フォンダンショコラ風とろけるチョコケーキがトースターで5分!

バレンタインが近づいてくると毎年チョコレートケーキをいろいろ試作します。

今回は、とにかく簡単でオーブンも使わず作れるチョコレートケーキを考えてみました。

おうちで楽しめる熱々のチョコレートケーキは、とろける食感も幸せを感じますよね。

今回紹介するレシピはオーブンを持っていない人や、すぐに食べたい!という人にも作ってもらえるよう
トースターで焼いて作るチョコケーキです。

中からとろけるチョコが出てくるフォンダンショコラ風に仕上げてみました。

とろとろなので、ココットで作るのがおすすめです。

またココットに生地を入れたら冷凍もできるので、ここまでを作っておけば本当に食べたいときに焼くだけで完成です。

ぜひおうちバレンタインを甘い熱々のチョコケーキで過ごしてみてくださいね。

目次

トースターで5分!簡単とろけるチョコケーキ

フォンダンショコラ風のとろけるチョコケーキがとにかく簡単に作れるようにと、考えてみました。

できるだけ材料もシンプルに、バターも使わず作れるレシピです。

おうちで熱々のチョコケーキを楽しんでみてくださいね!

材料

ミニココット4個分

チョコレート・・・50g

◎卵・・1個
◎きび砂糖・・・15~20g(甘さはお好みで調節可能です)
ココアパウダー・・5g
米粉・・・5g(なければ小麦粉でも代用可)

チョコレートはブラックチョコを使用しました。
できるだけカカオが多いチョコレートを使うほうが濃厚な仕上がりになりますがお好みでどうぞ(参考までに)

作り方

1,ボウルにチョコを割入れて湯銭にかけ溶かす。

2,別のボウルに卵ときび砂糖を入れふんわりするまで泡立てる。ハンドミキサーを使って(チョコを溶かしたお湯を使い)湯銭にかけて泡立てるとふんわり泡立ちます。

3,溶かしたチョコを加えたらゴムベラで混ぜ合わせる。

4,ココアパウダーと米粉を加えて混ぜ合わせる。(ココアパウダーはだまになりやすいのでふるってから加えてください)

5,生地をココットに入れる。

6,トースターで5分ほど焼き、ふんわり膨れてきたら取り出す。

トースターは500W程度の火力でOKです。あまり強いと膨らまないうちに焦げてしまうので気を付けてください。

冷凍もできる!

冷凍もできるので、生地だけ作っておいて食べたいときに焼くだけ!ということも可能です。

ココットに生地を入れた状態で冷凍します。

冷凍した生地の焼き方は、冷凍庫から出しそのままトースターで10分ほど焼くだけです。

あらかじめ前もって冷凍庫から出しておけば、焼き時間が少し短くなります。
冷凍状態によりますが、10分前後でふんわり生地が膨れてきます。
普通に焼いた場合と同様に火力が強すぎると表面だけが焦げてしまうため、様子をみながら焼いてください。

焼くときの注意

このケーキの場合は弱めの中火程度でじんわり焼くと、ふんわり膨れてきます。

そして、中はとろとろに仕上がります。

強めの火力で焼いてみたら、表面が焦げました(汗)(写真下)
中はとろとろになっていましたが、表面がこげないためには、あまり強くないほうがいいですね。

とろけるチョコとふんわりチョコケーキ

真ん中はチョコがとろけて、スプーンですくって食べたほうがいい食感。
まわりの部分はふんわりしたチョコケーキのような感じになっています。

とろけたチョコで焼き上がりがとっても柔らかいので、ココットで作るのをおすすめします。

紙のマフィン型の場合は、崩れやすい点とトースターで使用できないものが多いためおすすめしません。

(紙のマフィン型を使う場合はトースターで使用可能かどうかを確認の上、使ってくださいね)

まとめ

とろけたチョコが中から出てくるフォンダンショコラ風のチョコレートケーキが

トースターを使って簡単に作れるレシピを紹介しました。

材料も最小限にして、とにかく簡単で、
しかもとろける食感とケーキのふんわり感を両方たのしめるように考えてみました。

焼き時間も短いので、食べたいときにすぐに食べれます!

ぜひ熱々のとろける甘いチョコケーキで、おうちバレンタインを楽しんでみてください。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる