【オリーブ】実を美味しく食べるおすすめの使い方と注意点。

Food

「オリーブオイルはよく使うけれど、オリーブの実ってあまり使わないな~」

「オリーブの実ってどんな食べ方をしたら美味しいの?」

こんなことを思ったことはありませんか?(私だけ!?)

食にあまり詳しくなかったころは、
オリーブの実はオシャレなお店でしか使われないような特別な食材だと思っていた私。

食に関心を持つようになり、自分でレシピを開発したり、
食に関する資格も取り、いろいろと勉強していくうちに、使う食材も増えていき
オリーブの実もよく使うようになってきました。

以前の私のように、オリーブの実の使い方が分からない人に
少しでもオリーブの実の美味しい食べ方や使い方をお伝えしたくて今回の記事を書きます。

オリーブの実は塩漬けやオイル漬けなどで瓶や缶詰めで売られています。

使い方を知らないと、なかなか手にとらない商品ですが、
美味しい使い方を知れば、使ってみようかな、という気持ちになりますよね。

いつものお料理がオリーブの実が入ることで、見た目もオシャレに、風味や味わいもアップし、
さらにはダイエット効果やアンチエイジング効果まで得ることができるかも!

ぜひ、まだ使ったことがない人に
「オリーブの実ってこんなに簡単に使えて、料理が美味しくなるのね!」

そう思っていただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

オリーブの実の種類

オリーブの実には緑色をした実と黒い実があるのは知っていますか?

私は別物なのかと思っていたのですが、これは同じオリーブの実で、
緑の実が熟成していくと黒い実になっていきます。

熟成することで、オイルの原料となるオレイン酸が増えていきます。

そのため私たちがよく使っているオリーブオイルは、黒い実のオリーブから絞られた油なんです。

では、オリーブの実にはどんな栄養があるのかについて少し紹介します。

オリーブの栄養

 

オリーブの実に含まれている栄養素は

・オレイン酸
・ビタミンE
・カルシウム
・βカロテン
・食物繊維
・ポリフェノール

などです。

ポリフェノールは苦みなどの成分なので、緑色の実の方が多いですが、
オレイン酸は熟成した黒い実の方が多く含まれています。

ではオリーブオイルにすると栄養成分はどう変わるのか?というと

オリーブの実を絞ったときにカスとして捨てられてしまう部分に含まれる
<食物繊維とβカロテン>がオリーブオイルには含まれていません。
MIWA
MIWA

オリーブオイルでは取れない栄養素も実には含まれているんですね~!

オリーブの使い方

ここでは、初めての人でも簡単に使えて、手に入りやすい
塩漬けやオイル漬けの瓶詰や缶詰タイプのオリーブの実の使い方について紹介します。

漬けてある液の水分や油分をしっかりきってから使います。

塩漬けなどは、どれくらいの塩味なのかを確認してから料理に使いましょう。
そのために、まず1個、もしくは1個を薄くスライスしたものを一口食べて味見することです。

この塩分の加減をみながら料理に加えていきます。

 

そのままおつまみに

 

オイル漬けなどで、それほど塩分がきつくないオリーブの実は、
そのままおつまみとして食べるのも美味しいです。

チーズやパン、キュウリやトマトやセロリなどの野菜を添えてオードブル風に食べるといいですよ。

でも、オリーブの実に食べ慣れていない人は、はじめは食べにくいかもしれません。
そんなときは、ぜひ料理に使ってみてください。

料理に使う方法は次で紹介します。

サラダやマリネに

オリーブの実に食べ慣れていない人や、オリーブの実の塩分がきついかな、という場合は
サラダに使うと美味しく食べれます。

食べ慣れていない人には、丸ごと使うのではなく1粒を2~3等分にスライスして使ってみてください。

瓶詰などの種類によっては<スライスオリーブ>として売られているものもありますよ。

また、マリネに使うのもおすすめです。
オリーブの塩気をプラスしたり、盛り付けの彩りなどに使うと見た目も美味しそうに仕上がります。

この時、塩分が多いスモークサーモンや生ハムと合わせると塩辛くなることがありますので
注意して使ってくださいね。

写真はトマトと豆腐を合わせたカプレーゼ。

もちろん本場のようにトマトとモッツァレラチーズで作ったものに
オリーブのスライスを合わせても美味しいですよ。

パスタに

 

パスタにオリーブの実を加えることで、味にメリハリがついたり、風味がアップして美味しくなります。

オリーブの実はチーズとも相性がよいので、
オリーブの実に慣れていない人でもパスタに使えば美味しく食べることができますよ。

また、オリーブの実を加えただけで、本格的なパスタの味に使づけることができるので
料理が苦手な人でも市販のパスタソースにオリーブの実を加えてみてください。

「今日のパスタ、何かレストランの味みたいで美味しい!」

そんな感想を言ってもらえると思いますよ。

ピザに

 

パスタと合うなら、ピザにも合いますよね!

ピザを生地から手作りする人はもちろんですが、
市販のトースターなどで焼くだけで食べれる簡単なピザに、
ひと手間オリーブのスライスをトッピングしてみてください。

「あれ?このピザってこんなに美味しかったっけ?」

と驚きますよ。

それくらいオリーブの実の効果ってあると思います。

オリーブの独特の味わいと風味がとろけたチーズやトマト、バジルなどとよく合うので
とっても美味しくなります。

パンに

 

パンに添えて一緒に食べるだけでも美味しいオリーブの実ですが、
パンを作るときに、生地に混ぜたり、トッピングすると美味しいパンになります。

写真は、ジャガイモを加えて作ったフォカッチャ。

生地の最終段階、焼く前にオリーブのスライスをトッピングしてから焼きました。
焼き上がりの風味や食べたときの味わいが格別です。

パン作りはあまりしない・・・という人でも、
「ホームベーカリーなら使える」
という人は、ぜひ、ホームベーカリーのこねる作業が終わったころに
オリーブのスライスを加えて一緒に焼いてみてください。

簡単に美味しいパンが作れます。

オリーブの効果とは

 

オリーブの使い方が分かったところで、
オリーブの実を食べるとどんな効果があるのかについても少し紹介しますね!

先ほど栄養のところで、ビタミンEやポリフェノールが含まれていることを紹介しました。

このビタミンEやポリフェノールには抗酸化作用があり、
若返り効果やアンチエイジングの効果があります。

いわゆる、活性酸素といわれる体にできてしまったサビを除去してくれるというものです。

また、オレイン酸には、悪玉コレステロールを下げる効果があったり、
食物繊維には便秘解消や余分な脂肪分を排出するという効果もあります。

この体に良いオレイン酸はダイエットには効果的な成分なので、
ダイエット効果も期待できます。

まとめ

オリーブの実は塩漬けやオイル漬けなどですぐに食べれる瓶詰や缶詰が売られています。

オリーブの実をどうやって使ったらいいのか分からない人でも、
瓶詰や缶詰のオリーブを使えば、いろいろな食べ方でオリーブの実を楽しむことができます。

そのままおつまみとして食べる場合は、
まず塩分がどれくらいなのかをチェックしてみてくださいね。

塩分がキツい場合は、サラダやパスタやピザなどに加えて使ってみましょう。

いつもの料理がワンランクアップしたような美味しさに変わります。

実は、私は「オリーブの実なんて、あってもなくてもそんなに変わらないんじゃない」
と思っていたのですが、使い始めてみると、

「オリーブの実を使った方が美味しくなる!」

という料理が多くなりました。

トッピングなどに使うだけのオリーブの実なので、どちらでもいいと思われがちなんですが、
ぜひ使ってみてほしいです。

オリーブの実を加えたことで、美味しさが一段と増してくれますよ。

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
子供たちと一緒に料理するのが楽しい毎日。
レシピは子供たちに伝えたいものや、子供たちが教えて~とリクエストがあったものをブログにレシピとして残しています。

趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。
ディズニー好き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
Food
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました