ダイエットにおすすめ簡単スープ「豆乳とお酢のまろやかスープ」

ダイエット中は、栄養もしっかり取りたいけれど、カロリーや糖質なども気になります。

しっかり栄養を取らないと、お肌も荒れてきてしまいます。

そこで、栄養も取れて、美肌効果もあり、なおかつ簡単に作れるスープを紹介します。

このスープは台湾の朝ごはんでよく食べられている「シェントゥウジャン」というスープなのですが、

食材を少しアレンジして、一人暮らしの人にも簡単に作ってもらえるようなレシピにしてみました。

私はこのスープ大好きなのですが、息子はあまり好みじゃない様子(笑)

どちらかというと、女子向きかもしれません。お口にあえばよいですが、参考にしてみてください。

目次

豆乳とお酢のまろやかスープ

スープの器に食材や調味料を入れておき、温めた豆乳を加えて作るという

とっても簡単なスープで、台湾の朝ごはんでよく作られているシェントゥウジャンというものです。

本場を食べたことがないので、このアイデアを真似っこして自分流に作ってみました。

本場ではザーサイやパクチーを加えることが多いと思うのですが、
うちには常備していないため少し変えてみることにしました。

材料

1人分

豆乳・・・・200ml
☆ネギ(みじん切り)・・・大さじ1
☆アミエビ・・・・小さじ1
☆酢(黒酢)・・・・小さじ2
☆醤油・・・・小さじ1/2
☆コリアンダーパウダー・・・少々

カシューナッツ(塩味付き)・・・2~3粒

コリアンダーパウダーはエスニック風な香りを優しくつけたくて加えています。
あればぜひ加えてみてください。

カシューナッツはトッピングに使っています。
甘味とほどよい塩気がスープのアクセントになるので、ナッツ好きな人はぜひ加えてみてください。

作り方

1,スープの器に☆の食材と調味料を入れておく。

2,豆乳を鍋かレンジ加熱で沸騰直前まで温める。

3,温めた豆乳を準備したスープの器に注ぎ、カシューナッツを砕いてトッピングする。

栄養効果

豆乳

大豆タンパクは、動物性たんぱく質よりも低カロリーで基礎代謝をアップさせ、吸収がゆっくりなため満腹感を得やすく

ダイエット中に欠かせない栄養素です。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た構造をしているため乳がん予防や骨粗しょう症の予防に効果があります。

サポニンは血液中の余分な脂肪を落としてくれる効果があり、コレステロールや中性脂肪が気になる人にはおすすめ。

酢は腸内の善玉菌を増やしてくれたり、酢酸が中性脂肪を低下させてくれる働きをしてくれます。

食事の時に一緒に取ることで、血糖値の上昇をおさえることができ、ダイエットにもおすすめです。

カシューナッツ

トッピングに使っているカシューナッツにはコレステロールを下げる効果があったり、

免疫力をアップさせる効果があります。

糖質的には他のナッツと比べて多いですが、食べる量を考えればとっても健康的です。

トッピングに使っている2~3粒なら健康的に良い食べ方なので、ぜひ添えてみてください。

今回は皮つきで塩味がついているカシューナッツを使っています。

まとめ

豆乳と酢で作る簡単で健康的なスープを紹介しました。

豆乳にはダイエットに効果的な栄養素がたっぷり含まれています。

さらに、酢を加えることで血糖値の上昇を抑えコレステロールを下げる働きを助けてくれる効果もあります。

何より、サッと作れるのがいいですよね。

私はこのいう味のスープは大好きなので、毎日でも飲みたいです。

女子向きな味わいですが、ダイエット中の人はぜひ参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる