ボロネーゼとはどんなパスタ?本来の意味と本格的な作り方のコツ!

Food

ボロネーゼというパスタ、一見ミートソースと同じようにも見えますが
実は奥が深い大人味のパスタだったんです。

牛肉の旨味を味わうパスタといってもいいかな。

そして、イタリアではパスタソースに合わせたパスタの種類も決まっていて、
ボロネーゼにはタリアテッレという平麺を使っているのも特徴。

今回は、意外と知らない「ボロネーゼ」の本来の意味や本格的な作り方を紹介していきます。

おうちでも、本格的なボロネーゼを作ることができますよ。
また、お店で注文する時にも、知識として知っていると料理の楽しみ方が何倍にも増えますよね。

 

スポンサーリンク

ボロネーゼとは

ボロネーゼとは、ウィキペディアによると。

ラグー・アッラ・ボロニェーゼは、玉ねぎ、セロリ、など刻んだ香味野菜をオイルで炒め、
じっくり焼いた肉(ひき肉が使われることが多い)と、ワインを素材として合わせた
イタリア・フランス料理のソース。ボロネーゼと略される。発祥はイタリア・ボローニャ地方。

こう、書かれています。

つまり、

香味野菜を炒める → 肉を焼く → ワインで煮込む

こういうことです。

MIWA
MIWA

作り方は思ったよりもシンプルよね!

みーさん
みーさん

じゃあ、ミートソースと何が違うのかしら?

ミートソースとの違いは?

 

ミートソースは、香味野菜とひき肉をトマトで煮込んで作るソースで日本独特のもの。

赤ワインなど使わず、トマトやケチャップを使用して甘味のあるソースに仕上げ
日本人の口に合う味付けになっているのが特徴です。

つまり。

ボロネーゼは、赤ワインで煮込んだお肉旨味を味わう煮込み料理からきたソースで
パスタはタリアテッレという平打ち麺を使用するのが特徴。
ミートソースは、赤ワインを使わずトマトやトマトケチャップを使用し、
野菜とひき肉を煮込んだソースで甘味があるのが特徴。
日本でスパゲッティーミートソースという名で細いパスタ麺に絡めることが多い。

となります。

 

本格的な作り方のコツ

 

おうちでも本格的なボロネーゼが作れるよう、いくつかのポイントをまとめてみました。

香味野菜は控えめでOK

 

玉ねぎ、セロリ、ニンジンを香味野菜として炒めて使います。

このとき、ミートソースは野菜もたっぷり入れて作りますが、
本格的なボロネーゼを作るときは、あくまでもお肉が主役!

香味野菜は、香りや風味、旨味を出すためのわき役として控えめで大丈夫です。

そのかわり、しっかり炒めて旨味や甘味を引き出すことが美味しく作るポイントになります。

お肉を美味しくするスパイスを!

 

お肉が主役のボロネーゼを作るときは、お肉が美味しくなるように
スパイスの力をかりるのがおすすめ。

お肉を美味しくするスパイスで、煮込み料理にも向いているものはいくつかありますが、
この中でも使いやすいもの、簡単にスーパーで手に入るものを探してみました。

 

ナツメグは、ひき肉料理には欠かせないスパイスで、お肉の臭みを消してさわやかな風味を出してくれます。
ぜひ加えてみましょう。

オールスパイスは、お肉の臭みを消し、甘い香りを感じさせてくれるスパイスなので、こちらもぜひ。

クローブパウダーは、お肉の煮込み料理やひき肉料理に使われ、肉の臭み消しと、独特の風味が深い味わいに仕上げてくれるため、手に入ればぜひ加えてみてください。味にコクと旨味がアップします。

ホワイトペッパーは、肉の旨味を引き出し、ぴりっと辛みのある刺激が肉の臭みも消して味をしめてくれます。

 

このスパイスは、スーパーのスパイス売り場でもよくみかけるものなので、
おうちでも本格的なボロネーゼを楽しむことができますよ。

今は、ネットでも簡単に購入できるので、ぜひスパイスを加えて作ってみてくださいね。

 


 

お肉をじっくり焼く

ひき肉を使う場合でも、薄切り肉をたたいてみじん切りにして使う場合でも、
お肉をあまりほぐさず、じっくりと焼くのがポイントです。
お肉に、塩、胡椒、そして先ほど紹介したようなスパイスを加えておきます。
オリーブオイルをひいて熱したフライパンで、
お肉をハンバーグを焼くようにじっくりと両面焼いていくと旨味が濃縮されて美味しくなります。

赤ワインでじっくり煮込む

お肉をじっくり焼いたら、赤ワインとトマトピューレを加えて煮込んでいきます。
このときに、最初にしっかり炒めておいた香味野菜を加えることで
旨味が加わり、美味しい煮込みのソースができあります。
味付けはシンプルに塩でよいのですが
ここでもうひとつ美味しくなるスパイスを!

仕上げにオレガノを!

トマト料理やチーズに欠かせないスパイスがオレガノ
このボロネーゼにも、ぜひ加えてみてください。
お肉と香味野菜を赤ワインとトマトピューレで煮込むときに、オレガノを加えることで
風味と旨味が引き立ち美味しいソースが出来上がります。

あとは、味をみて足りない場合は塩を加えていきますが、
仕上げにパルミジャーノチーズをかけることを忘れずに。
チーズの塩分と旨味が加わるので、ソースの味付けは少し控えめでも大丈夫だと思います。
味付けは食べる人の好みですので、必ずレシピの分量ではなく
味をみながら少しずつ加えていくことをおすすめします。

パスタは平麺を

せっかく、ここまで本格的なソース作りで頑張って作ってきたなら、
パスタも本場のようにこだわってみてください。
本場イタリアでは、ボロネーゼにはタリアテッレという平打ち麺を使用しています。

日本でタリアテッレが手に入ればいいですが、
売っていない場合は、フィットチーネという平麺がありますので、
こちらで代用するといいですよ。

このようなパスタで、少し平たい麺です。
茹でるとソースとの絡みがよく、モチモチ感もあって、濃厚なお肉の旨味とよく合います。

パルミジャーノで仕上げ!

パスタとソースを絡めたら、チーズで仕上げます。
このとき、ぜひ使ってほしいのがイタリアのチーズ【パルミジャーノレッジャーノ】
できれば固まりで購入して削って使うと、すごく風味がよく絶品です!

詳しいレシピ

今まで紹介してきたポイントをおさえながらぜひ本格的なボロネーゼをおうちで作ってみてください。
自分なりのレシピで作ってもOK.この場合は、紹介したポイントに気を付けながら作ってみてくださいね。
詳しい分量や作り方が知りたい、という人は
こちらにレシピを掲載していますので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回はボロネーゼについて、どんなパスタなのか、特徴や味わいは?
そして、ミートソースとの違いについてもふれつつ、
本格的なボロネーゼをおうちで作るためのポイントを紹介してきました。
ボロネーゼは、お肉が主役の煮込み料理風ソース。
大人味のパスタという感じですよね。
おうちで本格的に作りたいというときは、お肉の旨味が引き立つように
・香味野菜をしっかり炒める(量は多すぎない)
・お肉を美味しくするスパイスを加える
・お肉をじっくり焼く
・赤ワインで煮込む
・オレガノを加えて風味と旨味をプラス
・パスタは平麺を使ってみる
・仕上げはパルミジャーノを!
これで、おうちでも本格的なボロネーゼを味わえますよ。
ぜひ、この絶品な味わいを自分で作ってみてくださいね。
この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
そんな子供たちの子育てをしながら、自分の人生をもっと楽しみたくて日々いろいろなことに挑戦するのが好き。

ディズニー大好きで年に数回仕事がお休みの日にパークに行けるのを楽しみに仕事をしてます。
趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
Food
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました