「里芋のジャコねぎバター」子供が喜ぶおかずがレンジで簡単!

里芋って煮物にするとうちの子供たちはあまり喜んで食べてくれないのですが、

今回紹介する「里芋のジャコねぎバター」は子供たちがすごく喜んで食べてくれます!

レンジで簡単に作れて、材料も料理名の通り里芋とジャコとねぎとバターがあれば作れるので

「うちの子、里芋あまり食べてくれない・・・」

というご家庭も、よかったらぜひ作ってみてください。

お子さんが喜んで食べてくれたら嬉しいです。

目次

レンジで作れる!里芋のジャコねぎバター

私が里芋をレンジ加熱するとき

里芋の状態によって、わりと早く柔らかくなるものと、なかなか柔らかくならないものがあります。

今回はレンジで調理する簡単な作り方を紹介しますが、

加熱時間は目安として、様子をみながら加熱してみてくださいね。

材料

約4人分

里芋・・・皮をむいた状態で約300g程度

ジャコ・・・20g
ねぎ・・・1本
バター・・10g

醤油・・・小さじ1程度
炒りゴマ・・・大さじ1

作り方

1,里芋は皮をむいて大きいものは半分にカットし耐熱ボウルに入れる。

 ラップをしてレンジ(600W)で6~7分様子をみながら柔らかくなるまで加熱し、フォークで粗く潰す。

2,ネギはみじん切りにする。

 潰した里芋に、ジャコ、ねぎ、バターをのせてレンジ(600W)で1~2分バターが溶けるまで加熱する。

3,バターが溶けたら、全体をざっくりと混ぜ合わせ、醤油と炒りゴマを加える。

  醤油はバターとジャコの塩分をみながら味をみて加える量を調節してください。

意外とヘルシー!?

里芋はイモ類の中では低カロリーな芋なのですが、

甘辛く煮ることが多いので、カロリーや糖質は多くなりがちな食材です。

でも、今回紹介した「里芋のジャコねぎバター」は砂糖を加えていないので、糖分も煮物より少ないです。

ジャコの塩分とバターの旨味で、物足りない場合は醤油を少し加えますが、

食材の塩味と旨味を使って作るので、味付けも簡単で意外とヘルシーなおかずです。

ほっくり、ねっとりした食感で和風サラダのような感じに仕上がって

子供たちの好きな味付けなので、我が家では大好評!

まとめ

子供が喜んで食べてくれる里芋料理を紹介しました。

里芋をレンジで加熱して柔らかくしたら、ジャコとねぎとバターを加えて味付け。

ほんの少し醤油と炒りゴマを加えれば風味がアップします。

簡単に作れて子供も喜んで食べてくれるし、砂糖を使わなくても美味しく仕上がる里芋料理なので、

里芋のレパートリーが少なくて、いつも煮物になってしまう・・・

という人はぜひ作ってみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる