もずくの効果を活かす美味しい食べ方7選!美肌やストレスにも効果的

Food

もずくというと「もずく酢」を思い浮かべますよね。

この食べ方、とても効果的な食べ方なんです。
何となく当たり前に食べていますが、もずくの効果を酢が引き出してくれているんですよ。

もずくにはお肌の保湿を高めてくれる効果や
免疫力をアップさせてガン予防や胃潰瘍などの修復もしれくれる優れモノ。

まだまだ沢山あるもずくの効果をここでたっぷり紹介していきます。

そして、もずくには「もずく酢」以外にも美味しい食べ方があるんです。
せっかくなら美味しく食べて健康になりたいですよね。

もずく酢のアレンジなども含めて美味しい食べ方を紹介します。
ぜひ試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

もずくの効果

もずくには粘りやぬるぬるの成分であるフコイダンという成分が含まれていて、
これが素晴らしい働きをしてくれます。

もずくを食べると、どんな効果が得られるのか紹介していきます。

美容効果アップ!

フコイダンという成分は、粘膜を保護し、肌の保湿力を高めてくれます。
ということは、肌にハリやツヤが出て、しわを抑えてくれる効果が!

MIWA
MIWA

効果をアップさせたいなら、酢と一緒に食べるといいわよ。

酢には代謝を活発にさせてくれるという効果があるため、
もずくと酢を一緒に食べることで脂肪や糖分が燃焼しやすくなり、
美容効果が倍増します。

美肌だけでなく、毛髪にも良い効果があり薄毛の予防にもおすすめ。

それは、フコイダンが発毛促進因子の生成を促してくれるからなんですよ。

 

免疫力アップ

フコイダンは抗酸化力が強く細菌やウイルスを攻撃する免疫活性作用効果が素晴らしい成分です。

がん予防にも、胃潰瘍の原因であるピロリ菌を抑える効果もあり
すでに出来てしまった胃潰瘍も修復してくれます。

最近、胃腸の調子が悪いな~とか、ストレスが溜まっているかも・・・・。

そんな人は、ぜひもずく料理をメニューに取り入れてみてください。

 

腸内環境を整える

食物繊維が豊富なので、腸の働きが活発になります。

なぜか、というと、

食物繊維は腸の中の善玉菌のエサになるんです。
そうすれば、腸の中は善玉菌がより活発になり腸の働きがよくなるということ。

 

他にもビタミン・ミネラルが豊富

もずくには、ビタミンやミネラルが豊富で低カロリーなのでダイエットにも効果的

さらには、ヨウ素が含まれているので、
赤ちゃんの骨や脳を正常に発達させてくれる役割があり、妊婦さんにもおすすめの食材なんですよ。

 

美味しい食べ方7選!

もずくは、もずく酢だけでなく、他にもたくさん美味しい食べ方があります。

せっかくなら美味しく食べて健康になりたいですよね。

そこで、私がおすすめする美味しい食べ方を紹介します。
ぜひ参考にして気になったものは試してみてください。

まずは酢と合わせるもずくの食べ方のアレンジ。

イタリアンもずく酢

 

トマトとキュウリを加えてイタリアンカラーにしてみました。

さらに、オリーブオイルとレモンで仕上げることでさっぱりなのにコク旨!な味わいです。

いつもと違うもずく酢で美味しく食べてみてください。

詳しい作り方はこちら

 

カニカマのもずキウイ

 

これは、市販のもずく酢(味付けされているもずく酢)を使うので、だれでも作れる簡単レシピ。

カニカマを割いたものと、キウイフルーツをカットしたものを合わせるだけです。

ちょっといつものもずく酢に飽きたな、というときのおすすめな食べ方です。

 

もずくと苺の柚子胡椒レモン

 

もずくと苺の組み合わせです!

みーさん
みーさん

もずくと苺って?合うの?

MIWA
MIWA

苺の酸味と甘みが意外にも合うのよ。しかも柚子胡椒とレモンで味がしまって美味しくなるの!

もずくはフルーツとの相性も良いんです。

先ほどはキウイフルーツでしたが、苺も酸味と甘みがあるので美味しい組み合わせになりますよ。
レモンとオリーブオイルで味を調えて、柚子胡椒でパンチを付けてみてください。

ちょっぴり大人味ですが、なかなかのおいしさです。

気になる人は、こちらで詳しいレシピを紹介しています。

 

豆腐ともずくのトマトドレッシングサラダ

もずく酢をサラダにもアレンジできます。

お豆腐を組み合わせるので、胃に優しいサラダですよ。

ここではリンゴを組み合わせて使っています。
リンゴの酸味や甘味ともよく合うので一度試してみてくださいね。

詳しいレシピはこちら

 

切干大根のもずく酢和え

 

これも市販のもずく酢を使って作れる簡単な一品。

切干大根と合わせることで栄養も食感もアップするので、ちょっとした箸休めにピッタリです。

大葉や生姜を加えると、よりさっぱりと美味しく食べれますよ。

詳しい作り方はこちら

 

もずく酢以外のおすすめ料理

もずく酢のアレンジを5つ紹介してきました。

今度は、スープやおかずになる料理をご紹介します。
どちらも私が大好きなもずく料理で、とっても美味しいのでおすすめです。

坦々風スープ

これは私が大好きな担々麺をもずくで作れないか、と考えたものなのですが、
なかなかのおいしさ!

食べたら病みつきになりますよ。

このスープにも酢を少し加えています。
味がしまって美味しくなりますし、担々麺により近い味になるんです。

量などはお好みで加減してみてください。

詳しいレシピはこちら

 

もずくのカリッふわッ小判焼き

 

これはもずくがメインのおかずにもなってしまう!というもの。

お弁当にも入れたりしてます。

はんぺんを使って簡単に作れるおかずですが、焼くとまた違ったもずくのおいしさを感じますね。

もずくの天ぷらを作ろうと思いながら、変化していったレシピです(笑)
でも、簡単なのに美味しくて、我が家では大好評のおかず。

気になったらぜひ一度試してみてください。レシピはこちらです。

 

そのまま使えるもずく

 

スーパーにはいろいろなもずくが売られています。

味付けしてある「もずく酢」だったり、塩漬けにしてある「生もずく」だったり。

その中で私がよく使っているもずくが、とても使いやすくて便利なので紹介します。

「そのまま使えるもずく」というもの。

 

売っているスーパーと売られていないスーパーがあるので、
もし近くのスーパーで見つけた人はラッキー☆

これ、塩抜きする必要もなく、洗う必要もないので、
袋からだしたら、そのまま必要な分だけを味噌汁に加えたり、調理することができるのです。

簡単で、もずくの食感もしっかりしていて美味しいので、おすすめです!

 

まとめ

もずくには、フコイダンというヌルヌルのもととなる成分が含まれていて、
これが様々な効果をもたらしてくれるということが分かりました。

お肌の保湿を高めてくれて、美肌に効果があります。

また、抗酸化作用が強いので、がん予防や免疫力のアップ、
胃潰瘍の修復や原因となるピロリ菌を抑えてくれるという効果もあります。

他にも、食物繊維が豊富なので胃腸の働きを良くしてくれたり活発にするので
ストレスが溜まっている人にも良い効果が期待できます。

酢と組み合わせることで、代謝が良くなり、美容効果などがより高まります。

もずくのレパートリーが少ないという人も多いですが、
今回はアレンジやスープ、おかずなど7つのおすすめ料理を紹介しています。

気になったものがあれば、ぜひ試してみてください。

美味しく食べながら健康になる、というのが私の理想なので、
ぜひみなさんも美味しく健康になる食事をしてみてくださいね。

 

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
子供たちと一緒に料理するのが楽しい毎日。
レシピは子供たちに伝えたいものや、子供たちが教えて~とリクエストがあったものをブログにレシピとして残しています。

趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。
ディズニー好き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
Food
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました