米粉で作るチョコレートマドレーヌ。バター不使用・簡単レシピ

今回は米粉で作れる簡単なチョコレートマドレーヌを紹介します。

・グルテンフリーのチョコレートケーキ
・卵使用
・焼き立てふんわり
・表面サクッと中はしっとり
・混ぜて焼くだけ
・バター不使用

このようなレシピになっています。

ミニマドレーヌ型で作れば可愛いサイズの美味しいチョコレートマドレーヌに仕上がります。

ちょっとしたプレゼントにもおすすめ。

よかったらバレンタインのスイーツに作ってみてくださいね。

目次

米粉のチョコレートマドレーヌ

今回の米粉で作るチョコケーキは卵を使ってふんわり仕上げてみました。

卵の力で焼き立てはふんわり、冷めたときはしっとり食感になります。

といっても、卵をハンドミキサーで泡立てる必要はありません。

泡立て器でぐるぐると混ぜ合わせるだけの簡単レシピですので、
お子さんでも作れますよ!よかったらご一緒に作ってみてくださいね。

材料

ミニマドレーヌ型 約30個分

卵・・・1個
きび砂糖・・25g
豆乳・・・50g
米油(太白胡麻油でも可)・・・15g 

◎米粉・・・50g
◎ココアパウダー・・4g
◎ベーキングパウダー・・・3g

チョコレート・・・50g

今回は型から取り外しやすいシリコンのミニマドレーヌ型を使用しました。

シリコンの型を使うと、焼きあがって型に生地がくっつかず綺麗に取り出せるのでおすすめです。

作り方

1,ボウルに卵ときび砂糖を入れ泡立て器でよく混ぜる。

2,ここに豆乳と米油を加えてしっかり混ぜ合わせたら、◎の粉を合わせてふるって加える。

 (ココアパウダーが固まっていることがあるので、ふるって入れてください)

3,チョコレートを砕いて耐熱ボウルに入れレンジ(600W)で1分ほど加熱する。

チョコをレンジで溶かすときは様子をみながら、チョコが半分くらい溶けたところでレンジから取り出し
残りは余熱で混ぜながら溶かすと、きれいに溶かすことができます。

4,溶かしたチョコを②の生地に加えて混ぜ合わせ、シリコンのミニマドレーヌ型に入れる。

5,180度に予熱したオーブンで15分ほど焼く。

残った生地は2回に分けて焼いてもOKですが、ミニパウンド型に入れて一緒に焼いてもOKです。
この場合はミニパウンド型の高さ1㎝くらいまで生地を入れて焼くと同じ時間で焼き上がります。

パウンド型で焼く場合

この米粉チョコレート生地をパウンド型に入れて焼くと、また違った食感が楽しめます。

私は、ミニマドレーヌ型を1個しか持っていないので、
いつもミニマドレーヌ型とミニパウンド型に生地を入れて一緒に焼いています。

パウンド型にたっぷり生地を入れて焼く場合は焼き時間を長め(30分前後)にして作ってください。

上にナッツをのせて焼いてみたら、ぱっかりと割れました(笑)

もしナッツを入れる場合は生地に混ぜ込んだ方がきれいに焼き上がりますね。

美味しい食べ方

焼き立てはとってもふんわりして柔らかいケーキです。

冷めるとしっとりします。

焼き立てのふんわり感はなくなりますが、うちの息子はこの冷めた感じの食感が好きだそう。
娘は焼き立てのふんわりした食感が好みのようです。

お好みに合わせて美味しい食べ方を紹介しますね。

ふんわりした焼き立てを楽しみたい場合

マドレーヌ(1~3個分)を耐熱皿にのせ、レンジ600Wで10~15秒加熱すると焼き立てのふんわり感がもどってきます。

やりすぎると熱くて食べるのに大変で、冷めたときに固くなりますので、気を付けてください。

まとめ

米粉で作るチョコマドレーヌのレシピを紹介しました。

バターを使わず米油を少量加えて作れます。

チョコもレンジで簡単に溶かす方法をご紹介したので、混ぜるだけ!
お子さんと一緒に作っても簡単に作れると思います。

米粉なので、ぐるぐると混ぜてもふんわり焼き上がりますよ。

よかったらバレンタインのスイーツに作ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる