旨い!「豚キムチ炒め」子供も絶賛する美味しい作り方!

レシピ

豚キムチってなんであんなに美味しいんでしょう!

しかも、豚肉もキムチも疲労回復などに効果があり体にとてもよい食材。

美味しいものを食べて健康になる!ってまさに「豚キムチ」かな、なんて思ったりします(笑)

今回は、子供たちまで絶賛して食べてくれる美味しい作り方を紹介します。

キムチの美味しいところを引き出して、子供でも食べやすくまろやかな仕上がりにするので

大人も子供も大好きな味で、ご飯が進み過ぎますよ。

ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

子供も大絶賛!旨い「豚キムチ炒め」

 

豚キムチの美味しい作り方を紹介します。

合わせる野菜はいろいろありますが、今回はあえてシンプルに玉ねぎと豚肉とキムチです。

このシンプルな豚キムチをベースに、冷蔵庫の残り物野菜や、特売の野菜、

旬の野菜などを加えて栄養満点にアレンジして作ってみてくださいね。

材料

 

(2人分)

豚肉・・・300g(豚こま肉を使っています。豚バラ肉でも美味しく作れます。お好みで)
※酒・・・大さじ1
※醤油・・大さじ1
※片栗粉・・大さじ1
※米油・・大さじ1

玉ねぎ・・1個
白菜キムチ・・・200g
すりゴマ・・大さじ3
ごま油(炒め用)・・・小さじ1

仕上げ用 薬味ねぎ・・・1本

調整用味付け
〇醤油・・・大さじ1
〇ヨーグルト・・・大さじ1

調整用味付けは、キムチの発酵具合や塩分によって味の仕上がりが違ってくるため
味をみた時、塩気や酸味が足りない場合に加える調味料です。

作り方

1、キムチは食べやすい大きさにカットしておく。

玉ねぎは繊維に沿って1㎝ほどの厚みでスライスする。

豚肉は下味用※の酒と醤油を加えてよくもみこむ。

もみこんだら、片栗粉をまぶし、全体にからめる。

最後に米油を加え、お肉の表面をコーティングするようにまぶしておく。

これで豚肉の下味はOKです。

2、フライパンにごま油を入れ熱したら、下味をつけた豚肉を入れほぐしながら炒める。

 

お肉に油をからめているので、ほぐしやすいです。

3、豚肉にある程度火が通ってきたら(豚肉の色が変わってきたら)玉ねぎを加える。

玉ねぎは少し厚めにカットすることで、存在感が出て食べたときのボリューム感が違います。

ここで、蓋をして蒸し焼きにする。
4、玉ねぎがしんなりして、豚肉も完全に火が通ったら、蓋をとる。
ここで、キムチを加える。
全体によく混ぜてキムチをからめていく。
5、味をみて塩分が足りない場合は醤油を。
  酸味が足りない場合はヨーグルトを加えて味付けする。
  味が整ったら、すりゴマを加えて完成。
盛り付けたら、薬味ネギをちらして完成。

美味しく作るポイント!

シンプルな材料なのに、美味しく仕上がるのは、いくつかのポイントがあります。

豚肉に下味をつける

 

豚肉は豚キムチの場合、豚バラ肉を使うことが多いですが、
脂身が多いので、我が家は豚こま肉を使っています。

これはお好みで、どちらでも美味しく作れますよ。

ポイントは、豚肉に下味をつけておくこと。

酒と醤油だけですが、しっかりもみ込んでおきましょう。

そして、片栗粉で下味を閉じ込めます。さらに米油で旨味をガードしておきましょう。

これだけで美味しさが数倍も違ってきます。

玉ねぎは少し厚めにカット

玉ねぎは加熱すると甘味が出てきます。
このあと、蓋をして蒸し焼きにするため、少し厚めにカットしておくとより甘味を感じます。
この甘味が子供たちにも食べやすくするポイントになります。

蒸し焼きで旨味を引き出す

豚肉と玉ねぎを炒めたら、蒸し焼きします。
蒸し焼きすることで、豚肉にからめた片栗粉がいい具合にお肉の旨味をコーティングします。
また、玉ねぎがじんわりと甘みを増して美味しくなります。
冷蔵庫の残り物野菜を加える場合に、火を通したい野菜は
ここで一緒に加えて蒸し焼きしてください。
生でも食べれて、サッと加熱すればOKの野菜はあとで加えてください。

すりゴマをたっぷり加える

我が家流「豚キムチ」の美味しさのポイントはこのすりゴマたっぷりにあります!
ゴマのコクがキムチとよく合うんです。
また、キムチが発酵し過ぎて酸味や辛みが強い場合でも、すりゴマを加えることで、
まろやかになり旨味へと変化して子供も食べれる美味しさになります。

キムチの状態に合わせて味を調節

キムチは発酵食品なので、毎回同じ味ではありません。
今日のキムチと明後日のキムチでは発酵が進んで味も違ってきます。
そのため、同じ豚キムチでも、「今日はなんか前作った時より美味しく感じない」
そんなことがないように、味を調節しましょう。
キムチの塩分が足りない場合は、塩分と風味をつけるために醤油を加えます。
酸味が物足りないと感じた場合は、プレーンヨーグルトを加えてみてください。
味を調節することで、自分や食べる人の好みに合ったおいしい豚キムチが作れますよ!

他の野菜を加える場合のタイミング

シンプルに豚肉とキムチと玉ねぎだけで作りましたが、
冷蔵庫の残り物野菜などがあれば、ぜひ入れてください。
この場合、入れるタイミングは、火を通したい野菜は玉ねぎと同じタイミングで加えます。
蒸し焼きすることで、野菜の旨味や甘味がアップします。
生やサッと火を通すだけで大丈夫な野菜はキムチを加えたあとに入れてサッと炒める程度でOK。
小松菜の葉の部分を加えた時は、キムチをからめた後にサッと炒めて作りました。

まとめ(おさらい)

豚キムチ炒めの美味しい作り方は、
・豚肉に下味をつけておく。
・玉ねぎは大きめにカットする
・蒸し焼きで甘味や旨味をしっかり出す
・キムチの味に合わせて味付けを調節する
・すりゴマをたっぷり加えてコクと旨味をプラスする
これです。
子供たちが「美味しい~」と絶賛して食べてくれる豚キムチ炒め。
ぜひポイントをおさえて作ってみてくださいね。
この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
子供たちと一緒に料理するのが楽しい毎日。
レシピは子供たちに伝えたいものや、子供たちが教えて~とリクエストがあったものをブログにレシピとして残しています。

趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。
ディズニー好き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
レシピ
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました