豆乳の効果は子供の成長にメリットが!牛乳よりも豆乳が良い理由。

Food

豆乳は体に良いと言われていて、最近では豆乳を飲む人も増えてきましたよね。

私は、ある本がきっかけで牛乳の代わりに豆乳を飲むようになりました。
豆乳には素晴らしい効果がたくさんあり、
実際に飲み続けていると体の調子もよいです。

今まで牛乳を飲んでいたのをバッサリと豆乳に変えたのには訳があり、
子供たちにも、できる限り豆乳を飲ませるようにしています。

豆乳のことをより詳しく調べていくと、子供にも良いことがたくさんありました。

今、学校の給食では牛乳が出ます。
「なぜ豆乳を出さないのか」と疑問に思うほど、
豆乳は子供たちの成長にもよい役割を果たしています。

今回は、豆乳の良さ、効果について、そして子供の成長にもどんなメリットがあるのか、

ということについて書いていきます。

私が衝撃を受けた本でも書かれていますが、
食については、常に研究がすすめられ新しい情報が出ているため、
効果なども変わってくることがあります。

新しい情報に合わせて記事の内容も訂正や追加していきますのでご了承ください。

スポンサーリンク

豆乳は子供の成長におすすめ!

 

豆乳の成分の中には
学習能力や集中力、記憶力をアップさせてくれる効果があります。

また、豆乳は植物性たんぱく質で、
発育に大きな効果をもたらしてくれる「リジン」が
含まれています。

牛乳 = カルシウム

そんなイメージが強くて、子供には牛乳を飲ませなくちゃと思っていませんか?

私もそうでした。

でも、実際はそうではなかったんです。

たしかに、牛乳は豆乳よりもカルシウムが豊富にふくまれています。

でも大切なのは、吸収率!
豆乳にはカルシウムの含有量は少ないですが、吸収率を上げてくれるマグネシウムが含まれています。

つまり、バランスなんです!

どんなに牛乳にカルシウムが多く含まれていても、吸収されなければ意味はなし。

「子供たちにはバランスのよい豆乳を飲ませたい」

というのが私の意見ですが、学校では牛乳というのが今の状況です。

子供たちには学校では仕方がないので牛乳を飲むように言っていますが
家では豆乳を飲むようにさせています。

私が読んだ「フィット・フォー・ライフ」という本で心に残っている言葉があります。

 

牛乳は牛の赤ちゃんだけが飲むものだ。
成長した牛は草を食べて生きている。すなわち、人間の体も野菜が一番必要なのだ。

というようなことが書かれており、
牛乳など飲むものではない、という強い言い方がしてありました。


どこまで信用するかはそれぞれだと思いますが、
他に読んだ本の中でも

動物性を食べるよりは植物性のものを食べるほうが良い。と書かれています。

豆乳は植物性ですから、牛乳よりは安心して子供たちに飲ませられます。

 

豆乳の栄養と効果は?

子供の成長によい効果を発揮してくれる豆乳には、
どんな栄養があり、どんな効果があるのか。
ということについて、詳しく説明します。

私が毎日、お料理にも豆乳を使うようになったのは、
様々な効果が豆乳には期待できるからなんです。

大豆イソフラボン

豆乳というと真っ先に思いつくのが、この「大豆イソフラボン」です。

最近では、スーパーの豆乳売り場でも「イソフラボンが体によいから豆乳を飲もう!
みたいなキャッチフレーズが書かれているほどです。

この大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため
女性にとってはすごくうれしい成分。

エストロゲンそのものにはなりませんが、
年齢とともに減少していくエストロゲンのサポートをしてくれます。

更年期になってくると、ホルモンのバランスが崩れ、頭痛やうつ病などの症状も出ることがあります。
この予防のためにも、豆乳を毎日適量を取るのがいいです。

サポニン

これも、よく耳にする成分です。

大豆サポニンは、抗酸化作用があり、活性酸素を抑える働きがあります。

活性酸素は、毎日の生活環境でのストレスや
精神的なストレスなどからできる体のサビ
のようなもの。

これをそのままにしておくと、老化現象となって体のあちこちに現れてきます。

今の世の中、活性酸素とは切ってもきれない関係です。

意識してサポニンを取るようにしたいです。

レシチン

豆乳のすばらしい成分といえばこのレシチンは、はずせません!

大豆レシチンは新陳代謝をよくするため、
肌の生まれ変わりを正常にしてくれることから美肌効果も期待できます。

さらに、脳の栄養素となる「ホスファチジルセリン」という脳の神経細胞の膜を作ってくれます。
これは、食べ物から摂取する必要がある成分なので、大豆レシチンは必ず取りたいです!

脳の栄養素ということで、
レシチンは記憶力アップや学習能力の向上、集中力アップにつながります。

これが子供にとって重要な働きをしてくれる大切な成分になります。

姫ねえさん
姫ねえさん

なるほど~!だから豆乳が子供の成長に欠かせないということね。

ビタミンB類

豆乳にはビタミンB1、B2、B6といったビタミンB群が含まれています。

ビタミンB群は美容ビタミンといわれており、美肌に効果が期待できます。

女性ホルモンのサポートをしてくれるイソフラボンも含まれていますから
美肌効果がよりいっそう期待できそうです。

オリゴ糖

豆乳って飲むと甘みがあります。

お砂糖とか入ってない豆乳なのに、ほんのり甘味を感じるのは、オリゴ糖が含まれているから。

オリゴ糖は便秘解消にすごくよい成分なんです。
なぜなら、小腸で吸収されずにそのまま大腸に届けてくれるから!

大腸でしっかり働いてくれるオリゴ糖が含まれているので、
ヨーグルトなどのビフィズス菌と一緒に取れば、さらに効果はアップします。

豆乳で作るヨーグルトもおすすめですよ。

ペプチド

豆乳にはペプチドという成分も含まれています。

これはダイエットや疲労回復にもおすすめの成分で、
脂質の代謝をアップしてくれたり、疲れを回復してくれるのに効果があります。

さらに、豆乳はノンコレステロール。

しかもコレステロールの調整作用もしてくれるので、ダイエット中でも安心して飲めますよ。

 

MIWA
MIWA

といっても、飲みすぎはカロリーや糖質の取りすぎになるので注意です!

牛乳から豆乳へ変えた一番の理由

 

牛乳から豆乳へ変えた大きな理由は、

「医師が教える食事術」を読んで、私の牛乳に対する考え方が変わったから。

 

牛乳の過剰摂取が、アトピーやぜんそくなどの病気の原因になり、
さらに大腸がんとの関係も疑われてきたというのです。

そんなことが書かれている本を読んで、牛乳が飲めますか?

私は全く飲まないというわけではないですが、できる限り豆乳を飲んでいます。

これから成長していく子供たちにも、なるべく体に良いものを食べさせてあげたいと思っているので
病気の原因につながる牛乳を避け、脳に良い影響を与えてくれる豆乳に変えました。

豆乳っておいしい!

私が毎日飲んでいるのは、もちろん、甘さを加えない無調整豆乳です。

毎日飲み続けていると、この無調整豆乳のおいしさが日に日に分かってくるようになります。
甘味やまろやかな味わいなどがおいしく感じるようになってきました。

お料理でも、牛乳を使わなくなったら、豆乳の優しい甘味、よりおいしくなった気がします。

先日、久しぶりに外食したときに食べた料理に牛乳が使われていましたが
このとき、「牛乳臭い」そう思ったんです。

私だけでなく、毎日豆乳を飲んでいる子供たちも、「牛乳臭くて美味しくない」
と言っていました。

つまり、牛乳の本来の味を見抜けるようになってきたということです。

牛乳が嫌いなわけではなく、飲まなくなったことで、
牛乳の味を客観的に味わえるようになったということです。

もともと、牛乳が大好きだったのですが、豆乳の優しい甘味と旨味に慣れてきたら
牛乳の本来の味に気が付きました。

豆乳を飲むなら、絶対に無調整を飲んでください。

調整豆乳は甘味がついているので、余分な糖質を取ってしまいます。

慣れていないと、はじめのうちは美味しく感じないのかもしれませんが、
飲みなれてくると、こんなに豆乳って美味しいんだ! そう思いますよ。

 

豆乳を飲むときの注意点

 

 

子どもの成長に豆乳はおすすめです。

ただ、今はアレルギーの子供が多い時代です。
大豆アレルギーという人も多くなってきています。

豆乳は大豆から作られている飲み物ですので、
いくら体によいから、と言ってもアレルギー症状が出てしまっては、もともこもありません。

飲む人の体質を考えたうえで豆乳を飲むかを判断してください。

健康のために飲んでいるのに、アレルギーで症状が出てしまっては大変です。
この点には必ず気を付けてください。

まとめ

豆乳の効果はたくさんあり、美肌や便秘などの効果のほか、
記憶力や学習能力、集中力のアップなど脳にもよい影響を与えてくれる効果があります。

牛乳はカルシウムは多く含まれていますが、
吸収をサポートするマグネシウムが含まれていないので
思ったほど吸収されていないのが現実。

その点、豆乳はカルシウムは少ないですが、マグネシウムも含まれていて
バランスの面からいくと、吸収されやすいということになります。

豆乳を飲み続けていると、豆乳の本来のおいしさも分かってきます。

とくに女性は更年期のホルモンのバランスにも効果が出てきます。

牛乳を飲むかわりに、豆乳にかえるだけで体に変化が出てきます。
豆乳を毎日の生活に上手に取り入れてみてくださいね。

この記事を書いた人
Miwa

Miwaです。
ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。
2児の母。(現在反抗期真っ只中。)
そんな子供たちの子育てをしながら、自分の人生をもっと楽しみたくて日々いろいろなことに挑戦するのが好き。

ディズニー大好きで年に数回仕事がお休みの日にパークに行けるのを楽しみに仕事をしてます。
趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。

【取得資格】
上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許
ホームパーティー検定3級。

Miwaをフォローする
Food
スポンサーリンク
Miwaをフォローする
ふうらぼ

コメント

タイトルとURLをコピーしました