【玄米】便秘解消や肌荒れの改善に効果大!お勧めの食べ方と注意点

食材・調味料

便秘や肌荒れで悩んでいる人にぜひおススメしたい食生活改善法。

それは、

毎日の食事を玄米に変えたこと!

私の場合はさらに酵素玄米にして、免疫力アップし便秘以外にも風邪をひかなくなったり
疲れなくなったり・・・と良いこと尽くしです。

ただし、玄米を食べるにあたって注意することもあるので

こちらも必ず読んでくださいね。

玄米の良いところ

玄米にはビタミンBが豊富に含まれています。

これは、糖質がエネルギーとして利用されるときに必要な栄養素。

糖質をエネルギーに変えてくれるなんて、そんな嬉しい栄養素が含まれているんですよ!

 

また、ビタミンEも含まれていて、抗酸化作用を発揮。

抗酸化作用って、体の中の悪い物質(活性酸素)を除去してくれる作用で

これも自分の体にとって嬉しいことですよね。

 

それから食物繊維!が豊富に含まれているということ。

便秘解消に嬉しいことです。

 

玄米は普通のご飯よりも代謝をアップしてくれたり、

活性酸素を取り除いて体の調子をよくしてくれたり、

便秘を改善してくれたりと

良いことがたくさんです。

 

玄米と精白米は何が違う?

玄米は収穫した稲から外側のもみ殻だけを取り除いたもので

お米ひと粒に胚芽・ぬか層・胚乳が含まれます。

この中には、

タンパク質・脂質・炭水化物・
ビタミン・ミネラル・食物繊維が
バランスよく含まれているんです。

 

 

 

精白米は、この玄米から、ぬか層と胚芽をすべて取り除いて胚乳の部分だけになったものです。

つまり、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの大切な栄養素を取り除いてしまった後の状態。

 

同じお米ですが、簡単に言えば、

玄米は栄養素がある状態、白米は栄養がほとんどない状態、ということです。

玄米を食べる時に注意すること。

玄米を食べるにあたり、注意することがあります。

実は玄米には発芽毒といわれる成分が含まれています。

「じゃあ、食べない方がよい?」

いえいえ、大丈夫です!

玄米を炊く前に、しっかり水に浸し(1日以上)発芽させることで毒はなくなります。

必ず水に浸してから炊くようにしましょう。

 

玄米をより効果的に美味しく食べる方法

「寝かし玄米」「酵素玄米」として食べる。
この方法で玄米を食べると、すごくモチモチして美味しくなります。
食べなれてきたせいか、私はこの味の方がふつうの玄米よりも美味しく感じます。

この「酵素玄米」は小豆を入れて炊くので、小豆の栄養価もプラスされるのでさらに良いです。

小豆には、食物繊維がゴボウの3倍!サツマイモの8倍も!含まれていて、さらに
この食物繊維は水に溶けない不溶性繊維の割合が多いので、満腹感が得られます。
小豆の皮にはサポニンという野菜がもっている力(ファイトケミカルス)が含まれます。
これは脂肪の吸収を抑えてくれて、血液をさらさらにしてくれる効果がありますよ。
和菓子などで食べる甘い餡子以外に小豆を毎日食べることができるので
酵素玄米を食べると玄米の栄養+小豆の栄養で良いことずくし。
しかも、先ほど書いた発芽毒も
寝かして発酵させることにより毒の成分は消えると言ってもよいでしょう。
また、玄米は消化が悪いですが、寝かして「酵素玄米」の状態で食べると
モチモチと柔らかくなり、消化も良くなります。

酵素玄米の作り方

酵素玄米はいろいろな作り方や分量があると思いますが、
これは私が様々な分量で何度も作り私自身が一番美味しい!と納得がいく仕上がりになった作り方です。

1回で作りやすい分量は、玄米650gに対して、小豆が50g。塩は8g。水は5カップと3/4カップ(150ml)です。

玄米と小豆を量りザルに入れ、グルグルと混ぜながら洗います。
洗い方でいろいろ説がありますが、私は洗い方よりも浸水の方が大切だと思います。

先ほど書いたように、玄米には発芽毒という成分が含まれていますから
たっぷりの水につけて1日しっかり吸水させましょう。
炊くときは、しっかりと水に浸けておいた玄米の水気をきってから圧力鍋に入れます。
ここでしっかりと水分を量りましょう。
塩と水カップ5杯分(1カップは200ml)と150mlを加えたら圧力鍋を火にかけ、高圧で20分加圧し
加圧後は20分放置しておけば炊き上がりです。

蒸らし終わったあと保温ジャーに炊けた玄米を入れ1日おいておき
1日後、清潔なしゃもじで軽く混ぜ合わせ、再び保温するという作業を3日ほど行うと
美味しい酵素玄米の出来上がりです。

とは言っても待てない!という人もいます。
1日目から食べることはできます。
ただ、やはり3日くらい発酵させたものの方が
小豆もぷっくらしてご飯の色も赤褐色になり美味しいです。

写真の右上は出来上がってすぐの酵素玄米。

左下は3日後。

見てもらうとお分かりですが、色が濃い赤茶に変化してますね。
モチモチ感も赤飯のような小豆の風味もより濃い感じになってきます。

発酵加減はお好みなので、自分の好きな時に食べるのがいいと思います。

気になる日持ちは、5日を目安に食べましょう。
我が家は3日目くらいでもう食べきってしまうので問題ないですが
5日目くらいまでに食べきるのが保存的にも安全です。
そして、気を付けることは、保温ジャーのスイッチを絶対に切らないように!
食べ物は30℃から60℃くらいで菌が繁殖しやすいです。
保温ジャーは70℃から80℃の温度を保ちますので腐敗の心配はありませんが
スイッチを切ってしまうと繁殖しやすい温度になりますので注意してくださいね!

ご飯を玄米にかえて変わったこと。

毎日の「ごはん」を玄米(酵素玄米)に変えて、私が変わったことは、

まずは便秘解消です。

3日に1回が当たり前のような私だったのですが、ホントに毎日しっかりです(#^^#)(笑)

食物繊維だけでなく玄米に含まれるビタミンB1が腸の筋肉の働きをよくしてくれ

便秘解消に役立ちます。

 

つづいて便秘解消したことで、肌荒れが治った!

便秘になると、余分なコレステロールや老廃物が、血液へ吸収されてしまいます。
そのため、吹き出物、肌荒れ、肥満などの原因につながってしまいます。
特に女性にとっては肌荒れはホント大敵です。。。
肌荒れが治ると、お化粧ののりも良く、若返り効果もバッチリです☆

便秘や肌荒れで悩んでいたら、毎日のごはんを玄米にかえることをお勧めします。

先ほども書きましたが玄米はしっかり吸水させないと発芽毒という毒素が残っているため
逆効果・・・。ということにならないために、しっかり吸水してから炊きましょう。

どんなことでも言えますが、毎日続けることで効果が出てきます。
よく噛んで美味しさを味わいながら玄米を食べて健康になってほしいと思います・

玄米についてのまとめ

玄米にはビタミンB1、B2、ナイアシン、ビタミンE,食物繊維が豊富に含まれている。
この栄養素をほとんど取り除いたものが白米。
せっかくお米を食べるのなら、お米が持っている栄養素をしっかり摂取したい。
だから、毎日たべるご飯を玄米に変える
(でも玄米は食べにくい・・・)→ 「寝かし玄米」「酵素玄米」にしたらモチモチっと美味しく食べれるよ!
玄米効果で便秘や肌荒れが解消される(^^)/
いかがでしたか?
白米を食べている人も玄米に変えてみようかな~って思ってもらえたら嬉しいです。
そして、効果を期待するなら続けることが大切!
1日だけ玄米を食べて、「便秘治らないじゃん」っていうのは無理な話です。
毎日の食事を変えることで、少しずつ改善されていくものなんです。
なぜなら薬ではないですから。
今日からやってみよう!と思ったら、ぜひとも続けてみてください。
始めは効果がみられないかもしれません。(個人差があるので)
でも、習慣になって食べ続けることで、体が変わってくるのが分かりますよ☆
その日が来るのを楽しみに♬  楽しんで食事をしてくださいね(#^^#)

 

この記事を書いた人
Miwa

フードスタイルアドバイザーのMIWAです。

料理を作るのも食べるのも大好きな私。
体のために、健康で美味しいレシピを日々考えています。
毎日の生活が健康で楽しく過ごせるように、
美味しく食べて健康になる様々な情報をお届けしていこうと思います。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
食材・調味料
シェアする
Miwaをフォローする
FoodStyleLab―体がよろこぶ美味しい生活―

コメント