「米粉のべビーカステラ」砂糖・バター・卵不使用で簡単おいしい!

レシピ

米粉のおやつを子供と一緒に楽しく作れるとっておきのレシピを紹介します!

「米粉のベビーカステラ」です。

たこ焼き器を使って作るので、とっても楽しく作れますよ。

今回はバター、卵、小麦粉不使用だけでなく、お砂糖まで不使用なんです。

甘さは何で?

本みりんを使って作ります。

体にやさしくて美味しいおやつを子供たちと楽しく作ってみてください!

スポンサーリンク

砂糖不使用!「米粉のベビーカステラ」

 

材料を混ぜ合わせてたこ焼き器で焼くだけの簡単なおやつです。

甘さは本みりんを使用します。本みりんはお酒の分類になります。

アルコール分が含まれているので、必ず煮切ってから使ってくださいね。

材料

10個分

米粉・・・50g
ベーキングパウダー・・・3g
本みりん・・・100ml(煮切って50mlにしてから使います)
豆乳・・・50ml
米油・・・10g

油は米油を使うと香ばしく揚げたような風味が出て美味しく作れますよ!

作り方

1、本みりんを鍋に入れ半量になるまで煮詰めます。

 

タイミングとしては、沸々し始めて量が少し減ってきたところで計量カップに戻して
みりんの分量をみてみるのが一番早い方法です。

 

2、米粉とベーキングパウダーを合わせたところに煮切った本みりん50mlと豆乳を加える。

3、米油を加えてしっかりと混ぜ合わせたら生地の出来上がり。

 

4、たこ焼き器を熱して生地を入れて焼く。

本みりんを煮切ると、かなり甘味が強くなるので焦げやすいです。

火加減に注意しながら固まってきたら竹串でくるっと返して焼いてください。

表面がこんがり焼けたら出来上がりです!

 

砂糖不使用なのに甘さしっかり!

今回のレシピは砂糖を使いません。

本みりんを使います。

本みりんってお料理に使うイメージがありますが、煮切るとハチミツ以上に甘くなりますよ。

もち米や米こうじを原料に作られている本みりんは、米粉との相性がバッチリです。

子供たちのおやつに健康のことを考えて作りたいと思っている人におすすめですよ。

たこ焼き器で作れるから楽しい!

子供たちにおやつを作る時間がなくても、一緒に作れば待っている時間なんて関係ありません。

作っている時間からもう遊びみたいな気分で楽しんでくれますね。

小学生のお子さんなら一緒にひっくり返すのを手伝ってくれますし、

幼稚園のお子さんなら見ているだけでも楽しんでくれます。

今回使ったのは、BRUNOのたこ焼き器。

一度にたくさん焼けて、油をひかなくてもこびりつかないのでおすすめですよ~。

米油なら冷めても美味しい!

もうひとつ重要なポイント!

使う油は米油がおすすめです。

子供たちは出来立ての熱々は食べれないので冷めてから食べますが

このとき、使っている油がサラダ油だと冷めたときに油臭く仕上がります。

酸化するのも早いので、せっかく体に優しいおやつなのに酸化した油が体に悪いおやつに・・・

そんなことにならないためにも、米油がおすすめです。

ビタミンEも豊富に含まれているので、抗酸化作用もあり健康的なおやつが作れますよ。

 

まとめ

米粉のベビーカステラの作り方を紹介しました。

砂糖は使わず本みりんを使うことでより健康的なおやつが作れます。

本みりんを煮切るとハチミツ以上に甘くなります。しっかりと煮切って加えてみてください。

またバターを使わず米油を使ってしっとりサクサクの美味しいベビーカステラができます。

米油は米粉との相性もよいですし、冷めても美味しい!

そしてビタミンEも豊富に含まれているので、子供たちのおやつにおすすめです。

たこ焼き器で楽しく作れるベビーカステラ。

ぜひお子さんと一緒に作ってみてくださいね。

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
子供たちと一緒に料理するのが楽しい毎日。
レシピは子供たちに伝えたいものや、子供たちが教えて~とリクエストがあったものをブログにレシピとして残しています。

趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。
ディズニー好き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
レシピ
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました