ローストビーフの作り方。電子レンジで簡単しかも絶品!

レシピ

「ローストビーフ」は見た目も豪華、味も最高に美味しくて作ってみたい料理の一つです。

でも、「難しそう」「加熱時間の目安が分からない」

など、難しいイメージがありませんか?

今回は、

「ローストビーフが作ってみたいけど、難しそうで作ったことがない」
「作ったけど、柔らかくて美味しいローストビーフにならなかった」

こんな悩みを持っている人に、

簡単で失敗しないローストビーフの作り方を紹介します。

電子レンジを使うので、時短で簡単に作れます。

タレも絶品!初心者でも簡単に作れます。

私はこの方法で一度も失敗したことがありません。

ローストビーフを作ってみたいけど、難しそうで作ったことがない人!
ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

ローストビーフの作り方

材料

作りやすい分量

牛ももかたまり肉・・・300g
※塩・胡椒・・・少々
スパイス(オールスパイス・クローブ)・・・少々

米油・・・小さじ1

◎赤ワイン(酒でも可)・・・50ml
◎みりん・・・大さじ1
◎醤油・・・大さじ1

 

準備するものは、

フライパン・トングまたは菜箸・耐熱ボウル・クッキングシート ・レンジ用ふた(ラップ)

作り方

準備:牛ももかたまり肉は、作る2時間ほど前には冷蔵庫から出して常温に置いておきます。
冷蔵庫から出してすぐのお肉で作ると、中が生焼けの状態になりますので気を付けてください
1.牛ももかたまり肉に、全面に塩、胡椒をまぶす
  さらに、スパイスがあればスパイスも一緒にまぶしておきましょう。
 (スパイスはなくても作れますが、加えることでより美味しく仕上げることができます)
今回はオールスパイスとクローブを使っています。

2、フライパンを熱し、米油をひきます。
  ここでお肉の表面をそれぞれ15秒ずつ焼いていきます。
 
お肉を転がしながら焼くと、焼き時間が分からなくなってしまうので、
お肉の面を4面と考えて焼いていくといいですよ。
下の面が終わったら、ひとつめの横の面を15秒焼きます。
続いて、最初に上だった面を15秒焼きます。
このあと、残りの1面を15秒焼きます。
全体の表面が焼けたら、今度は左右の側面も15秒ずつ焼いてください。
3、焼けたお肉を耐熱ボウルに入れます。
 
フライパンはお肉の旨味が残っているので洗わないでくださいね
フライパンに赤ワイン、みりん、醤油を入れサッと加熱してアルコール分を飛ばします。
これをお肉を入れた耐熱ボウルに加えます。
4、クッキングシートをお肉にかぶせ、さらにレンジ用の蓋(またはラップ)をします。
  レンジ600Wでまず2分加熱します。
取り出して、お肉を裏返し、再びレンジで2分加熱します。
もう一度取り出して、またお肉をもとの面にもどし、様子をみながら1~2分加熱します。
お肉の厚さによって加熱時間が変わってきますが、
目安は、金串をお肉にさして、取り出したときに、金串が熱くなっていればOKです。
竹串では中の温度が伝わらないので、必ず金串で確認してください。

金串がないときは、ステンレスのフォークを刺してお肉の中の温度を確認してもOKですよ。
お肉の中まで熱くなっていれば出来上がりです。
保存容器にお肉とタレを入れて冷蔵庫で保存します。

ローストビーフのきれいな切り方

 

せっかく美味しく作れたローストビーフも、切り方次第で美味しくなくなってしまうこともあります。

できれば、薄くスライスした方がお肉が柔らかく食感もよくなります。

MIWA
MIWA

薄くスライスする方法はとっても簡単よ!

しっかり冷やす

お肉をしっかり冷やしてから切ること!

 

これだけです。

お肉をしっかり冷やすと固くなります。

このお肉が固い状態で薄くスライスします。

 

スライスは食べる1時間前に

 

薄くスライスするのは、食べる1時間前にしておきましょう!

なぜなら、冷えて固くなったお肉は全然柔らかくないし、お肉の旨味も感じません。

常温に戻したくらいで食べると、お肉の脂がほどよくとろけて口の中で柔らかさを感じます。

きれいにカットするためにしっかり冷やすので、
食べる1時間前にはカットしておき、カットした状態で盛り付けておいておくのが良いです。

まとめ

ローストビーフを簡単に美味しく作る方法を紹介しました。

初心者でも失敗なく作れる方法は、電子レンジを使うと時短で便利です。

コツは

・お肉は作る1~2時間前には常温にもどしておくこと
・塩、胡椒の他にスパイスを加えるとさらに美味しくなる
・表面を15秒ずつ焼き旨味を閉じ込める
・レンジは2分ずつ様子をみながら加熱する
・加熱の目安は金串でお肉を刺して熱くなっているか確認

お肉の大きさや厚みによって加熱時間などは変わってきますが、

コツをおさえれば誰でも失敗なく美味しいローストビーフを作ることができます。

 

そして、美味しく作れたローストビーフをきれいにカットするコツ

・しっかり冷やしてから薄くスライスする
・カットは食べる1時間前までにやっておく

これで美味しく作れたローストビーフをさらに美味しく食べることができます!

簡単なので私はお肉が特売だと必ず作るローストビーフです。

簡単なのに絶品!ほんとにおすすめです。

この作り方をマスターしたら、ぜひスパイスをいろいろ組み合わせて
さらにコク深いローストビーフに挑戦してみてくださいね!

 

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
そんな子供たちの子育てをしながら、自分の人生をもっと楽しみたくて日々いろいろなことに挑戦するのが好き。

ディズニー大好きで年に数回仕事がお休みの日にパークに行けるのを楽しみに仕事をしてます。
趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
レシピ
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました