ゴールデンベリーの効能がすごい!どんな味?おすすめの食べ方とは。

Food

今話題になっている「ゴールデンベリー」

スーパーフードといわれるだけあって、
栄養や効能が素晴らしい!

私は話題になる前に、長野県のお友達から送っていただき初めて食べたのがきっかけで
それ以来、食べるようになったのですが、
その時は、こんなに話題になるとは思ってもいませんでした(笑)

まだ食べたことがない人も多い「ゴールデンベリー」
どんな効能があるの?一体どんな味?と思っている人に、
ゴールデンベリーの効能や、おすすめの食べ方など紹介していきます。

この味わいは、あまり食べたことがない味ですね。

スイーツにも料理にも使える味わいで、さらに嬉しいことに効能が素晴らしい!
ぜひ美容と健康のために、ゴールデンベリーを取り入れてみてください。

この魅力的な味わいにハマること間違いなしですよ。

スポンサーリンク

ゴールデンベリーの魅力

 

ゴールデンベリーと言われていますが、別名で「インカベリー」とも呼ばれており、
私が食べているものは、【有機インカベリー】という名前で売られています。


初めて食べたのは、長野県に住んでいるお友達が
健康志向の私のためにおすすめのドライフルーツを送るね。
と送ってくれたのが初のゴールデンベリーでした。

MIWA
MIWA

そのときは、食用ほおずきの乾燥したものがあるんだ~と驚いたわ。

そう、ゴールデンベリーというのは、食用ほおずきを乾燥させたもの

 

どんな味?

 

 

食用ほおずき というもの自体を食べたことがなかったので、
乾燥させたものがどんな味なのか、ということも想像がつかずに口にしました。

 

すると、中からは種らしきものが出てきて、口の中でプチプチとした食感。
乾燥しているので、しっかり噛み応えがあり、
なんとなくドライトマトのような甘酸っぱさも感じました。

甘味というよりは、酸味が強いかな。

という印象。

酸っぱいの好きな私には、「美味しい」と感じたのですが、
酸味が苦手な旦那さんは、ちょっと難しい感じ(笑)でした。

 

MIWA
MIWA

酸っぱいのが苦手な人には食べ方を一工夫した方が良さそうね。
あとでおすすめの食べ方を紹介しますね!

効能は?

スーパーフードと言われるには、きっと素晴らしい栄養、そして効能があるはずです。

ということで、ゴールデンベリーについて調べてみると、
すごいことが判明しました!

イノシトールというビタミンB群に一種の栄養素が血中の脂肪を排出してくれるという嬉しい情報。

このイノシトールは、肌の保湿効果もあり、たるみやシワなども防いでくれる効能が期待できそう。
さらに、コレステロール値を下げる効能もあるということが分かりました。

そして、みるからに分かりますが、食物繊維が豊富です。

また、ビタミンやミネラルが豊富で、
とくに私が気になったのがビタミンAとビタミンE。

このビタミンAやEには、抗酸化作用があり、
今の時代に避けて通れない活性酸素を除去してくれるという作用。

この抗酸化力が強いというゴールデンベリーは、老化防止や美肌対策にもってこいのドライフルーツですよね。

 

毎日の食事に少しずつ取り入れることで、美容と健康になれますよね!

さっそく、おすすめの食べ方を紹介していこうと思います。

ゴールデンベリーのおすすめの食べ方

 

そのまま食べても美味しいゴールデンベリーですが、
少し酸味がキツいので、私のように酸っぱいのが好きな人には美味しく感じても
うちの旦那さんのように酸っぱいのが苦手な人には食べにくいかも。

ということで、だれでも美味しく食べれるおすすめの食べ方を紹介していきます。

ヨーグルトにトッピング

ゴールデンベリーの酸味を活かして食べるとっておきの方法がヨーグルトにトッピングする食べ方。

ヨーグルトの酸味とゴールデンベリーの酸味が合わさると、
意外にもゴールデンベリーの甘味が引き立ってくるんですよ!

一緒にミューズリーや大麦フレークなどを加えて食べるのもおすすめ。

もし、甘味が欲しい場合はハチミツをかけて食べるとより美味しく食べれます。

 

豆乳に浸して豆乳プリン

 

酸っぱいのがダメな旦那さんに、なんとかして食べてもらおう!(笑)
と考えてみたのがゴールデンベリー入りの豆乳プリン。

ゴールデンベリーをキッチンバサミでカットして食べやすくしたものを豆乳に浸しておきます。

 

すると、固いゴールデンベリーがふやけて柔らかくなり、
浸しておいた豆乳にゴールデンベリーの甘味と酸味がうつり、ほんのり甘味のある豆乳になっていました。

この豆乳に好みの甘さになるようハチミツを加えて、
ふやかした粉ゼラチンを溶かして混ぜて冷やし固めてプリン風にしてみました。

 

 

これは旦那さんも美味しいと食べてくれましたよ。

 

ドレッシングに加える

 

オリーブオイルにカットしたゴールデンベリーを浸してオイル漬けにしておきます。

これをサラダにトッピングすれば、簡単で美味しいドレッシングになります。

塩は?酢は?

もちろん、味をみて加えてもらえば大丈夫ですが、
オイル漬けにしている間に、ゴールデンベリーから酸味や甘味や美味しさがオイルに出てきます。

酢を加えなくてもほのかに酸味を感じて美味しくなっていますので、
そのあとに、お好みでレモン汁や酢などを加えたり、甘味を追加したり、
岩塩を少々加えるなどして、お好みのドレッシングに仕上げるのがおすすめです。

 

ひと手間かけるなら、ハーブを加えるのもおすすめです。

ゴールデンベリーの栄養がたっぷり含まれているオイルに、
バジルやディル、オレガノなどのハーブも混ぜて作れば、最高のドレッシングになりますよ。

 

まとめ

 

 

今、スーパーフードとして話題の「ゴールデンベリー」

別名「インカベリー」の効能や味わい、おすすめの食べ方を紹介してきました。

味わいは、酸味が強いですが、じっくり噛み占めると甘味を感じてきます。
酸味が苦手な人は、ヨーグルトに加えたり、ドレッシングに混ぜたりして
美味しく食べてみてください。

栄養面では、ビタミンやミネラルが豊富で、
とくに抗酸化作用があるビタミンAやEの効能が期待できます。

老化を防いで、美肌効果もありますし、食物繊維が豊富なので、便秘解消にも効果があります。

薬ではないので、毎日少しずつを続けて食べるのが良いですよね。

また、食べるものなので、安心できるものを選ぶようにしてください。
おすすめは私が食べている有機インカベリー。

オーガニックで安心、安全なゴールデンベリーです。
味わいはやさしい甘味としっかりした酸味が特徴で、どんな食べ方でも合いますよ。

スーパーフードに詳しくなれる資格も今大人気。
スーパーフードプランナーについては、こちらで書いています。

 

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
子供たちと一緒に料理するのが楽しい毎日。
レシピは子供たちに伝えたいものや、子供たちが教えて~とリクエストがあったものをブログにレシピとして残しています。

趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。
ディズニー好き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
Food
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました