サクっ!ホロッ!米粉スコーンが美味しい!簡単レシピ。

スコーンって美味しいですよね。

美味しいスコーンが米粉で作れたら、もっと美味しいだろうな~と思いながら

米粉のスコーンを何度も作ってみましたが、なかなか納得のいくものができなかったんです。

でも、ようやく出来上がりました!!

バターを使っても、バター不使用で米油を使っても美味しく作れますよ。

作り方もすごく簡単なので、ちょっとティータイムに・・・なんて時にも

ササっと作れます。

米粉のスコーンはホントにサクサクとしてホロホロと崩れる食感がなんとも美味しいです。

ぜひ一度味わってみてくださいね。

目次

米粉スコーンの作り方(バター使用)

いつもなら米油を使って作るのですが、

ちょうどこの日は冷蔵庫に美味しいバターがあったので

米粉とバターでスコーンを作ってみました。

バターの香りを楽しみたい人におすすめの米粉スコーンの作り方です。

ちなみに、今回の米粉スコーンで使ったバターは北海道バター缶入りです。

とってもリッチな香りでスコーンにピッタリ!

焼いているときからワクワクしそうな美味しそうな香りがしました~。

材料

約6~7個分

米粉・・・・150g
ベーキングパウダー・・5g
きび砂糖・・・15g

北海道バター・・・50g
※こちらのバターは有塩のため塩を加えていません。

◎卵+豆乳・・・合わせて100g

作り方

準備:オーブンは190度に予熱しておく。

1,米粉、ベーキングパウダー、きび砂糖を合わせておく。

2,フードプロセッサーに粉類とバターを加えて小刻みに攪拌して粉とバターを合わせる。

3,卵を割りほぐして、表面に塗る分だけ少し取り分けておく。

卵と豆乳を合わせて100gにし、バターと粉を合わせたところへ加えて
少しずつ様子をみながら攪拌する。

ある程度まとまってきたら台の上に出し、軽く折りたたんでラップに包んで生地をやすませる。

休ませる時間は15~30分ほどでOKです。

 

4,休ませた生地を数回折りたたんでのばし、厚みを2~3㎝にして丸形で生地を抜く。

最初にとりわけておいた卵液を表面にぬる。

 

5,190度に予熱したオーブンで約20分焼く。

 

6~7個分ならレコルトのエアーオーブンでも焼けますよ。


サクサクっとした食感がやみつきになりますね~。

ぜひ熱々を食べてみてください。

米粉スコーン(バター不使用)

バター不使用で作る米粉のスコーンは、ホロホロっと崩れやすいので、

スコーン風クッキーのような仕上がりになりますが、サク&ホロ感を楽しめる美味しいスコーンです。

バターがないときや、バターを使いたくない人におすすめのスコーンです。

材料

約6個分

米粉・・・200g
ベーキングパウダー・・・8g
きび砂糖・・・15g

卵・・・1個
米油・・・40g

豆乳・・・60g

作り方

準備;オーブンを190度に予熱しておく。

1,米粉、ベーキングパウダー、きび砂糖を合わせておく。

 

卵、米油、を合わせておく。

2,合わせた粉類に卵液を加えて混ぜる。

混ぜていくと生地がポロポロと固まってきます。

3,ここに豆乳を加えて生地をまとめる。

(使う米粉の種類によってまとまり具合が違ってくるため、少しずつ豆乳を加えて調節してください)

 

生地がサクサクっとまとまってきます。

4,生地を台に出して軽く捏ねて生地をまとめる。

ここで時間があれば生地を少し休ませておくと、生地が落ち着いて型抜きがやりやすいです。

丸型で生地を型抜きする。

5,天板にクッキングシートをしき、生地をのせたら

豆乳(分量外)をうすくぬって190度に予熱したオーブンで20分ほど焼く。

 

米油で作るスコーンは、香ばしい風味がバターとは違う美味しさで、

こちらもなかなかおすすめです!

スコーンとクッキーの中間のような食感ですね。

まとめ

米粉スコーンの作り方を紹介しました。

バターありと、バター不使用、どちらも美味しく作れます。

自分のお好みに合わせて作ってみてください。

米粉のスコーンはすごくサクサクでほろほろっと崩れる食感が美味しいですよ。

グルテンフリー生活をしている人や小麦粉アレルギーの人でなくても、

米粉のスコーンの美味しさをぜひ味わってみてほしいな~と思います。

優しい甘味でお砂糖控えめでも美味しい仕上がりになります。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる