「ガスパチョ」簡単なのに本格的な味!美味しく作るコツを紹介

レシピ

スペインの冷たいスープといえば「ガスパチョ

野菜をたっぷり使って作る健康にも良い「飲むサラダ」のようなスープですよね。

初めて子供たちに作ったとき、あまりの美味しさに感激してくれました。

今回はこの感激してくれた美味しいガスパチョの作り方と美味しく作るコツを紹介します。

ちょっとしたポイントで味が全然違ってくるんですよ。

野菜をあまり食べない子供でも、スープにしたら飲んでくれるかも!

体によい食材ばかりなので、ぜひお子さんにも作ってあげてくださいね。

スポンサーリンク

簡単なのに本格的!「ガスパチョ」

 

トマトをメインに野菜をたっぷり入れて作るガスパチョ。

美味しく作るコツがいっぱいです。

まずは基本の材料と作り方を紹介します。

材料

4人分

トマト(完熟)・・・2個
麩(フランスパン)・・・4グラム
きゅうり・・・1/2本
ピーマン・・・1/2個
パプリカ・・・1/4個
ニンニク・・・1/2片
塩・・・少々

氷・・・50g
ビネガー(酢)・・大さじ1
オリーブオイル・・・大さじ1
岩塩・・・少々

作り方

1、トマトをカットして麩(またはちぎったフランスパン)と合わせる。

トマトの水分を麩(フランスパン)が吸ってくれます。

2、トマト以外の野菜はトッピング用に少し残してカットする。

 

ここで塩を少々(ひとつまみほど)ふって野菜全体に絡めておく。

野菜の水分が出るまで待ちます。

トッピング用に残した野菜は細かくカットしておきます。

 

3、ミキサーにトマトと浸した麩(フランスパン)を入れ攪拌する。

 

攪拌したら、漉し器で皮と種をとりのぞく。

 

4、漉したトマトのジュースをミキサーに戻す。

塩をふっておいた野菜は、出てきた水分をしっかりキッチンペーパーでふきとり
ミキサーに加える。

一度ざっくりとミキサーをまわして攪拌したら、氷とビネガー(酢)オリーブオイルを加える。

ここでしっかり攪拌したら、一度味をみて塩気を確認。

足りない場合は岩塩を加えて調整します。

5、盛り付ける器も冷やしておきましょう。

冷えた器にガスパチョを盛り付け、トッピング用の野菜とオリーブオイル(分量外)を少々かけて
出来上がり。

 

美味しく作る7つのコツ

野菜をミキサーにかけて作るだけなので作り方はとてもシンプル。

でも、シンプルな料理ほど美味しく作るコツがたくさんあります。

コツといってもすごく簡単なことばかり!
ぜひ試して作ってみてください。ホントに美味しく仕上がりますよ。

完熟トマトで!

ガスパチョは飲むトマトのようなもの。

トマトが完熟で美味しければ、間違いなく美味しいガスパチョが作れます。

まずは完熟の美味しいトマトで作るのが絶対です!

トマトの水分を吸わせる

トマトはカットすると水分が出てきます。

この水分もトマトの栄養が含まれていて美味しいのですが、水っぽくなりやすい。

そこで、この水分をフランスパンに吸収してもらうというわけです。

でも、我が家は毎日フランスパンを食べているわけではないし、
作ろうと思ったときに数グラムほどのフランスパンのために買ってくるのも・・・

ということで、毎日お味噌汁に加えている麩を代用しています。

もちろんフランスパンがちょっと残ってる、という時にはぜひフランスパンで!

野菜の余分な水分を取り除く

トマトの水分は麩やフランスパンに吸ってもらいました。

でも、他の野菜にも水分がたくさん含まれます。

このままミキサーにかけると、水っぽくなり味がぼやけてしまいます。

そこで、他の野菜類は塩を少々かけることで水分を出し、この水分をしっかりふき取ります。

野菜に少し塩気がつくため、味付けは一番最後に味をみて岩塩で整えるだけでOK!

トマトの皮と種を取り除く

トマトの皮と種は食感を悪くするため、漉し器で取り除いておくとより美味しく仕上がります。

とくに子供に食べさせる場合は、このちょっとした食感で嫌いになることも!

ひと手間ですが、手間をかけただけの効果はありますよ。

なめらかで飲みやすいガスパチョになるのでぜひためしてみてください。

氷を加えて

水ではなく氷を加えてミキサーで攪拌してみてください。

攪拌すると温度が上がってしまうのですが、氷を加えることで冷たい状態を保てます。

野菜のみずみずしい甘味や旨味がそのままジュースになるので水のかわりに氷がおすすめです。

美味しいオリーブオイルで

ガスパチョといえば美味しいトマトと美味しいオリーブオイルが絶対です。

オリーブオイルの美味しさで味が左右されますよ。

私が愛用しているのは、フシコスのオリーブオイル。

オリーブオイルで有名なギリシャのクレタ島で作られている美味しいオリーブオイルです。

自分のお気に入りのオリーブオイルを使って美味しいガスパチョに仕上げてくださいね。

 

器も冷やして美味しく!

器を盛り付けるまで冷蔵庫で冷やしておくと、冷たい状態でテーブルに運ぶことができます。

おうちごはんでも、このひと手間をかけることで、より美味しく味わえるので
ぜひやってみてくださいね。

まとめ

スペインの代表的なスープ「ガスパチョ」はトマトをメインにした冷たいスープ。

ミキサーで攪拌すれば出来るのでとっても簡単でシンプルな料理ですが
少し手間をかけることで、すっごく美味しくなります!

7つのポイントを紹介しました。

トマトの水分を吸収させるために、フランスパンを使いますが
我が家はフランスパンを常備していないので、わざわざ買わなくても作れるよう
麩で代用して作っています。

でも、これがまた美味しくなるんです!

もちろんフランスパンがあれば使ってくださいね。

そして野菜は塩をかけて余分な水分を出しておくことで
より野菜の甘味や旨味が出て美味しく仕上がります。

食べるスープのようなガスパチョは、食材にもこだわるのがポイント!

トマトは完熟で美味しいものを。

オリーブオイルは本場の風味や苦み、旨味が豊富な美味しいオリーブオイルを使ってくださいね。

ちょっとしたひと手間で「ガスパチョってこんなに美味しいのね!」と思う一品になります。

ぜひ完熟トマトが手に入ったら作ってみてくださいね。

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
子供たちと一緒に料理するのが楽しい毎日。
レシピは子供たちに伝えたいものや、子供たちが教えて~とリクエストがあったものをブログにレシピとして残しています。

趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。
ディズニー好き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
レシピ
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました