初心者でも超簡単!万能で美味しい塩ゆで豚を圧力鍋で作る方法

Food

みなさん「万能塩ゆで豚」を知っていますか?

簡単すぎて美味しすぎるこの塩ゆで豚が何にでも使えて超~便利なんです!

 

毎日のおかず作り、「今日は何にしようか~」と悩んでいませんか。
特に仕事をしている人にとっては、仕事から帰ってきてから夕食作り。

そんな時に便利なのが作り置きおかず

時間があるときに作っておけば、あとは少し手を加えれば毎日違ったおかずの出来上がり!
とはいうものの、作り置きおかずも何を作ろうか悩みますよね。

そんな時に役立つのが「万能塩ゆで豚」なんです。

このゆで豚、本当に万能なんですよ。

作り方は圧力鍋におまかせ。ほったらかしでOKです(笑)
分量も適当で作れてしまうから、誰でも作れます。
しかも、味はめちゃくちゃ美味しい!

お肉は箸で崩れるほど、ほろほろに柔らかく、茹で汁まで美味しくて使えます。
こんな万能過ぎて美味しすぎる塩ゆで豚を知らないなら、ぜひ知っておくべきだと思います。

私は豚ロースの塊肉が安く手に入る時は必ず買ってきて作っています。

まだ知らない、という人はこの万能塩ゆで豚をぜひ自分の作り置きメニューに入れてみてください。
毎日の食事の準備がすごく楽になりますよ。

スポンサーリンク

万能塩ゆで豚とは

豚ロースの塊肉を使って作ります。
名前の通り塩で茹でる茹で豚のことです。

なので、材料もいたってシンプル。
豚ロース塊肉、塩、水、(お好みで生姜やネギ)

お肉をよく洗って水気をふいたら、塩を適当にまぶしつけてよくすり込みます。

塩の量はお肉の大きさに合わせて調節しますが、圧力鍋の直径ほどの長さの豚ロース塊肉なら
指3本くらいでつまんだ塩を4回分くらいお肉にまぶしてすり込んでいます。

これを圧力鍋に入れ、水をお肉がかぶるくらいたっぷりと入れましょう。

 

この時に、もし冷蔵庫にあれば生姜のスライス4~5枚と、ネギの青い部分を1本分ほど一緒に入れます。
なければ、塩をすりこんだお肉だけで茹でても大丈夫です。

もちろん、生姜とネギを入れたほうが臭みが消え、生姜の風味がプラスされて美味しくなりますが、
そのままでも充分に美味しい仕上がりになります。

 

火にかけて、しばらくすると、モコモコとアクの泡が出てきます。

出てきたら火加減はそのまま。もっとアクを出す気持ちで!決して火を弱めたりしないこと。

このアクをきれいにすくって取り除きます。

 

このゆで豚を美味しく作るコツといえば、このアク取りだけです。

とにかくアクをしっかり取ってから加圧をします。

アクが取れたら圧力鍋の蓋をして、強火にかけ圧がかかったら弱火にして35分加圧します。
加圧時間によってお肉の柔らかさが変わってきますが、
お箸でほろほろっと崩れる感じは35分加圧でした。

30分でもしっかり火が通り柔らかく仕上がるのでいいですが、
この柔らかさ加減などは好みなのでいろいろ試してみるといいですよ。

加圧後はそのまま冷まして自然冷却します。

 

つまり、アク取りが終わって火にかけたら、あとはほったらかしでOK。
他の料理を作っていても、全然違うことをしていても、お肉はしっかり柔らかくなってくれますよ。

 

自然冷却が終わったら蓋を取ってお肉をとりだし、スープと一緒に保存しておきます。

これで万能塩ゆで豚の出来上がり。

ホントに簡単です!

万能塩ゆで豚の活用方法

豚ロースの塊肉で作った万能塩ゆで豚。

塩をまぶしただけなので、シンプルに塩の味を感じる煮豚です。

だからこそ、いろいろなお料理に使えます!

茹で豚として

もちろん、茹で豚としてそのまま食べても美味しいです。

 

この時、塩加減が薄いと味も薄くなりますので、

そんな時は

わさび醤油やポン酢などを添えて、さっぱり食べるのが私は好きです。

ヘルシートンカツ

この塩ゆで豚を使ってヘルシートンカツも作れます!

トンカツを作る要領でカットした塩ゆで豚に衣をつけて揚げ焼きにします。

もうお肉はしっかり火が通っているので、パン粉がカリッと焼けたら出来上がり。

簡単で、お肉がとっても柔らかく、ほんのり塩の味でお肉の旨味がよく出ていますよ。

豚の角煮風

豚の角煮風な一品が簡単に作れます。
これはお弁当にもおススメですよ。

塩ゆで豚を角煮風にカットしておき、甘辛ダレを作ってフライパンで絡めて照りよく仕上げるだけ!

甘辛ダレは、酒・みりん・醤油・(甘みを強くしたい場合はお砂糖を加えてもいいですよ)
これをフライパンで煮詰めながらお肉も入れて一緒に絡めていくだけです。

 

サラダに加える

塩をきかせて作っているので、そのまま角切りにしたりしてサラダにトッピングしても
簡単で美味しいサラダが出来上がりです。

 

ご飯と炒めてチャーハン風に

サイコロ状にカットしてご飯と一緒に炒めたら、とっても美味しい炒飯が作れますよ。

ゴロゴロっとお肉が入っていると存在感もたっぷりで美味しさも嬉しさも大満足ですね!

スープに入れて

豚肉なので、どんなスープでもよく合います。

私はワカメやネギを加えたワカメスープにこの塩ゆで豚を加えるのが好きです。

 

茹で汁の活用法

塩ゆで豚を作ったら、たっぷりの茹で汁が一緒に出来上がります。
これがまた美味しすぎるんです。

この茹で汁でスープを作ると最高に美味しいです。

先ほど紹介したワカメとネギのスープも、このゆで汁を使えば本格的な中華スープになります。

もっとおススメなのがラーメンです。

 

このゆで汁を使ってスープを作ります。

醤油ラーメンなら、醤油を味をみながら加え、胡椒でパンチを加えて味をととのえると完成。

味噌ラーメンも、自分の好きな味噌を溶いて作れば最高に美味しい味噌ラーメンになります。

塩ラーメンにしたい場合は、塩を加える前に少し白だしを加えておくと、より美味しくなります。

 

ラーメンのトッピングのお肉には、万能塩ゆで豚を使えば手作りのラーメンの出来上がりです。

 

今日作りたいけど、ラーメンの麺がない!なんて時は、ラーメンではありませんが
野菜スープとして、モヤシで作ったり、キャベツで作ったりしても美味しいですよ。

まとめ

簡単で美味しすぎて超~便利な茹で豚「万能塩ゆで豚」を圧力鍋で作る方法を紹介しました。

作り置きにとっても便利なこの塩ゆで豚。

作り方は圧力鍋でほったらかしでOK!という簡単さ。

美味しさはめちゃくちゃがつくほどの美味しさで、豚ロース塊肉をみると買って作りたくなるほど。
ほろほろとお箸で崩れるような柔らかい仕上がりになります。

使い方はたくさん!

そのままゆで豚としても美味しいですが、アレンジの方がより楽しめますね。

トンカツ風にしたり、角煮風に仕上げたり、スープに入れたり、サラダを作ったり。
本当にいろいろ使えます。

塩でシンプルに味付けしただけなので、醤油で味を絡めたりすることで
全然違った料理に変身させることも可能ですよ。

さらに美味しいのが茹で汁!

このゆで汁で作ったスープが絶品なんです。
冷蔵庫にある野菜を茹でてスープにしたり、おすすめはラーメンを作ること。

豚ロースの旨味と脂分がほどよく溶けた美味しいスープは、
このスープのために煮豚を作ろかな、なんて思うこともあるほどです。

作っておけば、いろいろな料理に使えるので、ホントにハマりますよ~。

知らなかった!という人はぜひ作ってください。
毎日の食事の準備がとっても簡単で楽チンになりますよ☆

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。永遠に23歳。(と思ってます)
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。子育てしながらも自分の人生をもっと楽しみたいという思いと
明るい未来は自分で作らなきゃ!という考えで、毎日を生きてます。

食べ歩き、旅行、芸術鑑賞が趣味。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
Food
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました