子供のおやつに!バナナくるみトースト・冷凍作りおきで簡単。

仕事をして帰ってくると、子供たちが

「おやつまだ~」

とよく言われます。

前日に米粉のケーキでも作っておけばいいのですが、時間がないときもあり、
すぐに準備できない・・・という日もあります。

そんなときに、冷凍作りおきトーストを作ってみたら、これは便利!

焼くだけなのですぐに準備できます。

焼きあがりを待つ時間は、子供たちには楽しみの時間らしく、ワクワクして待っていてくれます。

今回は、おやつに便利なバナナと胡桃を使った簡単トーストを紹介します。

冷凍作りおきしておける食材なので、食パンが安いときや、バナナが安売りのときに作っておけば
おやつタイムに焼くだけで出来上がり!

よかったらお試しくださいね。

目次

冷凍作りおき!バナナ胡桃の簡単おやつトースト

バナナの甘味と胡桃の食感に、お好みでメープルシロップも加えて作る簡単トーストです。

もちろん、すぐに食べてもOKですが、冷凍しておけば食べたい時に焼くだけで出来上がり!

しかも、バナナは冷凍しておくと栄養価がアップするんですよ!

バナナが特売のときに冷凍作りおきで仕込んでおくと、子供たちのおやつに便利です。

よかったら作ってみてくださいね。

材料

1人分(1枚分)

食パン・・・1枚

◎バナナ・・・1本
◎レモン汁・・・小さじ1/2(バナナの色が黒くならないよう色止めに加えます)
◎胡桃・・・5粒程度
◎メープルシロップ・・・お好みで小さじ1~

バナナは空気に触れると色が黒く変色していくので、美味しそうに見えなくなります。
そこで、レモン汁を少量かけておくと、変色を防げます(多少茶色っぽくはなりますが)
なければ加えなくてもよいですが、変色するということを承知の上で作ってくださいね。

メープルシロップは無しでもOKです。お好みで加えてください。
ハチミツでもよいですが、ハチミツを加える場合は
1歳未満のお子さんには食べさせないよう気を付けてくださいね。

作り方

1,バナナをつぶす。

完熟していないバナナの場合は耐熱ボウルに入れラップをしてレンジ600Wで1~2分加熱すると
柔らかくなり甘味が増して美味しくなります。

2,潰したバナナにレモン汁を加え、砕いた胡桃を混ぜ合わせる。

  お好みでメープルシロップを加えて混ぜておく。

3,パンをお好みの大きさにカットして具をのせる。
  (今回は子供が食べやすいよう2等分にカットしてみました)

  1枚そのままで作ってもOKです。食べるときのサイズに合わせてカットしてください。

4,具をのせたらラップに包んで冷凍する。

焼き方(食べ方)

1,冷凍しておいたパンを取り出して、凍ったままトースターにのせる。

  凍っているので、上の部分が焼けるのに多少時間がかかります。
  下の部分が焦げやすくなるため、心配ならアルミホイルなどを敷いておくとよいです。

2,低めの温度で表面が温まるまでトーストする。

今回はアラジンのトースターを使って焼いてみました。

アルミをひかずに低めで焼いてみましたが、少したったら下の部分が焦げ始めたので、
途中からホイルを敷きました。

冷凍トーストを焼く場合はホイルを敷いておく方が上手に焼けるかもしれません。

まとめ

冷凍作りおきトーストで簡単おやつ!「バナナ胡桃のおやつトースト」を紹介しました。

子供たちが、「おやつまだ~」と言われたときに、

冷凍して作りおきしておけば、焼くだけでサッとおやつが出来上がり。

バナナと胡桃を使った簡単おやつトーストは、栄養もバッチリです!

バナナは冷凍すると栄養価がアップするので一石二鳥。
しかも、自然の甘さで子供たちも美味しく食べてくれますよ。

時間があるときやバナナが特売のときに作って冷凍作りおきしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる