シナモン香るリンゴの米粉マフィン。卵・バター・豆乳不使用

いつも米粉のケーキを作るときは、豆乳を加えて作ることが多いのですが、

今回は豆乳も使わず作れる簡単なケーキを紹介します!

水で作ると、米粉感がかなり出てしまうので、シナモン風味のリンゴを加えて作ります。

リンゴの甘味と酸味、シナモンの香りがほのかに感じられる優しい味の米粉マフィンです。

卵、バター、小麦粉、豆乳不使用なので、アレルギーがあるお子さんでも食べてもらえるおやつです。

混ぜて焼くだけなので、ぜひ作ってみてくださいね。

目次

シナモン林檎の米粉マフィン

リンゴを使った甘酸っぱいマフィンを米粉で作ります。

水分は水でOK。シナモンの香りとリンゴの酸味が感じられるしっとり&もっちりの米粉マフィンです。

卵もバターも使わないので、気軽に作れる簡単おやつ!

ぜひ作ってみてくださいね。

材料

ミニマフィン型6個分

◎米粉・・・100g
◎ベーキングパウダー・・・5g
◎きび砂糖・・・40g
☆米油・・・20g
☆水・・・100ml
リンゴ・・・50g
シナモンパウダー・・小さじ1

リンゴは皮つきのまま使用しています。(皮にも栄養が含まれているので)
でも、気になる人は皮をむいて使っていただいて大丈夫です。

お砂糖は健康のために我が家ではきび砂糖を使用しています。
甜菜糖でも代用できます。もちろん、なければグラニュー糖や上白糖でも作れますが、
甘みが変わってくるので加える量を加減してみてください。

作り方

準備;オーブンは180度に予熱しておく。

1,ボウルに◎の粉類を入れ混ぜ合わせる。

  ここに、☆の米油、水を加えてよく混ぜる。

2,リンゴを角切りにし、生地に加える。
  (皮つきのまま角切りにしています。気になる場合は皮をむいてください)
  生地にリンゴとシナモンパウダーを加えてざっくりと混ぜ合わせる。

3,ミニマフィン型に生地を入れ180度に予熱したオーブンで20分焼く。

水と豆乳の違い

このレシピを作る前に、シンプルな米粉だけの生地を水と豆乳で作って比べてみました。

同じ分量だけ豆乳と水を加えて作ったら、豆乳で作ったほうがふんわり。
水で作ったものは、少しべたっとした仕上がりに。

水で作る場合は、豆乳よりも分量を減らした方がふんわり仕上がるようです。

そして、味。

豆乳で作ると、豆乳の風味も加わるので米粉感が少なくなりますが、
水で作ると、しっかり米粉の風味になります。

今回のようにフルーツやスパイスを加えて香りを楽しむ場合は、
水で作ることでよりフルーツやスパイスの風味を感じられ、米粉感も和らぐ気がしました。

このレシピは水でも美味しく仕上がるので、

リンゴとシナモン、米粉、油があれば簡単につくれます。よかったらお試しくださいね。

まとめ

シナモン林檎の米粉マフィンを紹介しました。

米粉で作るケーキに私はよく豆乳を使うことが多いのですが、今回はあえて水を使って作ってみました。

シナモンの香りとリンゴの酸味や甘味を活かして、なおかつ米粉感が全面に出てこない味に仕上がっています。

ぐるぐると混ぜて作れるので、お子さんもお手伝いして一緒に作ることができます。

簡単おやつにぜひ作ってみてくださいね。

繰り返し使えて、型からの取り出しも簡単なシリコンのカップがあると便利です。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる