみてください。

想像以上に美味しくて食べやすいので、子供たちも食べてくれますよ。

ソースやドレッシング

 

生の春菊をオイルと酢やレモン汁と合わせてフードプロセッサーで混ぜるだけの簡単ソース。

見た目はバジルソースのようにも見えますよね。

同じように使えばいいので、サラダにはもちろん、パスタのソースにも使えますよ。

ゆで卵に添えたり、茹でたジャガイモと絡めても美味しく食べれます。

 

まとめ

春菊は子供にとっては食べにくい野菜の一つですが、

子供の成長に欠かせない大切な栄養素がたっぷり入っています。

骨を作ったり貧血を予防したり、免疫力をアップさせてくれるほか、
リラックス効果もあるので、イライラしやすい子供にならないためにも、

春菊を食べて健康に育ってほしいですよね。

おすすめは生で食べること。

生の方が春菊の苦みを感じにくく、また加熱に弱いビタミン類なども
栄養を逃さず食べることができます。

サラダにしたり、ソースやドレッシングにしたりして食べてみてください。

子供たちも始めのうちは春菊のサラダに抵抗を感じる子もいるかもしれません。

もしそうだったら、春菊にレタスやグリーンリーフ、キュウリやパプリカなど
他の野菜も合わせてサラダを作ってみるのがおすすめです。

しだいに、子供たちも生の春菊を「美味しい~」と食べてくれますよ。

成長期に欠かせない豊富な栄養を持つ春菊。

ぜひ毎日の食事に少しずつでも取り入れてみてくださいね。

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
子供たちと一緒に料理するのが楽しい毎日。
レシピは子供たちに伝えたいものや、子供たちが教えて~とリクエストがあったものをブログにレシピとして残しています。

趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。
ディズニー好き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
Food
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました