バタフライピーの青いキラキラゼリー。寒天で作る簡単レシピ!

バタフライピーというハーブティーを知り、気になってお取り寄せしました。

淹れてみるとなんとも素敵な色!

この綺麗なブルーはレモンなど柑橘系のものを加えると紫色に変化して、この現象も神秘的。

今回は、このバタフライピーを使ったゼリーを紹介します。

青色と紫色の2カラーでカクテルグラスに盛り付けてキラキラ輝くカクテルゼリーにしてみました。

寒天で作るので固まる時間も早くて簡単に作れます。

この色はアントシアニンという成分で、体に嬉しい効果のある成分なので、
美容と健康にも良いゼリーに仕上がってます。

気になる人はぜひお試しください。

目次

バタフライピーの青いカクテルゼリー

バタフライピーはクセのないハーブティーなので、きっと誰でも食べやすいゼリーになります。

この青色は自然の色!天然の色素なので安心して食べれますし、

この色はアントシアニンという成分なので、目の疲れやお肌にも嬉しい効果があります。

ぜひ作ってみてくださいね。

材料

約4人分

バタフライピー・・・ドライの花5~6個
熱湯・・・600ml

粉寒天・・・3g
グラニュー糖・・30g(甘さ控えめの量です。お好みで増やしてください)

レモン汁・・・小さじ1(色を紫色に変えるために使います)

作り方

1,ティーポットにドライのバタフライピーの花を5~6個入れて熱湯を注ぎ青いハーブティーを淹れます。

  鍋に淹れたハーブティー600ml分と粉寒天、グラニュー糖を加え沸騰させて寒天を完全に溶かします。

2,寒天が溶けたら寒天液を400mlと200mlに分け、200mlの方にレモン汁を加えて色を紫色にする。

 右側の写真がレモン汁を加えたもの。

 ピンクがかった紫色に変化しています。

3,冷蔵庫で冷やし固めたら、フォークで軽く崩し、グラスに盛り付ける。

バタフライピーについて

バタフライピーはマメ科の植物でお茶として飲むと、ほとんどクセがなく言い換えれば味があまりない感じ。

じっくり味わうと、ほんのりお豆の味を感じました。

お花を乾燥させたドライタイプのものを使ってハーブティーを淹れてみました。

私が使っているのは、こちらの業務用お得サイズのバタフライピー。たっぷり入ってお得なので毎日のホッとした息抜きティータイムに飲んだり、スイーツ作りに使っています。

お花を5~6個ティーポットに入れて500mlほどお湯を注ぎそのまま3分くらい待つと、
じわじわと色が出てきて、鮮やかなブルーになっていきます。

このままでもいいですが、あまり味がないので、ミントやレモングラスをブレンドして淹れると
もっと美味しくなります。

レモン汁を加えると、色が紫色に変化するので、青色を楽しみたい場合には気を付けてくださいね。

寒天で作ると時短でヘルシー

粉ゼラチンを使って作るプルプルっとしたゼリーも好きなのですが、

今回は早く固めて仕上げたかったので、寒天を使いました。

粉寒天を使えば沸騰させて溶かすだけなので、とっても簡単に作れます。

また、固まる温度も60度以下になると固まり始めるので、早く作りたい!早く食べたい!!という人には

寒天ゼリーはおすすめ。

しかも、寒天は食物繊維が豊富なので、ヘルシーなスイーツになります。

まとめ

バタフライピーというハーブを使って天然の青色で作ったキラキラっと輝く色の青いゼリーを紹介しました。

熱湯を注いで数分後には鮮やかな青色になり、とってもきれいな色のゼリーが作れます。

しかも天然の色なので安心。

さらに、この色はアントシアニンという成分なので、疲れ目やシミなどの美肌対策にもおすすめの成分です。

キラキラ感を出すために、寒天で作ったゼリーを軽く崩して盛り付けています。

宝石のような仕上がりで、見た目を惹くスイーツになりそうですね~。

気になる人はぜひお試しください。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる