「里芋コロッケ」茹で鶏を加えると美味しさ&ボリュームアップ!

レシピ

里芋のコロッケが大好きな我が家の子供たち。

今回は里芋コロッケをさらに美味しく栄養もボリュームもアップしたレシピを紹介します。

それは、茹でた鶏むね肉をフードプロセッサーで細かくして加えるんです。

これが旨味と栄養価アップとボリューム満点に仕上がってとっても美味しいコロッケになります!

・里芋で作るヘルシーコロッケ
・茹で鶏の意外な活用法
・揚げずに焼いて作るサクサクコロッケ
・フードプロセッサーがあれば超簡単!

こんなレシピになっています。

里芋といえば煮物しか作ってないな~。

そんな人はぜひ美味しい茹で鶏入りの里芋コロッケにも挑戦してみてください。

スポンサーリンク

茹で鶏と里芋の美味しいコロッケ

 

見た目はふつうのコロッケですが、中は里芋がたっぷり!

とってもヘルシーです。

里芋は甘く煮たりするとカロリーが増えてしまいますが、
そのまま茹でて食べれば低カロリーでヘルシー食材なんですよ。

さらに、今回はここでタンパク質が豊富で低カロリーな鶏むね肉を加えます。

鶏むね肉は茹でたものを使うので、茹で鶏を作り置きしておくと簡単ですね。

材料はすべて火が通っているので、揚げなくても焼くだけでサクサクっと美味しくヘルシーです。

材料

大きめコロッケ4個分

里芋・・・300g(皮つきの重さ)

鶏むね肉・・・1枚(約300g)
※茹でる時に使う塩・・・少々

味付け
☆鶏ガラスープの素・・・小さじ1
☆塩、胡椒・・・少々
☆ナツメグ(お好みで)・・・少量

米粉・・・大さじ1~2
卵・・・1個
パン粉・・・1/2カップ程度

米油・・・適量

作り方

1、鶏むね肉は皮を取り除き塩少々加えたお湯で茹でておく。

 

茹で方は、鶏むね肉がちょうど入る大きさの鍋を用意し、鶏むね肉がつかるほどの水を入れます。

塩をひとつまみ程度加えて茹でます。

茹でる時間は中火程度で約15~20分ほど。
お肉の厚みや火加減などによって加熱時間は多少かわってきます。

心配な場合は厚みがある部分をカットしてみて中まで火が通っているか確認してください。

フードプロセッサーで細かくするので、茹で方はあまり神経質にならなくても大丈夫です。

2、里芋をレンジで柔らかくします。

耐熱ボウルに皮つきのままいれラップ(レンジ蓋)をしてレンジ600Wで約5~6分ほど。

竹串を刺して中までスッと入ればOKです。

レンジで加熱すると、比較的、里芋の皮は簡単にむくことができますよ。

 

3、フードプロセッサーに茹でた鶏むね肉を入れ細かくします。

大きな塊のままだと攪拌しにくいので、3~4等分にカットしておくとよいです。

攪拌して細かくします。

 

ここに、茹でて皮をむいた里芋を入れて一緒に攪拌します。

 

里芋がつぶれてマッシュされたら、鶏ガラスープの素、塩、胡椒で味付けします。

あれば少しナツメグを加えると美味しいですよ。(スパイスはお好みでどうぞ)

塩、胡椒の量は味見をして加えてくださいね。
食材はどちらも加熱済みなのでそのまま食べても大丈夫です。

攪拌をやりすぎると、ねっとり感が強くなるのでほどほどに。

使用しているフードプロセッサーはこちらです。


4、できたコロッケの種を丸めます

大きめサイズなら4個分。中サイズだと6個分ほど作れますがお好みでどうぞ。

人数に合わせた数に等分して作ってくださいね。

5、粉→卵→パン粉 の順に衣をつけていきます。

私は米粉と米粉で作ったパン粉を使用していますが、小麦粉でもOKです。

 

卵はよくといて白身をしっかり切っておくとつけやすいです。

卵をつけてパン粉をふんわりまぶします。

 

6、フライパンに薄く米油を入れ、両面をこんがり焼いたら出来上がりです。

今回は米粉で作ったパン粉を使っているので、とってもサクサクに仕上がります。


あえて揚げ焼きしずに焼いてみました。

 

米粉のパン粉を使うと、すごくサクサクに仕上がるのでおすすめです!

 

茹で鶏と里芋のコロッケの味は?

中はこんな感じに白っぽく仕上がります。

里芋のねっとりした食感と、ムネ肉のたんぱくな味わいでさっぱりしたコロッケです。

フードプロセッサーで攪拌しているので、子供や年配の方にも食べやすい食感ですよ。

味は生地を作るときに味見をしたそのままなので、鶏ガラスープの素を加えたあとに
自分の好みの味付けになるよう、塩、胡椒、スパイスで整えてくださいね。

ここでしっかり味付けしておけば、何もつけなくても美味しいです。

お弁当にもおすすめ

鶏むね肉が入っているので栄養たっぷり。

カツとコロッケの中間のような感じに仕上がるので、お弁当に入れたときにボリュームがあります。

また、お肉は冷めると固くなってしまうことがありますが
これは細かく攪拌しているので、冷めても柔らかいお肉が食べれますよ。

里芋で作ると少し粘りが出るので、ジャガイモなどで作るコロッケよりは弾力がでます。

お弁当には崩れにくいのでおすすめです。

まとめ

今回は我が家で大好評の里芋コロッケを紹介しました。

茹で鶏を加えて作るので、ボリュームも美味しさも栄養もアップします。

材料もシンプル!

・鶏むね肉の茹で鶏
・里芋

これだけあれば種が出来上がります。

味付けは鶏ガラスープの素をベースに、塩、胡椒、お好みのスパイスで味付けするだけです。

里芋は煮物しか思いつかない・・・

という人も多いですが、ぜひ茹で鶏を合わせてコロッケを作ってみてください。

とっても美味しいボリュームあるおかずが作れますよ!

 

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
子供たちと一緒に料理するのが楽しい毎日。
レシピは子供たちに伝えたいものや、子供たちが教えて~とリクエストがあったものをブログにレシピとして残しています。

趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。
ディズニー好き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
レシピ
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました