バナナは冷凍すると栄養価がアップ!黒くならない冷凍方法。

Food

バナナは手軽に食べれるフルーツなので、ストックしている人も多いですね。

熟してくると甘味が増して美味しくなりますが、
一気にたくさんのバナナが熟してくると食べきれない、なんてことありませんか。

そこで、おすすめの保存方法が冷凍保存です。

実は、冷凍保存はバナナを長期保存できるというメリットだけではなかったんです。

それは、栄養価がアップすること!

今回は、バナナを冷凍するとどんなメリットがあるのか、という点について紹介します。

また、バナナを冷凍したら、食べるとき黒っぽくなっていた・・・

ということがないよう、黒くならないバナナの冷凍方法も紹介します。

ぜひ冷凍バナナを作って美味しく食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

バナナを冷凍すると

 

ポリフェノールが増加

バナナには、もともとポリフェノールが含まれているのですが、

冷凍することによってポリフェノールが増加してくれます。

ポリフェノールの効果

ポリフェノールには、活性酸素を除去するという抗酸化作用があります。

つまり、体の中のサビをきれいにしてくれるという働きです。

体の中のサビが原因で老化、肌のしみ、しわ、たるみ、なども起こってきます。

ポリフェノールの効果によって、若返り効果、いわるゆアンチエイジング効果が期待できます。

長期保存が可能

そして、栄養価がアップする以外にも、バナナを冷凍しておけば長期保存が可能です。

夏場など暑い時期は、買ってきた次の日にはもう黒くなって熟しているということもあります。

そのまま食べればよいのですが、たくさんある時は食べきれません。

冷凍することで、1~2週間は美味しく食べれます。

バナナを冷凍するときのポイント!

バナナの冷凍方法はいろいろあります。

今回は、そのなかでもおすすめの冷凍方法を紹介します!

色よく仕上げるために

冷凍したバナナを食べようと冷凍庫から出したとき、

「なんか色が悪い」

と思ったことありませんか?

ちょっとした工夫でバナナの色が変色しない冷凍の方法があります。

それは、

レモン汁をまぶしてから冷凍します。

 

すぐに使えるように

冷凍したバナナはカチカチに凍っています。

これを包丁でカットしたり手で折ったりするのは、かなり大変です。

冷凍バナナは、使い道に合わせてカットしてから冷凍した方が使いやすくて便利です。

また、カットしたバナナはひとつひとつがくっつかないように離して冷凍するのがおすすめです。

 

バナナの冷凍方法

ここからは、私がいつもやっている冷凍方法を詳しく紹介していきます。

私はこの方法が一番使いやすくて、バナナの色もよくて、美味しいのでおすすめします。

バナナの皮をむく

まず、バナナの皮をむきます。

バナナの皮ごと冷凍するという人もいますが、これは食べる時にすごく大変です。

もし、バナナを1本丸ごとで冷凍したい、という場合は、

皮をむいてから、1本をアルミホイルなどに包んで冷凍しましょう。

 

バナナをカットする

皮をむいたバナナを使う用途に合わせてカットします。

冷凍バナナをそのままヨーグルトなどにトッピングする場合は、1㎝ほどの厚さで。

ミキサーにかけてスムージーなどのジュースにする場合は2㎝くらいの厚さにしておくといいですよ。

 

レモン汁をかける

 

カットしたバナナをボウルに入れ、レモン汁を少量ふりかけます。

たくさんレモン汁をかけてしまうと、水分が多くなりバナナのまわりに氷ができてしまうので、
バナナ1本に対して小さじ1程度で大丈夫です。

 

ラップに離してのせる

 

レモン汁をまぶしたバナナをラップにのせていきます。

この時、ひとつひとつを離しておくとバラバラに取り出すことができます。

おすすめしない方法は、ジッパーなどの袋にそのまま入れてしまうこと。

これだと、食べようと冷凍庫から出したとき、全部一体化してしまい食べにくいです。

これではカットした意味がありませんね。

 

冷凍保存用の袋に入れる

ラップにのせたバナナをしっかり包みます。

さらに冷凍保存用の袋に空気を抜いて入れたら冷凍庫で保存しましょう。

 

こうすることで、冷凍庫の他のにおいが移りません。

この方法で冷凍すると

1週間後、冷凍庫から取り出したバナナはごらんのとおり綺麗な色のままでした。

1本分のバナナは皮をむいた状態で約80g前後あります。

冷凍バナナでジュースを作る時に、レシピにバナナ1本と書いてあれば
冷凍バナナを80g程度準備してミキサーに入れればよいです。

ひとつひとつがバラバラになる状態で冷凍すると、いろいろなものに必要な分だけ使えるので

本当に便利ですよ!

冷凍バナナの使い方

冷凍したバナナは生とは違う食感になります。

おすすめの食べ方は、

スムージーなどのジュースにすると、濃厚でシャリシャリっと美味しいジュースが作れます。

薄くカットしておいた冷凍バナナなら、そのままヨーグルトにトッピングすれば
バナナアイスのような感じに食べることができます。

トッピングしたら、きな粉やココアパウダー、シナモンパウダーなどをふりかけると美味しいですよ。

 

こんな方法もありますよ!

冷凍しておいた袋の上から手でよくもみ、冷凍したバナナをつぶします。

これを器に入れてきな粉やココアパウダーをかければ、
簡単バナナアイスの出来上がりです。

夏の子供たちのおやつにちょうどいいですよ。

夏は冷凍したバナナを冷凍庫から出して5分もしないうちに暑さで柔らかくなってくるので
子供でも簡単に手でほぐすことができます。

ぜひやってみてくださいね。

まとめ

バナナは冷凍することで、ポリフェノールが増加します。

長期保存も兼ねて、冷凍保存しておくと、
栄養価がアップしてより効果的にバナナを食べることができます。

おすすめの冷凍方法は、

・皮をむく
・カットする
・レモン汁を少量かける
・ラップに離してのせる
・ラップでしっかり包んだあとジッパー袋に入れる

この方法で冷凍すると、バナナの色がよい状態で保存できます。

また、使うときも必要な分だけ取り出して使うことが簡単にできます。

特売のときにバナナを買って、冷凍しておくと

いろいろ使えて便利!しかも栄養価がアップするなんて嬉しいですよね。

 

バナナの効果についてはこちらで詳しく紹介しています。

 

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
子供たちと一緒に料理するのが楽しい毎日。
レシピは子供たちに伝えたいものや、子供たちが教えて~とリクエストがあったものをブログにレシピとして残しています。

趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。
ディズニー好き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
Food
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました