ふんわり米粉のウインナーパンケーキ。朝食やランチにおすすめ

米粉を使って簡単に作れるウインナーパンケーキを紹介します!

卵を使わないので卵アレルギーのお子さんでも食べれますよ~。

フライパンで簡単に作れて朝食やランチ、軽食にピッタリです。

15㎝のフライパンならふんわりボリュームのあるパンケーキが出来上がります。

お子さんのおやつにもおすすめ!

ぜひ作ってみてくださいね。

目次

米粉のウインナーパンケーキ

今回紹介するパンケーキは、ウインナーやとろけるチーズがたっぷり入った食事系のパンケーキです。

生地作りがとっても簡単なので、朝食や軽食、ランチにもおすすめ!

ウインナーを魚肉ソーセージにしたり、ベーコンを入れたりアレンジもOK。

今回は彩りにブロッコリーをトッピングしてひっくり返さずふんわり仕上げましたが、
両面をカリッと焼いて作ることもできます。

この場合は、ブロッコリーなどのトッピングを無しにして、途中でひっくり返して裏面もカリッと焼いてくださいね。

材料

15㎝フライパン1枚分

米粉・・・100g
ベーキングパウダー・・5g
鶏ガラスープの素・・・小さじ1
豆乳(または牛乳)・・・200ml
とろけるチーズ・・・50g

ウインナー・・・90g
ブロッコリー・・・1/2株

フライパンで焼く時の油・・・適量

※私は米油を使用しています。

作り方

1,ボウルに米粉、ベーキングパウダー、鶏ガラスープの素、を入れよく混ぜたら豆乳を加えて混ぜ合わせる。

  生地にとろけるチーズを加えて一緒に混ぜておく。

2,ウインナーをぶつ切りにしてフライパンでこんがりと焼く。

  ブロッコリーをトッピングする場合はレンジ600Wで3~4分加熱して柔らかくしておく。

3,ウインナーがこんがり焼けてきたら火を弱火にして生地を流し入れ、ウインナーをバランスよく並べる。

  ここに柔らかくしたブロッコリーをトッピングして蓋をして蒸し焼きにする。

表面を触ってもべたつかず、ふんわりしてきたら焼き上がり。

両面を焼く場合はブロッコリーなどのトッピングをしないで、表面が固まってきたら裏返して裏面もカリッと焼く。

トッピングはブロッコリーのほかにミニトマトやパプリカなどもおすすめです。
彩りがきれいに仕上がります。

食べ方いろいろ

焼けた面はカリッと香ばしい焼き上がりになります。

中はふんわりしているので、カリッと感とふんわり感を両方楽しんでください。

ウインナーの塩分とチーズの塩気、鶏ガラスープの素でしっかり味がついているので、
何もつけずこのままで美味しいです。

でも、少し鶏ガラスープの素を減らしたりチーズを減らしたりして薄味にして
マヨネーズやケチャップをトッピングして食べても美味しいです。

生地をアレンジ

米粉と豆乳(牛乳)で作れる簡単な生地なので、スパイスやハーブをプラスしてアレンジしても美味しいです。

ナツメグがあれば、少量を加えてもOK。

ディルウィードやバジル、パセリなどのドライハーブがあれば加えると洋風パンケーキに!

ブラックペッパーを加えればチーズとの相性バッチリ!おつまみ風パンケーキになります。
(ワインにも合いますよ~)

まとめ

米粉と豆乳(牛乳)があればフライパンで簡単に作れるウインナーパンケーキを紹介しました。

中にウインナーとチーズを加えているので、ピザ風な食事系のパンケーキが作れます。

朝食や軽食、簡単ランチなどにサッと作れるのでよかったら作ってみてくださいね。

卵不使用!米粉で簡単に作れるのでお子さんにもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる