バタフライピーとヨーグルトで作る青と白のストライプゼリー!

熱湯を注ぐと青い色になるハーブティー「バタフライピー」

今回はバタフライピーの青色を活かした可愛いスイーツを紹介します。

「バタフライピーとヨーグルトのストライプゼリー」

とってもきれいな色なので、白と合わせたら可愛いスイーツが作れそう!と思って作ったゼリー。

ヨーグルトの爽やかな味わいで仕上げているので、食後のデザートにもおすすめです。

作るのに少し時間がかかりますが・・・お時間がある人はぜひ作ってみてくださいね。

目次

バタフライピーとヨーグルトのストライプゼリー

ヨーグルトの白色とバタフライピーの青色コントラストを出したいので、

今回はバタフライピーを少し濃いめに淹れるのがポイントです!

作る工程は時間がかかり多少めんどうな感じがしますが、材料や作る作業的にはすごく簡単!

ハーブティー+グラニュー糖に固めるためのゼラチン
ヨーグルト+グラニュー糖+牛乳または豆乳に、固めるためのゼラチンがあれば作れます。

お時間があれば、ぜひ挑戦してみてください。

材料

4個分

ヨーグルトゼリー
プレーンヨーグルト・・・200g
グラニュー糖・・・20g
豆乳または牛乳・・・50ml
◎粉ゼラチン・・・5g
◎水・・・大さじ2

バタフライピーの青いゼリー
バタフライピーティー(濃いめ)・・・250ml
グラニュー糖・・・35g
◎粉ゼラチン・・・5g
◎水・・・大さじ2

作り方

ヨーグルトゼリー

1,水に粉ゼラチンを振り入れてふやかしておく。

  ヨーグルトにグラニュー糖を加えてよく混ぜ合わせる。

2,豆乳または牛乳を温めてふやかしたゼラチンに加えゼラチンを溶かす。

  溶かしたゼラチン液をヨーグルトのボウルに加えて混ぜ合わせる。

ヨーグルトゼリー液が出来上がりました。

この半量分を4等分してカップに注ぎ入れ冷蔵庫で冷やし固めます。
固めている間にバタフライピーのゼリーを作ります。

残った半量は部屋の温度が低いと固まってしまうので、
固まらない程度に、ぬるま湯にボウルをつけておくとよいですよ。
少しとろみがついているくらいが扱いやすく、3段目を注いだ時に固まる時間も早いです。

バタフライピーティーゼリー

準備:ヨーグルトゼリーと同様に水に粉ゼラチンを振り入れてふやかしておく。

1,バタフライピーの花を多めに入れて濃いハーブティーを淹れる

  お花7~8個にお湯500ml程度を入れて作ってみました。

  濃いめに淹れたお茶250mlにグラニュー糖を加えて混ぜ合わせる。

2,ふやかしておいたゼラチンをレンジ(600W)で20秒ほど加熱して溶かし、
  ハーブティーに加えて混ぜ合わせる。

これでバタフライピーティーゼリーの液が出来上がりました。

ヨーグルトゼリーが固まったのを確認してからバタフライピーゼリーの半量を4等分して静かに注ぎ入れ冷蔵庫で冷やし固める。

残っているバタフライピーティーゼリー液は仕上げに一番上にのせますが
今回はキラキラ感をより出すために固まったゼリーを崩してトッピングしようと思ったので
残りの分は冷蔵庫で冷やし固めておきます。

 仕上げ

2段目の青いゼリーが固まったら、ヨーグルトゼリーの残りを入れて再び冷蔵庫で冷やし固めます。

ヨーグルトゼリーが固まったら、冷やし固めておいた青いゼリーの残り半分をスプーンですくって上からトッピングします。

バタフライピーの特性

バタフライピーはレモン汁など酸性のものを加えるとピンク~紫色に変化します。

今回は青色と白色のコントラストで作りたかったのでレモン汁を加えていませんが、

レモン汁を加えて紫色とのコントラストも楽しむことができますよ。

2段目のゼリーは紫色で、トッピングは青色、ということもできますので、
お好みで色の変化を楽しんで作ってみてくださいね。

私はこちらのバタフライピーを使ってます。たっぷりサイズでお得です。

まとめ

バタフライピーという綺麗な青色になるハーブティーを使ったゼリーを紹介しました。

白色とのコントラストも爽やかできれいな仕上がりになります。

ヨーグルトで作れるので簡単で味わいもさっぱり!

作るのに時間がかかりますが、お時間があればぜひ作ってみてくださいね。

時短で作れるカクテルゼリーはこちらで紹介しています。よかったら参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる