「米粉とココアのもっちり焼きドーナツ」工程2つで簡単!

米粉スイーツの中でも、卵とバターを使わないスイーツは混ぜるだけで作れてとっても簡単!

もっちりした食感が好きなら、きっと美味しく食べてもらえるスイーツです。

今回はバレンタインやチョコ好きな人におすすめのココア風味の焼きドーナツを紹介します。

甘さを控えめにすればビターな大人の味わいに。

甘味をしっかり加えると、甘いチョコのような味わいがチョコを加えていなくても味わえます。

工程2つ!とっても簡単なので、お子さんと一緒に作ってみてくださいね。

目次

米粉とココアのもっちり焼きドーナツ

今回はシリコンのミニドーナツ型(12個分)が作れる分量で作り方を紹介します。

シリコンの型は取り外しが簡単できれいに生地が型から取れるのでおすすめですよ!

こちらの型を使用しています。

材料

ミニドーナツ型12個分

米粉・・・75g
ココアパウダー・・・10g
きび砂糖・・・30g~40g(甘味は調節可能です)
ベーキングパウダー・・・5g

豆乳・・・90g
米油・・・15g

きび砂糖の量は私は30gで作るのが好きですが、甘みの好みは人それぞれですので、
40gまで増加しても大丈夫です。
また、出来上がった焼きドーナツに溶かしたチョコをかけたりする場合は30gで作るのがおすすめです!

作り方

準備:オーブンを180度に予熱しておく。

1,米粉、ココアパウダー、きび砂糖、ベーキングパウダーの粉類を合わせて混ぜておく。

2,豆乳と米油を加えてよく混ぜる。

これで生地が出来上がりです!

シリコンの焼きドーナツ型に生地を入れ、180度に予熱したオーブンで15分焼く。

焼く前と焼いた後です。

米粉なのでそれほど膨らみませんが、ふんわり、もっちり、しっとりした食感に仕上がります。

型から取り出すコツ

せっかくきれいに焼けたのに、型から取り出すときに失敗してしまうと、なんとなく残念ですよね。

(味は美味しいですが、気分的にね・・・)

そこで、シリコンの型を使った場合のコツを紹介します。

米粉の焼きドーナツの生地は焼き立てはとっても柔らかいし、熱いです。

手で触っても熱く感じない程度まで冷ましてください。

冷めてくると、米粉のドーナツの表面が少しカリッとしてきます。

カリッと固くなってきたら、シリコンの型の裏側から押し出すように生地を取り出すときれいに取り出せますよ!

ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

米粉とココアのもっちり焼きドーナツの作り方を紹介しました。

工程は2つ!

粉類を混ぜ、液体(豆乳と米油)を混ぜるだけです。

米粉なので、ぐるぐると混ぜても全然大丈夫です。
お子さんと一緒にぐるぐる混ぜて作ってみてくださいね。

型に入れる作業は親がお手伝いしてあげたほうがきれいにできるかもしれませんね。

卵もバターも使わないので、子供たちのおやつにぜひ作ってみてください。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる