冷めてもふんわり!米粉のパンケーキ。豆腐入りで栄養アップ!

米粉のパンケーキはよく作っていますが、最近の我が家の米粉パンケーキは豆腐入りが主流。

冷めてもふんわりで、とってもふわふわに焼きあがるんです。

おやつの時はミニサイズで。

朝食には大きなサイズで焼いてます。

簡単に作れて、とってもふんわり。

米粉の甘味も考えてお砂糖は控えめにしています。(優しい甘味で美味しいですよ)

ぜひ米粉のおやつのレパートリーに加えてみてくださいね。

目次

豆腐入りでふわふわ!米粉のパンケーキ

米粉で作るパンケーキはもっちりなイメージがあるかもしれませんが、

このパンケーキはとってもふんわり、冷めてもふわふわなんです。

豆腐を加えるとふわふわになるだけでなく、栄養もアップします!

材料

小さめサイズ10枚程度・大きいサイズなら2枚(14~15㎝フライパン)

豆腐(水切り不要)・・・50g
卵・・・1個
砂糖・・・15~20g
塩・・・ほんの少し
豆乳・・・100g
油(米油または太白胡麻油)・・・小さじ1
〇米粉・・・100g
〇ベーキングパウダー・・5g

油(焼く時用)・・・少々

私は砂糖はきび砂糖を使用しています。お好みのお砂糖で作ってOKです。
油は香りがなくさらっとした米油や太白胡麻油がおすすめです。

作り方

1,ボウルに豆腐を入れて泡立て器でふわふわになるまで混ぜる。

2,豆腐がふわふわになったら卵、砂糖、塩を少々加えてよく混ぜる。


3,豆乳と米油を加えてさらにしっかり混ぜたら、米粉とベーキングパウダーを加えて混ぜ合わせる。

4、フライパンにうすく油をぬって生地を流し入れる。

大きいサイズで作る場合は14~15㎝のフライパンで2枚分。

まずは1/2量を加えて入れ、弱火にして蓋をして蒸し焼きにし、表面が乾いてきたら裏返して裏面も焼く。

ミニサイズなら10枚くらい。焼き方は同様に弱火で蓋をして蒸し焼きにして焼きます。

きれいに焼くコツ

テフロン加工のフライパンを使う方がきれいに焼けます。

火加減は弱火で蓋をして蒸し焼きにすることで、ふんわりと焼き上がります。

裏返した時にも蓋をして焼いてみてください。

裏返した時は、最初に焼いたときよりも短い時間で大丈夫です。

まとめ

豆腐入りでふんわり焼きあがる米粉のパンケーキを紹介しました。

豆腐を加えることでふわふわ感が続き、冷めてもふわふわです。

弱火で蓋をしてじっくり焼くと、米粉ですがとってもふんわり焼き上がりますよ。

粉の甘味で優しい味わいです。

冷めてもふわふわなのでおやつ用に作っておいてもOKです。

もちろん焼き立てはふんわり!

よかったら米粉のおやつのレパートリーに加えてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる