「米粉のバナナマフィン」ふわふわに仕上がる簡単レシピ!

バナナを使った米粉のマフィンを紹介します。

混ぜるだけなのに、すっごくふわふわに仕上がりますよ。

材料もシンプル。

バター不使用です。

完熟バナナになっていなくても、美味しく作れるのでぜひ作ってみてくださいね。

目次

米粉のバナナマフィン

バナナをふわふわっと泡立てることで、とってもふわふわな米粉のマフィンが作れます。

お砂糖はバナナの甘味で控えめにしています。

完熟のバナナならそのまま泡立ててOKです。

完熟になっていない場合はレンジで加熱することで甘味が増してふわふわに混ぜることができますよ。

ぜひ米粉のおやつに作ってみてくださいね。

材料

ミニマフィン12個分(普通サイズのマフィン型なら4個分)

バナナ・・・大1本(90g)
きび砂糖・・・15g
卵・・・1個
米油(太白胡麻油)・・・15g
〇米粉・・・50g
〇ベーキングパウダー・・・3g

お砂糖はきび砂糖を使用していますが、お使いのお砂糖でも大丈夫です。
油はできるだけ米油か太白胡麻油を使うのをおすすめします。
特別な香りがなくサラッとしていて酸化しにくい油で油臭さがないので冷めたときに美味しく感じます。

作り方

1,ミニマフィンで作る場合はグラシンカップを敷いておく。

この生地の場合はシリコンの型で作るほうが綺麗に取れます。

オーブンを180度に予熱しておく。

2,耐熱ボウルにバナナを90g分入れる。完熟していない場合はレンジ600Wで1~2分加熱する。

加熱は熟成度をみて時間を決めてください。

泡立て器でふわふわっと混ぜることができるくらいの柔らかさがおすすめです。

3,バナナがふわふわになったらきび砂糖を加え、続いて卵、油の順に加えて混ぜ合わせる。

4,しっかり混ざったら、米粉とベーキングパウダーを加えてよく混ぜる。

5,準備しておいたカップに生地を入れ、180度に予熱したオーブンで15分ほど焼く。

グラシン紙を敷いて焼いた時は、生地が紙についてとりにくかったので、

シリコンの型でも作ってみました。

シリコンの型で作ったほうが、綺麗に焼きあがったケーキが取り出せたので、
もし、シリコンカップの型を持っていたら、そちらを使うのをおすすめします。

ふわふわに仕上げるポイント

このバナナマフィンは米粉なのに、すっごくふわふわに作ることができます。

ポイントはバナナをふんわりするまで混ぜること。

熟していないとバナナはふわふわに混ざらないので、
完熟していないバナナの場合はレンジ加熱で柔らかくしてから使います。

バナナの皮にちょっと黒い粒が出始めたかな、というくらいのバナナならレンジで1分くらいで柔らかくなりますよ。

まだ黄色で皮をむくときも固い感じがするバナナなら、2分くらい加熱してみてください。

泡立て器でバナナが簡単につぶれるくらいが目安です。

まとめ

米粉で作るバナナマフィンを紹介しました。

バナナをふんわり混ぜてから他の材料を加えて、ひたすら混ぜ合わせるだけ!

とっても簡単にふわふわな米粉のマフィンが作れますよ。

焼き時間も15分と比較的短い時間で焼きあがるので、

子供たちが「おやつまだ~」と言ってから作り始めてもすぐに出来上がります。

米粉のおやつにぜひ作ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる